国産ワゴン最強決定戦 新型レヴォーグ対カローラツーリング

 2020年10月15日の正式発表を経て、11月26日より発売される予定の新型レヴォーグ。先日、プロトタイプ試乗会に参加させていただいたが、大幅に進化した走行性能には、心底驚かされた。アイサイトXという、現時点世界最先端の先進安全装備をも備えているにもかかわらず、300万円台という、比較的買いやすい価格で、この新型レヴォーグは、今後の活躍が期待できる一台だ。

 しかし、このレヴォーグのようなステーションワゴンは、欧州メーカーでは取り扱われているが、国産では、ワゴンタイプとして、カローラツーリングが残されているのみと、まさに絶滅危惧種だ。

 今回は、この絶滅危惧種である国産ワゴン、新型レヴォーグとカローラツーリングを、様々な面から比較してみようと思う。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、SUBARU

【画像ギャラリー】国産ワゴン最強決定戦!! 新型レヴォーグとカローラツーリングをギャラリーで比較!!


使い勝手は引き分け

 まずは2台の使い勝手からチェックしていこう。ボディサイズは、レヴォーグが4755×1795×1500mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2670mm。カローラツーリングは4495×1745×1460mm、ホイールベース2640mmだ。

 カローラツーリングのほうがレヴォーグよりも全体的に一回り小さく、全長にいたっては260mmも短い。ホイールベースの差が30mmなので、主にリアのオーバーハング、つまり荷室容量に大きく差がある。

4755×1795×1500mm(全長×全幅×全高)、ホイールベース2670mm 先代レヴォーグよりもやや大型化したが、国内でもぎりぎり使い勝手の良いサイズに収まる新型レヴォーグ
4495×1745×1460mm、ホイールベース2640mm 荷室エリアの広さはさほどないが、その分、クルマの取り回し性能に優れ、使いやすさはバツグンのカローラツーリング

 レヴォーグの荷室容量は、VDA方式で492L(カーゴフロアボード上部。サブトランクを含むと561L)、かつリヤシートが3分割できる。ハンズフリーパワーバックドアも備える。カローラツーリングは、VDA方式で392Lと、レヴォーグよりも100L分(約2割)も小さい。

 荷室容量は、ステーションワゴンタイプのクルマを選ぶ方にとって、大きなポイントだ。カローラツーリングは、「ワゴン風のスタイルをデザイン買いするクルマ」と考えたほうが良いだろう。

 一方、小回り性能を表す最小回転半径は、レヴォーグが5.5m(215/50R17、225/45R18)、カローラツーリングは5.0m(195/55R15)~5.3m(215/50R16、215/45R17)となっており、レヴォーグはDセグメントの最小回転半径としては、平均よりもやや大きめ。

 リアのオーバーハングの短さもあり、カローラツーリングの方が、狭い所での取り回し性は断然良い。

アイサイトXは驚異的

 そして、いまやなくてはならない装備が、先進安全技術だ。レヴォーグにはアイサイト、カローラツーリングにはトヨタセーフティセンスが、標準搭載となる。

 レヴォーグのアイサイトは、広角化したステレオカメラに加え、前後4つのレーダーを組み合わせることで360度センシングを実現している。スバルの報告では、アイサイト搭載車は非搭載車に比べ、追突事故発生率が84%減少したという。

 また、さらなる運転支援機能を追加した「アイサイトX」が、グレード標準で選択可能だ(※価格は税込38.5万円相当)。ドライバーを常時モニタリングする「ドライバー異常時対応システム」まで搭載される。アイサイトXの機能を体験させていただいたが、クルマに守られている感覚を強く感じ、安心して乗っていられる。

アイサイトXでは、コーナー前での自動減速、アクティブレーンチェンジアシスト、50km/h以下での渋滞時ハンズオフアシスト、料金所前速度制御(25km/h程度まで自動減速)、そして渋滞時の自動再発進も備わる(待機時間は10分とのこと)

 対するカローラツーリングには、プリクラッシュセーフティシステムや、レーダークルーズコントロール、レーントレーシングサポート(LTA)など、現時点で装備しておきたい運転支援はおおむね標準装備となる。有料オプションとなるのは、ブラインドスポットモニター(BSM)程度であり、必要十分な先進安全装備を備えている。

 両車とも、一般道を走行している限りは、ほぼ互角な先進安全機能を発揮する。だが、緊急時の自動停車にまで対応したレヴォーグの方が、2歩先に行く印象だ。最高水準の出来であるアイサイトXは、38.5万円と決して安くはないが、それを含めても税込400万円以下に収まるのは驚異的といえる。

「走りの質感の高さ」のレヴォーグか、「馴染みやすさ」のカローラツーリングか

 レヴォーグの最大の魅力は、「走りの質感の高さ」だ。初代レヴォーグはハンドリング性能に定評があり、スポーツワゴンとして確固たる地位を築いてきた。

 しかし新型は、初代のレベルを完全に凌いできた。具体的には、軽快なステアリングフィールと、小さなボディモーション、余計な振動の少なさ、そして低ロードノイズだ。

 車体構造や、新採用の2ピニオン式電動パワーステアリング、サスジオメトリ改良、さらには新開発の1.8Lボクサー直噴ターボ(177ps/300Nm)と、新型リニアトロニックも貢献している。新型レヴォーグは、Dセグメントの輸入車と、対等以上に戦えるポテンシャルを手に入れている。

新型レヴォーグの走りは初代のレベルを完全に凌いできた 

 対するカローラツーリングの魅力は、「馴染みやすさ」だ。すべての配置が、長年、日本人が慣れ親しんできた位置にまとめられており、シートに座り、ステアリングホイールを握った瞬間から、自然とクルマに馴染む心地良さがある。

 正直、あまりよくなかったカローラの走りも、TNGAによる基礎体力向上によって、Cセグメントの欧州車と比べられるほどのレベルまで、飛躍的に向上している。

 1.2リッターターボ6速MT仕様があることも見逃せないポイントだ。ハイブリッド車はWLTCモード燃費で29.0km/L(S HYBRID 2WD)、ガソリン車でも14.6km/L(S 2WD)という、燃費の良さも魅力だ。

「馴染みやすさ」が魅力のカローラツーリング

 どういったところに価値を感じるかは、各ユーザーの嗜好であり、優劣をつけられるものではないが、クルマの質感や快適性などの「走り」においては、より上級のセグメントを目標としたレヴォーグが優勢といえる。

最終的にコスパが良いのは?

新型レヴォーグの価格帯は、税込310万2000円~(GT)。カローラツーリングは税込201万3000円(G-X 1.8L CVT)だ。

スバル・新型レヴォーグの価格
トヨタ・カローラツーリングの価格

 現実的には、販価で約100万円以上差がつくこの2台のどちらを購入するか、迷う人は少ないかもしれない。カローラツーリングを選び、セーブした予算で、エアロパーツやナビゲーション、ドライブレコーダーなどのオプションを購入する手も大いにありだろう。

 逆に、新型レヴォーグでないと得ることのできない「アイサイトX」という魅力は、高いお金を支払ってでも、装備したいものでもある。

 結論としては、ワゴンとして、より魅力が突き抜けているのは、新型レヴォーグだといえよう。ワゴンに求められる走行性能と積載性能により長けているのは、どうみても新型レヴォーグのほうだ。

 しかし、国内での使い勝手を考えると、カローラツーリングで十分なのかもしれない。これだけの性能のクルマを、わずか200万円前半から、という価格で手に入れられるのは、驚異的だ。

 2台の個性を比較したうえで、さて、みなさんならば、どちらに軍配をあげるだろうか。

【画像ギャラリー】国産ワゴン最強決定戦!! 新型レヴォーグとカローラツーリングをギャラリーで比較!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ!】新型ランクルプラド&ランクル300に新情報|ベストカー12月26日号

ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、ランドクルーザープラドとランドクルーザー300の最新情報をお届け。

カタログ