GoToトラベルはクルマにも恩恵!! 高速道路周遊パスの旅がお薦め!


GoToトラベル+「高速道路周遊パス」はどうやって申し込む?

STAY NAVIによる予約の方法。提供/NEXCO東日本

旅館・ホテルの直販予約ポータルサイト STAY NAVIはこちら!


1/まず、旅行に行きたい方面から選ぶのか、宿をGoToトラベル+「高速道路周遊パス」の対象になっているところから選ぶのかはともかくとして、GoToトラベルの対象になる宿を網羅しているSTAY NAVIというサイトから、GoToトラベル+「高速道路周遊パス」の対象になっている宿を選ぶ。


2/宿の予約を宿の公式サイトから行う。


3/宿代のGoToトラベル割引を受けるために、STAY NAVIで予約情報を登録する。


4/STAY NAVIより高速道路会社の周遊パス販売サイトが指示されるので、周遊パスを申し込む。

 この際にはSTAY NAVIで発行されたクーポン番号や使用するETCカードの番号、使うクルマの区分(軽乗用車か普通車か)を打ち込む。ということはクルマのナンバーなどの入力はないのでレンタカーでの旅も可だ。

 だがハイエースなら普通車扱いの4ナンバー商用バンと3ナンバーの10人乗りワゴンはOKだが、中型車扱いの1ナンバーのミドルボディやスーパーロングの商用バン、ハイラックスもNGとなる。

 申し込み後は旅行本番となるが、高速道路周遊パスぶんの地域共通クーポンを受領するため、高速道路の利用を証明するGoToトラベル割引のクーポン券にSA&PAでのハイウェイスタンプの押印もしくは、有人料金所での高速道路利用証明の受け取りが必要だ。

 その後は宿に着いたら宿代分と高速道路周遊パス分の地域共通クーポンを受け取り、高速道路周遊パス代はETCカードから引き落とされるという流れだ。

GoToトラベル+「高速道路周遊パス」は2020年9月18日~2020年2月1日までが対象期間

 公共交通機関での移動に比べ新型コロナウイルス感染のリスクが大幅に低いクルマでの旅は、ウィズコロナの時代において非常に有利だ。

 しかし、それでも新型コロナウイルス感染のリスクはあるだけに、交通機関や宿泊・観光施設等の業界団体等で構成される旅行連絡会では以下の6つを新しい旅のエチケットとして提唱している。


・マスクの着用
・交通機関を含め並ぶ際にはソーシャルディスタンスの確保
・入念な手洗いと消毒
・車内のおしゃべりは控えめに
・食事の際のおしゃべりはほどほどに料理を味わう
・検温に代表される毎朝の健康チェック

 このあたりをしっかり守り、旅先でもお金を使いながら大変お得なGoToトラベル+「高速道路周遊パス」の旅を楽しんでほしい。

 なおGoToトラベル+「高速道路周遊パス」は2020年9月18日(金)~2020年2月1日(月)までが対象期間で、給付額の上限に達し次第受付申し込みが終了となるので、早めに予約し利用しておいたほうがいいだろう。


■高速各社のGoToトラベル×高速周遊パスの一例
●NEXCO東日本「GoToトラベルキャンペーン」×「ドラ割」
一例/NEXCO東日本GoToトラベル対象コース:東北6県、3日間、普通車の場合
・定額:1万700円
・GoToトラベル適用後料金:支払い実額6955円(給付額3745円)
地域クーポン算出料金:1605円
●NEXCO中日本「速旅×GoToトラベルキャンペーンドライブプラン」
一例/NEXCO中日本GoToトラベル対象コース:東京・神奈川・静岡周遊コース、2日間、普通車の場合
・定額:9200円
・GoToトラベル適用後料金:支払い実額5980円(給付額3220円)
地域クーポン算出料金:1380円
●NEXCO西日本「みち旅 GoToトラベルキャンペーン対象 高速道路周遊パス」
一例/NEXCO西日本GoToトラベル対象コース:滋賀・京都・若狭乗り放題プラン、2日間、普通車の場合
・定額:6300円
・GoToトラベル適用後料金:支払い実額3250円(給付額2205円)
●阪神高速「GoToトラベル高速周遊パス」
一例/阪神高速GoToトラベル対象コース:阪神高速道路全路線、2日間、普通車の場合
・定額:3200円
・GoToトラベル適用後料金:支払い実額2080円(給付額1120円)
※詳細は各高速道路会社のサイトをご覧ください

【画像ギャラリー】NEXCO東日本 GoToトラベルキャンペーン×高速周遊パス対象7エリアをチェック!