爆売れ快進撃 新型ライズ/ロッキー SUV販売王座獲得 納得の理由とは

 トヨタライズの勢いが止まらない。昨年10月に発売された直後は、登録台数は月間6,000~7,000台であったが、今年2020年に入って月間10,000台を超え、コロナ禍の影響で一時落ちたものの、10月の販売台数も13,256台と、発売から一年となるにもかかわらず、いまだその勢いは衰える気配を見せない。

 ライズの凄さは、SUVなのにこれだけ売れていることにある。同じくトヨタのSUVで大ヒットしているヤリスクロスは、発売直後の9月の販売台数が,ヤリス全体(2万2066台)のおよそ3割、というから、数にすると約7,000台だ。ライズ9月の販売台数は13,077台であるから、ライズは、発売直後のヤリスクロスの倍近く、売れていることになる。

 ライズは何がよくてこれほどまでに売れているのか。ライズ爆売れの理由を考察していく。

文:吉川賢一
写真:TOYOYA、TCD、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】デビューから1年経っても大人気!! トヨタライズの内外装を写真でチェック!!


ライズ/ロッキーの最大の魅力は「良品廉価」

 ライズのヒット要因をひと言でいうならば、「良品廉価」にある。5ナンバーサイズとは思えない、プチRAV4といった感じのドシッとしたエクステリア、ボディサイズに対して大きなタイヤ、プラスチック素材は多いが、先進的な雰囲気を持ち、上手くまとめられたインテリア。それでいて、四角いボディのため、視界が良くて運転がしやすい。

 さらには、排気量1.0リッターターボエンジンとは思えないほどにトルク感があり、発進時にはそれなりに強い加速が得られる。

 オフロードをガシガシ走破する本格的なクロカンや、オンロードからオフロードまで万能でこなせるSUVは不要。クロカンやSUVの「雰囲気」があれば十分、と感じるユーザーにとって、主要グレードが200万円前後で買えるライズ/ロッキーは、ぴったりなモデルなのだろう。

5ナンバーサイズとは思えない、プチRAV4といった感じのドシッとしたエクステリア、ボディサイズに対して大きなタイヤ、これらを200万円前後でまとめたのは素晴らしい

 昔に比べてクルマが大型化しているのは、皆さんもご存じの通り。「ニッポンの大衆車」カローラも、ついに現行型から車幅1745ミリにまで拡幅、3ナンバーサイズに突入した。コンパクトに見えるヤリスクロスも全幅は1765ミリもある。

 これは、デザインの自由度向上といった理由もあるが、法規制で年々厳しくなる側突に対する安全性確保と、車室内の居住性を両立するため、というやむを得ない事情もある。

側突に対する安全性確保と、車室内の居住性を両立させ、全幅1695ミリに収めたのは素晴らしい

 しかし、ライズ/ロッキーの衝突安全性が低いというわけでは決してない。ライズ/ロッキーは、JNCAPで最高ランクのファイブスターを獲得しており、安全性能は太鼓判を押されている。

 ライズ/ロッキーがこれだけコンパクトに仕上がったのは、車室内のスペースを計算し、極限までパッケージングにこだわった、ダイハツの技術力の賜物だ。

他にもこんな魅力が!

 最小回転半径が5.0m(カタログ値、16インチ車は4.9m)と、小回り性能が素晴らしく、狭い駐車場内での切り返しや、片側1車線の道でのUターンなどが、容易だ。

 ライバルとなるスズキクロスビーやイグニスは、最小回転半径4.7mと更に小さな数字だが、クロスビーもイグニスも、タイヤ外径が616mm程度と小さい。ライズ/ロッキーの195/60R17のタイヤ外径666mmで5.0mを達成したダイハツ設計チームの仕事ぶりが、ここにも窺える。

最小回転半径が5.0m(16インチ車は4.9m)と、小回り性能がよい

 細かいところで、筆者が気に入っているのが、ライズ/ロッキーのアクセルペダルの右側にある、フットレストのようなスペース。ACCやLKAS作動時に役立つ、便利な装備(!?)だ。

 「フットレスト」と、うたうことはできないらしいが、しっかりと実用的な大きさで設置されており、ドライバーの疲労軽減を考慮した、素晴らしい設計だ。右足フットレストは、ゴルフ7などのVW車ではみられるが、国産車ではほとんど見られない。この右足フットレストの重要性については、また別の機会にお話しようと思う。

ACCやLKAS作動時に、右足を置けるフットレストのようなスペースがある こうした事例は国産車ではほどんどみられず、実用的な大きさで設置されているのは良い設計だ

 ボディカラーが多彩にあり、遊び心が取り入れられていることもポイント高い。流行りのツートンカラーもある。

 さらに、2020年6月の改良にて、最上級グレード「Premium」に、モノトーンのカラーバリエーションが追加されている(モノトーンのバリエーションを標準とし、2トーンはメーカーオプションに変更)。これによって、最上級グレード「Premium」は、5万5000円の値下げとなった。

 さらには、ディーラーオプションで、カスタマイズパーツが多く出ている。モデリスタのエアロキットが2種類(ADVANCE BLAST STYLE 税込17万2700円※塗装済)と、ELEGANT ICE STYLE 税込12万1000円)、TRD(Aggressive Style 税込16万5000円)に加えて、パワフルスタイル、スポーティスタイル、プレミアムスタイルといったカスタマイズの楽しみを得られる。

 フロントスポイラ、サイドスポイラ、リアバンパースポイラのセットが多いが、グリルやガーニッシュ、LEDフォグといったパーツも豊富にある。

写真は、MODELLISTA ADVANCE BLAST STYLEのエアロパーツをつけた仕様 ベースがライズとは思えないほどに、雰囲気がシャープになった

余裕を楽しめるクルマ

 まるで、プラモデルを組み上げるような感覚で、好みの仕様を作り込めるのは、クルマ好きにとって大変楽しめるポイントだ。車両本体価格がリーズナブルな分、こうしたカスタムパーツに予算を振り分けるのも大ありだろう。

 ライズ/ロッキーには弱点もある。乗り心地、静粛性、ハンドリング(特にボディモーション)に関しては、物足りなく感じるシーンもあり、あとすこししっかり感が欲しい、と筆者は感じる。しかし、すべての性能をパーフェクトにした姿でなくても、ライズ/ロッキーは十分に楽しめるクルマだ。

 大きなクルマに憧れても、やはり価格や使い勝手を考えれば、このくらいの価格・サイズ感のクルマで、すこし余裕あるほうが楽しめる、ということなのだろう。

【画像ギャラリー】デビューから1年経っても大人気!! トヨタライズの内外装を写真でチェック!!

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】マツダ 社運を賭けた新車戦略の全貌|ベストカー12月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売!最新号では、次期型マツダCX-5含むマツダ近未来戦略の最新情報をお届け。  そのほか、新型MIRAIプロトタイプ、新型ローグ(日本名:エクストレイル)、新型マグナイトなど注目車種の情報から、「三菱自動車・加藤…

カタログ