ジープラングラーの中古車選び指南 元祖武骨SUVの旧型と現行で異なる魅力


 空前のSUVブームにおいて、都会的な洗練されたSUVが人気になっているいっぽうで、その真逆のかつてクロカンと呼ばれたSUVが憧れの存在となっている。

 エクステリアはお世辞にも洗練されているとは言えないが、武骨さと力強さが人々を惹きつけ、半ば所有することがステータスになっている感がある。

 日本で販売絶好調のジープにおいては、ジープブランドの原点と言えるラングラーの人気は絶大で、欲しいという人が続出している。

 本企画では、ジープブランドを中古車で購入する場合に最も買い得感やメリットがあると言われているラングラーの中古車について考察していく。

文/萩原文博、写真:FCA、MERCEDES BENZ、池之平昌信

【画像ギャラリー】日本で販売絶好調!! ジープブランドの魅力的なラインナップをフルチェック!!


SUVブーム真っ盛りで販売も好調!!

武骨なクロカン系SUVが人気で、スズキジムニー&ジムニーシエラはデビュー後2年が経過するが、いまだに長い納車待ちが続いている

 トヨタハリアー、ヤリスクロス、日産キックス、マツダMX-30といったように2020年に登場したニューモデルの顔ぶれを見ても、SUV隆盛なことがわかる。

 2020年9月の登録車の新車販売台数上位20台を見ても、6台はSUVなのだ。しかし、このSUVでも潮流が変わろうとしている。

 SUVの中でも特に人気が集中しているが、かつてのクロカン4WDを彷彿させるタフギア系の外観デザインを採用しているモデルだ。

 国産車ではスズキジムニー/ジムニーシエラをはじめ、ダイハツタフト、トヨタライズ/ダイハツロッキー、トヨタRAV4などが該当する。

 またこの傾向は輸入車のほうがより顕著で、メルセデスベンツGクラスやジープラングラーは安定した人気を誇っている。

 曲線を多用したSUVが主流となる中で、直線を多用し無骨なデザインを採用したモデルに脚光が集まっているのである。

メルセデスベンツGクラスの人気は異常レベル。新車価格は軽く1000万円を超えるにもかかわらず飛ぶように売れて、納期はかなり長い

ジープブランドの販売の約40%がラングラー

ジープブランドの原点とも言うべきモデルがラングラーで、古きよき伝統を受け継いでいる武骨でタフな雰囲気はほかでは出せない

 このような傾向の中で特に注目なのがジープラングラーだ。

 ラングラーは現在のジープブランドの車種の中で、1955年に登場したジープCJ-5のデザインを色濃く継承したモデルだ。

 特に、ヘッドライトの内側が7スロットグリルにまで食い込んだデザインや、台形のフロントフェイシアは、DNAを強く感じる。

 ジープブランドをはじめ、フィアットやアルファロメオ、アバルトの計4ブランドを扱っているFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)ジャパンは2019年の日本市場での販売台数は対前年比9.9%増の2万4666台だった。

 しかも2016年以降4年連続で過去最高を更新しているのである。この好調の牽引役となっているのがジープブランドなのだ。

 なんと2019年のジープブランドは対前年比16.3%増の1万3360台で、実にFCAジャパンの販売台数の54.1%を占めているのである。

イケイケのジープは、ベーシックSUVのレネゲードにプラグインハイブリッドの4×e(フォーバイイー)を追加して日本で販売開始

 このジープブランドの躍進の原動力となっているのが2018年にフルモデルチェンジを行ったラングラー。2019年のジープブランドの販売台数のうち約40%がラングラーとなっているのだ。

 タフギア感満載のラングラーだが、実は都会でもよく見るケースが多く、人気の高さをうかがえる。そこで、今回はジープブランドのコアモデルであるラングラーの最新中古車事情に迫ってみる。

次ページは : 圧倒的にタマ数の多いラングラーは中古車もお得