全部市販してほしかった…ショーでも独自路線をひた走る スバルのコンセプトカー傑作選

 モーターショーの主役は、何といっても見る者の胸を躍らせるコンセプトカーたち。あまりに市販化が難しそうなものには否定的な意見も出てくるが、「ひょっとしたら」と思わせてくれる車両には、やはりワクワクしてしまう。

 そこには、メーカーとユーザーとが夢見る「同じ未来」があるからではないだろうか。

 手堅いイメージのあるスバルにも、そんな「市販されたらどうしよう」と心が浮き立つような興奮を与えてくれたコンセンプトカーがある。夢と魅力にあふれたモデルを古今から集めたので、お楽しみあれ。

【画像ギャラリー】今からでもやらないか!!? モーターショーで披露された魅惑のコンセプトモデルたちをギャラリーで見る

※本稿は2020年11月のものです
文/ベストカー編集部、写真/SUBARU
初出:『ベストカー』 2020年12月26日号


■クロススポーツ(2013年 東京モーターショー)

クロススポーツ。顔つきの印象はBRZに酷似。クーペSUV全盛の今ならウケるはず

 スポーツとユーティリティを融合させたモデル。

 全長4300mmほどのコンパクトなボディのデザインは、スポーツモデルであるBRZとの関係性を感じさせるもので、当時BRZに派生モデル誕生かと騒がれた。これは市販してくれてもよかったかもしれない。

■ハイブリッドツアラーコンセプト(2009年 東京モーターショー)

ハイブリッドツアラーコンセプト。上方に開くガルウイングドアを採用。2ドアだが乗降性はよさそうだ

 フロントに発電・駆動用モーター(10kW)を、リアにも駆動用モーター(20kW)を採用した2モーター方式のハイブリッドシステムを採用。

 組み合わされるエンジンは2Lの水平対向直噴ターボ。彫刻的なエアロフォルムは、なかなかカッコよかった。

■B5-TPH(2005年 東京モーターショー)

B5-TPH。写真ではわからないが、大きく上方に開くリアハッチを持っていた

 2Lの水平対向ターボエンジンとモーター・ジェネレーターを組み合わせたパワートレーン「ターボ・パラレル・ハイブリッド(TPH)」を採用したスポーツワゴン。

 最低地上高は200mmを確保し、オンのみならずラフロードの走行も可能とされていた。

■B11S(2003年 ジュネーブショー)

B11S。今の目で見ても充分カッコいいと言える外観。売ればよかったのに

 スポーティな走り、快適性、機能性、そして美しさを追求した4ドアクーペ。

 搭載するパワーユニットは、ツインターボが架装された水平対向6気筒エンジン。400ps/56.1kgmが性能目標とされていた。ちなみにサイドドアはピラーのない観音開きになっている。

■B9スクランブラー(2003年 東京モーターショー)

B9スクランブラー。デザインはアンドレアス・ザパティナス。普通にカッコいいと思う

 モーター走行を基本とし、急加速時にはエンジンがモーターを補助する、スバル独自のシーケンシャルシリーズHEVシステムを搭載するオープン2シーター。

 ラフロードでの走行に備え、最低地上高を150~200mmの間で変えられるというのがスバルらしい。

■ELTEN(1997年東京モーターショー)

ELTEN(エルテン)。かつてのスバル360を彷彿とさせるキュートなフロントフェイスが魅力

 第32回東京モーターショーに出展されたエルテンは、3つの電源を持つモーターとガソリンエンジンが組み合わされたハイブリッドモデル。

 全長3410×全幅1500×全高1500mmのコンパクトなボディながら、大人4人が快適に過ごせる居住性を実現した。

■アマデウス(1991年東京モーターショー)

アマデウス。アルシオーネSVXの特徴的なドアまわりのイメージを、色濃く残す外観。顔つきは柔和になった

 同年9月に発売されたばかりのアルシオーネSVXを、3ドアのシューティングブレークに仕立てたモデルで、リアスポイラーと一体化したルーフレールが斬新なフォルムを作り出す。

 全長4865×全幅1830×全高1300mmのやや大柄なボディに収まるエンジンは、アルシオーネSVX同様の3.3L水平対向6気筒エンジン。出力はやや引き上げられ250ps/32.0kgmを発生していた。

【画像ギャラリー】今からでもやらないか!!? モーターショーで披露された魅惑のコンセプトモデルたちをギャラリーで見る

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】早くも情報入手! 2022年の新車大特集 |ベストカー2月10日号

 早くも2022年に出る新車情報を捕捉! 「ベストカー」2月10日号が、本日発売。  前号では2021年の新車スクープカレンダーをお届けしましたが、今号では早くも2022年に登場予定の多くの新型車の情報をお届けします。年始号恒例の翌年の新車…

カタログ