月販平均400台以下でも個性が光るクルマたち【2017年冬版】6選

月販平均400台以下でも個性が光るクルマたち【2017年冬版】6選

 今年売れてるクルマをザッと見てみると、(2017年1〜10月の平均月販台数は)ホンダN-BOXが1万7902.8台、ダイハツタントが1万2335.6台、日産ノートが1万2376.0台、アクアが1万68.4台と、1カ月で平均1万台以上売るクルマがぽこぽこあったりします。すばらしい。
 しかしそのいっぽうで、月販平均400台に満たないクルマもたくさんあります。超高級車だったりスーパースポーツだったり、あるいは超先進技術車だったらその数字にも納得ですが、なかにはかなり本気で「売れる」と思って発売した車種もたくさんあります。
 売れない事情や理由はあれど、そうしたクルマにも魅力的なモデルはたくさんある。そうした信念に基づき、販売台数の少ないクルマにエールを送るつもりで本記事をお届けいたします。みんないいクルマです。できれば購入候補の末席に加えてみてはいかがでしょうか。
文:ベストカーWeb編集部


■ホンダ ジェイド 2017年1〜10月平均月販台数 177.9台

 2012年に中国市場へ投入され、2015年2月から日本市場で発売開始。ハイブリッド専用ミニバン(3列シートの6人乗り車)としてデビューしたが、やや価格が高いこともあっていきなり苦戦。同年5月には早くもテコ入れとして「RS」グレードを投入(こういう「ちょっとズレた対応」、ホンダだなぁ……という感じがしますが)。やはりというかなんというか、特に販売は回復せず現在も販売は低迷。

 乗ってみると走行性能は高いし燃費がいいし、それなりにスタイリッシュであるものの、中途半端ではあるよなあと思ってしまう。ホンダのこのクラスはストリーム、アヴァンシア、エディックスと苦戦→絶版続きで「鬼門」といっていいカテゴリーではあるものの、めげずに新モデルを投入し続けるホンダのことを思うと「がんばって!」と声をかけたくなる。

■スズキ バレーノ 2017年1〜10月平均月販台数 371.1台

 スイフトやソリオが好調なのでつい「最近スズキの登録車って調子いいよね」と思いがちだが、この手の企画の本命と言っても過言ではないバレーノこそスズキの登録車の真骨頂だと本企画担当は思っています。なにしろインド製。マネサール工場で生産される世界戦略車だ。「スイフトよりちょっと広くてちょっとスタイリッシュ(全高が低い)なモデルがほしい」という要求に応えるかたちで導入された。

 実際そのとおりの性能を持っているし、走行性能やクオリティも他の国産車と同程度のレベルに達しているものの、なにしろマイナー車種であるうえにインド製という強烈なメッセージ製もあって販売は苦戦中。

 独特すぎるスタイリングとインド製世界戦略車というオリジナリティ溢れるラインアップをぜひ維持してほしいので、(販売中止にならないために)もうちょっと売れてほしい。

■トヨタ クラウンマジェスタ 2017年1〜10月平均月販台数 201台

「トヨタブランド」の最高峰ブランドという位置づけであるものの、レクサスにはLSやGSといったマジェスタと同グラス以上のサルーンがあるし、ショーファーカー(お抱え運転手が運転する車)とはいえトヨタにはセンチュリーもあって、やや立ち位置が曖昧になっているマジェスタ。

 現行型(6代目)から専用ボディではなくクラウンのホイールベースを延長したボディを使用し、V8エンジンも廃止となってしまった(現在はハイブリッド専用車)。そんなマジェスタも2018年初夏のクラウンフルモデルチェンジの機会に、現行かぎりでモデル消滅の可能性が濃厚。もうすぐ買えなくなるだけに、ぜひこのタイミングで試乗を!

■レクサス CT200h 2017年1〜10月平均月販台数 310台

 レクサスブランドの中では最小ボディであり、値段もそれなりにこなれているCT200h。2011年1月に登場以来、丸7年となる。コツコツ進化しており、直近は2017年8月で、スピンドルグリルが大きくなったこともあり顔が派手になっている。

 搭載ユニットは2ZR-FXEという、ノア/ヴォクシー/エスクァイアやC-HRのハイブリッド仕様に搭載されている1.8Lエンジン+モーターのエースユニット。走行性能も上質で積載性も高いが、モデルが古くて認知度が低いためあまり売れていない。個人的に好きなクルマなのでもうちょっと売れてほしい。

■日産 ティアナ 2017年1〜10月平均月販台数 306.9台

 初代登場は2003年、2008年に2代目、2013年に現行型である3代目が登場したティアナ。最近はタクシーくらいでしか見なくなってちょっと切ない大型FFセダン。北米市場では「アルティマ」という車名で売れまくっているが、日本では苦戦中。

 ライバルだったトヨタのカムリが今年華々しくモデルチェンジしてヒットしていることを考えれば、ティアナもそろそろフルチェンジして販売を回復してほしいのだが……。

 そもそも日産のセダンはシーマ、フーガ、スカライン、ブルーバードシルフィと軒並み苦戦中。日本市場でセダンを売る気が、それほどないのではないか。とはいえ無駄に正直に申し上げますと、本企画のため取材中に「そういえばまだ売ってたんだっけ」と思ってしまいました。すみません。

■日産 NV350キャラバン 2017年1〜10月平均月販台数 137.9台

 トヨタのハイエースと並んで日本のバン界を支える双璧のひとつ。現行型の登場は2012年の6月で、登場以来5年半を経過するのでそろそろ次期型を期待したものの、なにしろ現行型がキャラバンとしては11年ぶりのフルチェンジなので、次期型登場はまだ先になりそう。

 とはいえ2017年7月のマイチェンで「アラウンドビューモニター」や「エマージェンシーブレーキ」など、安全・快適装備を充実させている。こういうクルマをキチッと進化させるところはえらいなと思います。はい。

最新号

ベストカー最新号

新型スープラ 最終デザイン判明!! ベストカー3月10日号

 ベストカー最新号(3/10号)が、2月10日に発売。今回の巻頭スクープでは、その動向を逐一追ってきたトヨタのフラッグシップスポーツ、新型スープラの最新情報を捕捉!! 情報筋から最終デザイン入手...

カタログ