ランボルギーニ、ベントレー…手越くんに捧げる4000万円以下の超高級車

 ここ数年所属タレントの動向が注目を集めるジャニーズ事務所。その中でも最近最もマスコミによる報道が加熱したのが、退所にまつわるすったもんだも記憶に新しい元NEWSの手越祐也くん。

 その手越くん、大のスーパーカー好きで、最近なんと4000万円のランボルギーニ・ウルスを買ったらしい。一括で。YouTubeでみた。

 そんな手越くんに、お節介にも4000万もあるならほかにもいいクルマありまっせと勝手にプレゼンする本企画。手越くんは週刊誌に撮られまくるから、2シーターじゃなくて4シーター車を選んだんだろうな(隣に女性乗せてると撮られるしネ)ってのはわかるけど、2シーターもお構いなしに推薦させていただく。さらに、ウルスってどんなクルマなのかも解説してもらったぞ!

【画像ギャラリー】ランボルギーニ・ウルスからロールス・ロイス アストンマーチン… 名だたる超高級車たち(プラスいろいろ)をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2020年8月のものです
文:松田秀士、斎藤 聡、西川 淳、清水草一、永田恵一、大音安弘、ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部
初出:『ベストカー』 2020年9月26日号


■松田秀士オススメ!!! 4000万円で買うべきクルマ

 ウルスって元々ケバイじゃない!? それをここまでやるとケバイを通り越して懐かしい。

 そう、オレたちが萌えた時代の「オート・サロン」だよ。ヴェイルサイドなんかがスーパーGTでは禁止になるようなコスチュームのお姉ちゃんを立たせてくれて、今年はどんなデザインか?(両方とも)ワクワクして観に行った時代。

 つまり手越くんってベストカー読者層がシンパシーを覚えるタイプだね。このウルス見たらね。故郷に錦を飾りたいタイプだよ。

 で、希望としてはもうちょっと大人のクルマ好きになってほしい。まずランボルギーニが好きそうだからランボのオリジナルモデルともいえるアヴェンタドールSVJ。12気筒自然吸気です! しかも4駆。そしてALAという独特でユニークな空力システム。やっぱランボはV12でしょ!

松田氏の1位 ランボルギーニ アヴェンタドールSVJ(5154万8373円)…生産台数900台のアヴェンタドールSVJ。5154万円なんてきっと手越くんには誤差だ。4000万円みたいなもんだぜ!

 さらにSUVが好きならウルスともプラットフォームの共通点が多いベントレーベンテイガ。乗り心地と室内静粛性バツグン。クルマのなかで楽曲覚えたりするっていうから、高級インテリアの快適空間がアーティスト魂に火をつける?(笑)

松田氏の2位 ベントレー ベンテイガ(2142万8000円)

 そして最後はアストンマーチンDBX。ウルスもベンテイガもそうだけど、アストンマーチン初のSUVっていう、いわゆる初モノというところがいいよネ。コイツはねプラットフォームからすべてアストンマーチン製。ジェントルな英国テイストも味わってほしいな。

松田氏の3位 アストンマーチン DBX(2299万5000円)

■斎藤 聡オススメ!!!4000万円で買うべきクルマ

 スポーツカー&オンリーワン好きの手越さんが次に4000万円で買うべきクルマとしてオススメしたいのは、ロールスロイス・レイスです。ロールスロイスのフェースにクーペスタイル、かつスーサイドドアが超個性的です。

斎藤氏の1位 ロールスロイス・レイス(3711万円)…ロールスロイスはホストの帝王ローランドさんのイメージが強いが、手越くんもきっと似合うハズ。ジャケット着る時はレイスに乗るとか使い分けてはどうでしょう

 ファントムだと大御所といった感じですが、レイスは若々しさと独創的な個性が主張できるのではないでしょうか。このクルマこう見えて6.6LのV型12気筒+ツインターボで632ps/820Nmという強烈なパワー&トルクを発揮します。

 抜群の乗り心地はもちろんのこと、走らせると超絶に速く、しかも足腰がしっかりしていて操縦性はビックリするくらい素直です。エレガントスポーツの頂点に君臨するクルマです。

 もう一台はメルセデスAMG GT R。ロングノーズショートデッキの古典的なレイアウトのスポーツカーはいかがでしょうか。

斎藤氏の2位 メルセデスAMG GT-R(2300万円)

 ライド感覚も古典スポーツカー的ですが走りの性能は超モダン。ド迫力の加速性能と、スポーツカーとして一流の操縦性を備えています。さらに加えてドシッと腰を落としたような抜群の安定感を持っているのも魅力のひとつです。

 3台目はアストンマーチンDB11 AMRです。AMRはメルセデスベンツにおけるAMG、BMWのMのような位置付けのハイパフォーマンスブランド。搭載するエンジンは5.2L V12ツインターボで639ps/700Nmを発揮します。

 アストンマーティンの魅力は、高性能もさることながらクルマを走らせた時のスポーツカーらしい深い味わいにあります。

斎藤氏の3位アストンマーティンDB11 AMR(2718万3000円)

■西川 淳がオススメ!!! 4000万円で買うべきクルマ

 手越様。頑張って成功して大好きなクルマに堂々と乗る。まずはそんな貴方のYouTubeに、いちスーパーカー好きとして大感謝です。やっぱりスーパーカーって“男の夢・ロマン”ですもの、ね。

 ウルスのカスタム、旬です。でもクルマ好きが乗るというには芸がなさすぎ。流行にのっかってるだけじゃん、みたいな。何はともあれクルマ欲だけはあるという手越くんには、もう少しぶっ飛んだクルマ選びを提案してみたいな、と。

 ランボ、お好きなようですね。ならば一度はモダンランボルギーニの元祖カウンタックには乗っておいてください。否、ガレージに入れておくだけでいい。資産運用にもなりますし、隣にウルスがあればもう無敵。

西川氏の3位 ランボルギーニ カウンタック(約3000万円)

 眺めているだけで価値ありか、と。今ならまだ3000万円くらいで最終型アニバ、買えます。

 金髪が似合う手越くんにはC1コルベットも似合いそうだなぁ。さすがに1950年代のクルマをスターっぽく乗り回すのは辛そうなので、ナカミを最新に、つまりレストモッドにしてみては? エアコンも利かせて。3000万円くらいでできるんじゃないかな。

西川氏の2位 コルベット C1レストモッド(約3000万円)

 最後は大スターらしいクルマ。ミツオカのオロチ。そのまま乗ってもツマラナイので、エンジンをいっそランボの12気筒に載せ替えてみてはいかが? いっそ車名も大スター手越号って名前にして。「V12載せるだけで3000万かかったよ」、なんてフレーズは大スターにしか言えませんから!

西川氏の1位 オロチにランボのV12を載せる!(約3000万円)…オロチ自体レアなのに「そのまま乗ってもつまらん。ランボのエンジン載せろ」って(笑)。4000万円あればそんなムチャもできちゃうぜ!

■清水草一がオススメ!!! 4000万円で買うべきクルマ

 民放を見ないので手越くんについては知らなかったけど、こういう青年、好き!

「東京ではフェラーリは数が多すぎる」っていうのも納得! でもって、4000万円以内で、彼の目立ちたい欲望を満たしてくれるフェラーリも存在しない。

 F40とかF50ならちゃんとレアだけど、全部億超えちゃってるから。かといってFFや612スカリエッティじゃ珍しいけど地味すぎる。よってフェラーリはパス!

 こうなると、まずは逆を行くしかない。第一のオススメは、ガルウィングドアのマツダAZ-1だ。ウルスとの組み合わせはきっと光る! カーマニアも「手越くん、わかってるなー!」と一目置くはず。200万円で上モノが買える。

清水氏の1位 マツダ AZ-1(約200万円)…逆にお忍び車としてデートカーに1台どうだろうか。まさかこんな古いクルマに手越くんが乗ってるとはマスコミの人間は思うまい!

 同じ系統でトヨタのセラ! ドアが上に開くだけのフツーのクルマだけど、ハズシの美学が光る! 「オレ、もう1回転しちゃってるから、こういうのがい~んだよね」とうそぶいてほしい。セラなら100万円ちょいだ。

清水氏の2位 トヨタ セラ(約100万円)

 最後に1台スーパーカーを。4000万円上限なら、マクラーレン720Sがいいんじゃないか。ちょうどコミで4000万円くらいだし、ドアが上に開くし、フェラーリやランボルギーニより確実に珍しい。

 デザインもマクラーレンの最高傑作。スーパーカー業界をリードするデキだ。それでも地味なら、ラッピングでど派手にカスタムしてほしい。4000万円で一番目立てるのはコレじゃないか。

清水氏の3位 マクラーレン 720S(3530万円)

*   *   *

 スーパーカー通の4人に400万円で買える手越くんにオススメのクルマを紹介してもらったわけだが、きっと手越くんの物欲、刺激できたハズだ。手越くん、増車の際はぜひこのリストも参考に!

 企画担当的には、手越くんには次はクルマじゃなくてヨットいってほしいんですよ。4億5000万円のレクサスLY650に乗って、美女を囲んで超高級シャンパンを開ける男手越、イカすやん。ホンダジェットはお友達のホリエモンが持ってるし、手越くんはヨットにいくべき!

ホンダジェットが約5億5000万円なので、1億円ちょいしか違わないLY650。高い

【番外コラム】手越くんの買った「ランボルギーニ・ウルス」ってどんなクルマ?

(TEXT/永田恵一)

 ウルスはランボルギーニとしては初の現代的なSUVで、ウルスの車名は大型の野生牛に由来する。

 2012年のモーターショーにコンセプトカーが出展され、2017年に市販車が登場したウルスのコンセプトは「SUVにスーパーカーの要素を融合したSSUV(スーパーSUV)」である。

「男たるもの、ちょっと背伸びして常に見られること意識してカッコつけようぜ」って手越くん言ってました。夢あるわ~

 ウルスの大まかな成り立ちはVWトゥアレグ、アウディQ7、ポルシェカイエン、ベントレーベンテイガというVWグループの大型SUVが使うプラットフォームに、8速ATと組み合わされるVバンクの中にツインターボが付く4L V8エンジンを搭載するというものだ。

 車重2.2tというウルスだが、そのパフォーマンスは0-100km/h加速3.6秒、最高速305km/h、ニュル北コースのラップタイムも7分47秒と、ニュルでの速さ以外は初期の日産GT-Rに近く、なるほどスーパーカーだ。

 その上でSUVの要素として車高調整可能なエアサスに加え、サーキットモードを含む走行モードも標準でNEVE(雪)を持ち、オプションでTERRA(オフロード)、SABBIA(砂漠)も設定されており抜かりない。

 ウルスのコンセプト、キャラは実にランボらしく、反逆的なイメージのある手越くんが選ぶのもわかる気がする。いいクルマ買ったネ!


【番外コラム2】スーパーカーに負けてない! オススメのスーパー日本車

(TEXT/大音安弘)

 クルマ好きの手越くんには、ランボだけでなく、ぜひ日本車にも乗ってほしい。もちろん、自由な生き方とエンターテイナーに相応しいド派手なカスタムを施して……。

 一押しは、トムス・センチュリーだ。日本のエグゼクティブに愛される最上級車をカスタムしてしまった背徳感がよい。運転手を雇えば、後席でのドライブデートも可能。恋多き男の相棒に相応しい。

3097万6000円のトムス・センチュリー。コーナリングも楽しめる足回りを追加。いつか園遊会にも呼ばれそうな手越くんにふさわしいクルマだ

 もう一台は、日本を代表するスーパースポーツ、ホンダNSX。希少性も高く、カスタムをすれば、超目立つ。それでいて、EVモードを選べば、お忍びにも最適だ。

【画像ギャラリー】ランボルギーニ・ウルスからロールス・ロイス アストンマーチン… 名だたる超高級車たち(プラスいろいろ)をギャラリーでチェック!!!