現行型オデッセイ 大幅マイチェン発表で中古値下がり!! 最新中古車情報


 2020年9月1日にティザーサイトが開設され、2回目のマイナーチェンジを行うことが予告されているホンダ「オデッセイ」。

 詳細はまだ公表されていないが、9月の先行公開情報によれば、外観造形の変更のほか、ジェスチャーコントロール・パワースライドドア(ジェスチャー操作によって車両に触れず開閉できる)や、予約ロック(あらかじめ施錠操作をしておくことで、パワースライドドアなどを閉じた際自動で施錠する)の機能を搭載することにより、使い勝手を向上させるという。

 5代目となる現行モデルは、上級モデルのエリシオンとモデル統合されシリーズ初のリアスライドドアを採用するモデルとなり、トヨタ「アルファード/ヴェルファイア」、日産「エルグランド」がライバルとなるフラッグシップモデルとなっている。

 ここではマイナーチェンジ目前の「オデッセイ」の中古車事情に迫ってみる。

文/萩原文博
写真/HONDA

【画像ギャラリー】大幅マイチェンの姿もお届け! 現行型オデッセイを詳しくチェック!!


■乗用車ライクな全高の低さと決別した現行型オデッセイ

 現行型オデッセイは、2013年11月より販売開始した。エリシオンとのモデル統合により、初代から継承されていたリアヒンジ式ドアを止め、ミニバンでは定番となっているスライドドアに変更。

 また、3代目オデッセイから採用された都市部に多い立体駐車場に対応した全高1550mmという優れたパッケージングと決別し、フラッグシップモデルらしい、豪華で広い室内空間を実現したミニバンへと生まれ変わった。

2013年11月に発売された5代目「オデッセイ」(大幅マイチェン前の現行型)。低床化技術はさらに伸ばしつつ、大きな室内空間を実現するため、全高は高くする方向に舵を切った
2020年秋マイナーチェンジ予定となる新デザインのオデッセイ。フロントのバンパー形状とグリルが変更になった。

 2013年の販売開始以降、オデッセイはまず2015年1月に一部改良を行い、「EXグレード」にオプション設定されていた、運転支援システムをさらに機能を充実させ、「ホンダセンシング」として、一部グレードに標準装備となった。また、2014年10月より販売されている特別仕様車の「アブソルート・20th Anniversary」は「ホンダセンシング」が標準装備され、アブソルート・20th Anniversaryパッケージというカタログモデルとなった。

 2016年2月のガソリン車の一部改良時に、2L直列4気筒ガソリンエンジンと駆動・発電を行う2つのモーターを採用した「スポーツハイブリッドi-MMD」を搭載したハイブリッド車を追加。ハイブリッド用のバッテリーを1列目シート床下に配置することで、ガソリン車同様の室内空間とユーティリティを確保しているのが特徴だ。

 2017年11月に現行型オデッセイは初のマイナーチェンジを行い、内外装の変更とともに運転支援システムの「ホンダセンシング」が全車に標準装備となった。また「ホンダセンシング」はアップデートされ、新たに歩行者事故低減ステアリング機能を追加。さらにハイブリッド車のアダプティブクルーズコントロール機能には渋滞追従機能が追加されている。それでは現行型オデッセイの最新の中古車事情を見てみよう。

2017年のマイナーチェンジで全車標準装備となった「ホンダセンシング」。ハイブリッドモデルはACC(アダプティブクルーズコントロール)に渋滞追従機能が追加された

■流通台数では人気のアブソルートが大勢を占める

 現在、現行型オデッセイの中古車の流通台数は約590台。3カ月前の2020年6月の時点では800台を超えていたので、現在のところ減少傾向となっている。

 流通している中古車の平均走行距離は、3カ月前が約3.9万kmで現在は約4.3万kmまで延びているにも関わらず、平均価格は約216万円だった3カ月前から現在は約214万円とわずか2万円の値落ちに留まっている。

 その上、平均走行距離が延びているにも関わらず8月は値上がり傾向となり、ピーク時には約223万円まで値上がり。そして9月に入り値落ちに転じるということになっている。

 短期的にはほぼ横ばいといえる現行型オデッセイの中古車の平均価格だが、1年というスパンで見てみると、2019年12月の約240万円をピークに2020年7月までは約214万円付近まで順調に値落ち。その後短期的に値上がり傾向となったが、再び値落ち傾向となっているのだ。今後はマイナーチェンジの影響もあり、さらなる値落ちが期待できる。

 現行型オデッセイの中古車の年式別の分布を見てみると、最も多いのが2014年の約156台。そして続いて多いのが一部改良を行いハイブリッド車が追加された2016年の約107台。そして2015年の104台と続く。

 商品力向上を狙った2017年のマイナーチェンジ後の2018年は36台とやや空振りとなっており、今度のマイナーチェンジがどれくらいのカンフル剤となるのかは未知数だ。

 現行型オデッセイの中古車の価格帯をチェックすると、約78万~約474万円と幅広くなっている。しかし、400万円を超えるクルマはエアロパーツを装着したカスタムカーで、ノーマル車の上限は約400万円となっている。

 続いては中古車のグレード構成を見てみる。最も多いのが約140台でデビュー当初からラインアップされている「2.4アブソルート」。続いてはアブソルート系の最上級グレードである「2.4アブソルートEX」が約106台となり、第3位に「2.0ハイブリッドアブソルート ホンダセンシングEXパッケージ」が約47台となっている。

 流通している中古車のなかでハイブリッド車は約150台。エアロ系を除いた「B」や「G」といった標準モデルはわずか36台しかなく、現行型オデッセイはエアロ系のアブソルートが主流であることが明確に表れている。

次ページは : ■狙い目は先進安全装備装着率高めの2016年式ハイブリッド車

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ