世界初!! 新型スバルBRZ 公式写真生公開! 正式発表は11月18日23時!

 スバルは2020年11月5日、新型BRZのティザー写真を公開するとともに、日本時間11月18日23時(米国東海岸時間11月18日午前9時)に、新型BRZを世界初公開すると発表した。

 86/BRZといえば、初代(現行型)が2012年3月に登場、2020年8月に生産を終了し、次期型がどうなるのかおおいに話題となっていた。それが今日、本日、先ほど、北米スバル(米国販売会社Subaru of America, Inc.)の公式Webサイト上で、公式写真が正式公開されたわけです。

 以下、今回世界初公開された写真と概要、そして次期型86/BRZがどうなるのか、現在わかっている情報を整理してお伝えします。

文/ベストカーweb編集部
写真/SUBARU

【画像ギャラリー】世界初公開!! 新型スバルBRZ公式写真と新型86(市販型)予想CGイラスト公開!


正式発売は2022年春頃か?

今回正式に公開された北米スバルの特設Webサイト。トップ画面に大きく、新型BRZのフロントヘッドライトと思われる写真が掲示されている。もちろん新型BRZの写真は世界初公開。「2022 SUBARU BRZ」とある
2012年に登場した現行BRZ
ベストカー2020年9月10日号で掲載した新型86&BRZの予想CGイラスト(ベストカーが製作したもの)。公開されたティザー写真とよく似ている

新型スバル特設webページURL

 スバルBRZ&トヨタ86はトヨタとスバルが共同開発により2012年に誕生したFRスポーツ。すでに現行BRZは2020年7月、トヨタ86も2020年9月に注文受付を終了している。

 今回発表されたティザー写真はヘッドライトとバンパーの一部だが(上記サイト写真参照)、これはベストカー本誌が製作したCGイラスト(2020年9月製作)と酷似している。あくまでも予想だが、全体のフォルムもこのCGイラストのようになるのではないだろうか。

ベストカー2020年9月10日号で掲載した新型86&BRZの予想CGイラスト(ベストカーが製作したもの)

新型スバルBRZ&トヨタ86の中身はこうなる!

ベストカーが製作した新型86&BRZの予想CGイラストはあくまでも予想だが全体のフォルムはおそらくこうなるだろう

 新型86とBRZは、プラットフォームを現行型と共通化する。1世代限りでプラットフォームを変更するのは、コストの面からも難しい。

 現行型のプラットフォームを改良を加えたものだが、現行インプレッサ以降の前輪駆動車に幅広く使われるSGP(スバルグローバルプラットフォーム)の技術も多く盛り込まれるだろう。

 ボディサイズは、ホイールベースの数値などを含めて現行型を踏襲する。現行型は狭いながらも実用的な後席と荷室を備え、全長は4300mm以下、全幅も1800mm以下と予想される。つまり、パッケージングに大きな変更はないということだ。

 基本となるシャシーは現行型のキャリーオーバーだが、これまで重ねた改良から得られた知見が生かされ、新型と呼ぶにふさわしい剛性を得たものになる。

 搭載されるエンジンは、現行の2Lから2.4L、水平対向4気筒のFA24型になると思われる。

 現行型より400㏄増えた排気量はトルクアップに効果が大きく、最大トルクは現行2Lの21.6kgmから24.5kgm程度にまで増強、また最大トルク発生回転も引き下げられ、ドライバビリティは大きく向上する。

 価格は300万円からになりそうだ。新型BRZが世界初公開されるのは2020年11月18日だが、今回公開された公式サイトを見るかぎり(「2022 SUBARU BRZ」とあるので)正式発売は2022年春頃になると予想する。

 実車かプロトタイプかはまだ不明だが、2021年1月の東京オートサロンに出展される可能性が高いので、そこで見られるかもしれない。楽しみに待ちたい。続報が入り次第、お知らせします。

【画像ギャラリー】世界初公開!! 新型スバルBRZ公式写真と新型86(市販型)予想CGイラスト公開!