ブランド戦略に変化? なぜレクサスのモデルサイクルは長くなったのか

 トヨタのプレミアムブランドであるレクサスは、モデルチェンジが長くなる傾向にある。最上級車種のLSは、前型が11年目となる2017年に現行車へフルモデルチェンジした。

 ただし前型は、2013年に内外装の造形を含めた大規模改良を行い、車体寸法まで変更している。

 小型ハッチバックのCTは9年、4ドアセダンのISは7年目の今年2020年、マイナーチェンジをし(11月販売開始予定)、これも大幅改良となっている。

 SUVのLXも、2007年の発売(ただし、国内での販売は2015年)から13年が経った。

 日本車のモデルチェンジサイクルが1990年代に比べると明らかに長くなっているが、その中でもレクサスのモデルチェンジサイクルが長いのは顕著だ。

 なぜレクサスはモデルチェンジサイクルが長い傾向にあるのかについて、御堀直嗣氏が考察する。

文/御堀直嗣、写真/LEXUS、TOYOTA、NISSAN、MITSUBISHI、DAIHATSU、MERCEDES BENZ、BMW、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】最長寿車は18年選手!! 10年以上作り続けられている現行日本車のデビュー時と現在の姿


最新号

ベストカー最新号

【新型Zの期待と不安】GT-Rに延命説浮上!|ベストカー 11月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 最新号では、事実上凍結されていた次期型日産GT-Rのモデルチェンジの最新情報をお届け。  そのほか、新型フェアレディZプロトタイプ、ホンダe、新型レヴォーグ、マイナーチェンジしたルーミーなど注目車種の情報か…

カタログ