MIRAI アリア ホンダe… ワクワクさせてくれる近未来インパネ選手権

 どんなに先進的なクルマでも、インパネが古臭ければ台無しじゃないかと思う。やっぱりそこには「未来」を感じさせてくれるようなワクワクがほしい。

 国産&輸入の最新電動車5台を集めてインパネの近未来感“だけ”で勝負! 判定人は自動車評論家の清水草一氏。気づけばキラッキラの未来がすぐそこに!!?

【画像ギャラリー】こんなギャラリーそうそうない!? 右から左から インパネ画像ばかりのギャラリーをチェック!!!

※本稿は2020年9月のものです
判定人・文/清水草一、写真/ベストカー編集部ほか
初出:『ベストカー』 2020年10月10日号


■クルマのインパネはどのように進化してゆくのか?

 近未来のインパネがどうなるのかは、どういうものが求められているのかにかかっている。

 完全自動運転が実現したら、多くのドライバーはスマホを見るだろう。

 極論すれば、ステアリング中央に回しても動かないスマホホルダーがあればそれでよくないか? でも、それじゃデザイナーはやることがナイ。

 だからとりあえず「未来的でカッコイイ!」と思わせたい。今、その中心にいるのが電動車だ。

 そこで、新しめな5台の電動車(トヨタMIRAIコンセプト、日産アリア、ホンダe、ベンツのEQC、VWのID.3)のインパネを比較してみると、圧倒的に新しさを感じるのはホンダe!

ホンダe…5つのモニターがピラーの左右間を埋め尽くす様は圧巻。→
使いこなすまで取り扱い説明書と「にらめっこ」の日々が続きそうだが、新鮮さはやはり圧倒的!

 なにせインパネは右端から左端まで全部モニターで、両端はドアミラー画像なんだから。

 慣れるまで大変だろうし、到底使いこなせない気はするけど、新しさ感ならピカイチだ。

 他の電動車たちは意外なほどコンサバ。すでに実現している運転席正面とその隣のダブルモニターばっかり。

トヨタ MIRAIコンセプト…センタークラスターの12.3インチワイドモニターこそ新しさを感じさせるが、→
→それ以外は各種スイッチを含め、既存のクルマの延長線上に留まっている感じ

 そのふたつを融合させるのがトレンドになりそうだけど、コレ、結局ドライバーが見るのは通常のメーターと通常のナビ画面くらいで、それ以上の情報はほとんど必要とされてないとのことなのではないか。

日産 アリア…ドライバー正面のモニター表示もいい感じだが、ダッシュボードからエアコン関係の物理的スイッチを廃した点が近未来的。→
→実際の使い勝手が気になるところだ

 外部情報が得られるとしても、クルマ経由じゃなくスマホ経由のほうが、のぞき見されないからイイはずだ。

メルセデス・ベンツ EQC…タッチスクリーンやタッチパッドなどを装備するが、各スイッチ類の配置や処理などには近未来感薄め。→
→専用デザインとされた外観のほうが近未来感がある

 4台のインパネは、近い将来インパネの拡大複雑化が止まることを予言している! と私は見る。

VW ID.3…VWの電動車専用ブランド「ID.」の第1弾がID.3。→
→第1弾ということで遠慮したのか、内装から漂う近未来感はかなり希薄。もっと振り切ってほしい

■決定! 近未来インパネ王は…

 ピラー間をつなぐように並ぶモニターは圧巻。運転席側と助手席側でそれぞれ表示機能を選択できたり、モニター左右のアプリ入れかえもできるなど、操作性も考慮されている。

大方の予想通り(!?)「インパネ王」の称号はホンダeの手に

【画像ギャラリー】こんなギャラリーそうそうない!? 右から左から インパネ画像ばかりのギャラリーをチェック!!!