手頃なサイズの実力派! 消えた国産5ナンバーワゴンの魅力


 今や皆無ながら、かつては国産各メーカーがラインナップ!

 5ナンバーサイズに収まる手頃なワゴンが激減している。2020年10月末現在、5ナンバーサイズのワゴンは、ホンダ シャトルと新型に移行しながらまだ併売されているトヨタのカローラフィールダーのみ。商用モデルも含めればプロボックスもあるが、まさに風前の灯火といえる。

 しかし、2000年代前半までトヨタ、ホンダ以外にも日産、マツダ、三菱など各メーカーが5ナンバーサイズのワゴンをラインナップしていた。

 手頃な価格とサイズのなかに、人と荷物をきっちり積める。そんなコンセプトを持つモデルたちは今こそ魅力的に映るかもしれない。

文/片岡英明、写真/TOYOTA、MAZDA、NISSAN、HONDA、MITSUBISHI

【画像ギャラリー】居住性も抜群! 5ナンバーワゴン本文未掲載写真もチェック


■懐かしのビスタから生まれた個性派ステーションワゴン

●トヨタ ビスタアルデオ

トヨタ ビスタアルデオ(1998年-2003年)/全長4,645×1,695×1,505mm

 ビスタアルデオは、20世紀にビスタ店の主力ファミリーカーだった「ビスタ」から生まれた個性派のステーションワゴンである。

 ビスタが登場したのは1982年だが、98年にモデルチェンジして5代目になった時、初めて5ドアのワゴンを設定した。初代に5ドアのハッチバックが用意されていたが、本格的なワゴンを送り出すのは初の試みだ。

 5代目ビスタは、パワーユニットだけでなくパッケージングも新しい意欲作だった。時代に先駆けて2700mmのロングホイールベースを採用し、背も100mmほど高くしているから、快適な座り心地と優れた乗降性を実現している。視線もちょっと高いから運転しやすい。

 優れたパッケージングの4ドアセダンをベースに設計したから、ビスタアルデオは群を抜いて使い勝手のいいワゴンに仕上がった。キャビンは前席も後席も余裕の広さだ。もちろん、ラゲッジルームは驚くほど広大だ。フロアの形状もいいから荷物を積みやすかった。

 エンジンも時代の先端を行っている。主役はD-4のニックネームを持つ2Lの直列4気筒直噴DOHCエンジンだ。1.8Lエンジンも用意されている。どちらも気持ちよく回り、燃費もよかった。

 サスペンションもよかったからハンドリングも軽やかである。だが、デザインに若さがなかったためか販売は伸び悩み、2003年に消えていった。

■20世紀のマツダを牽引してきた一等星

●マツダ カペラワゴン

マツダ カペラワゴン(1994年-2002年)/全長4,515×1,690×1,375mm

 ファミリアとともに20世紀のマツダを牽引してきたのがカペラだ。1970年にロータリーエンジン専用車として鮮烈なデビューを飾り、82年にモデルチェンジした4代目から駆動方式はFFになる。また、5ドアのハッチバックも投入した。このカペラは日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いている。

 そして1997年秋に誕生したカペラが最後のカペラになった。プラットフォームを一新し、ワゴンも最新のファッションをまとっている。エンジンは2Lの直列4気筒DOHCが主役で、実用域のトルクが太く、扱いやすかった。

 また、一歩先を行くワゴンとSUVのクロスオーバーワゴンを送り込み、注目を集めた。フロントバンパーをガードバー風のデザインとし、丸型フォグランプを組み込んでアウトドア派を喜ばせている。

 が、車種を広げすぎ、安売りしたツケがマツダを苦しめ、良質なカペラワゴンの魅力はかすんでしまう。そして2002年に惜しまれつつカペラは消滅する。

次ページは : ■ファッション性を加味した欧州風ステーションワゴン

最新号

ベストカー最新号

このSCOOPは見逃せない! 次期型クラウンの姿、判明! ベストカー10月10日号(9/10発売)

 熱狂と感動の東京オリンピック/パラリンピックは閉幕しましたが、自動車業界は今もこれからも熱いです!…

カタログ