【レクサスCT200h、ジェイド…】月販平均400台以下でも個性的な車たち 2017冬版


■トヨタ クラウンマジェスタ 2017年1〜10月平均月販台数 201台

 「トヨタブランド」の最高峰ブランドという位置づけであるものの、レクサスにはLSやGSといったマジェスタと同グラス以上のサルーンがあるし、ショーファーカー(お抱え運転手が運転する車)とはいえトヨタにはセンチュリーもあって、やや立ち位置が曖昧になっているマジェスタ。

 現行型(6代目)から専用ボディではなくクラウンのホイールベースを延長したボディを使用し、V8エンジンも廃止となってしまった(現在はハイブリッド専用車)。

 そんなマジェスタも2018年初夏のクラウンフルモデルチェンジの機会に、現行かぎりでモデル消滅の可能性が濃厚。もうすぐ買えなくなるだけに、ぜひこのタイミングで試乗を!

■レクサス CT200h 2017年1〜10月平均月販台数 310台

 レクサスブランドの中では最小ボディであり、値段もそれなりにこなれているCT200h。2011年1月に登場以来、丸7年となる。コツコツ進化しており、直近は2017年8月で、スピンドルグリルが大きくなったこともあり顔が派手になっている。

 搭載ユニットは2ZR-FXEという、ノア/ヴォクシー/エスクァイアやC-HRのハイブリッド仕様に搭載されている1.8Lエンジン+モーターのエースユニット。走行性能も上質で積載性も高いが、モデルが古くて認知度が低いためあまり売れていない。個人的に好きなクルマなのでもうちょっと売れてほしい。

次ページは : ■日産 ティアナ 2017年1〜10月平均月販台数 306.9台

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ