気分はフェラーリ! オートザムAZ-1現役オーナーが語る生証言と中古車事情


 マツダディーラーの5チャンネル化によって生まれたオートザムから1992年に発売された、オートザムAZ-1。軽自動車唯一のガルウイングドアと、強化プラスチックを多用した軽量ボディで喝采を浴びた。

 そして1995年に生産終了となってから25年が経過したわけだが、今でも時折、一般道で元気に走っている姿を見かけることがあり、大手中古車情報サイトにも、それなりの数のAZ-1が掲載されている。

 はたして、あの「得も言われぬ軽スポーツ」は今、ごく普通に乗ることができるのだろうか? 

 そして、もしも特徴的なガルウイングドアが壊れてしまったり、もらい事故などで、これまた特徴的なパネル類を損傷してしまった場合、今でも修理することは可能なのだろうか? 中古車事情に詳しい伊達軍曹が徹底解説する。


文/伊達軍曹
写真/ベストカー編集部 マツダ

【画像ギャラリー】誕生から25年! 現役オーナーが愛するオートザムAZ-1を写真でチェック!


AZ-1オーナー17名と連絡をとり実態調査!

2020年現在もなおオートザムAZ-1を乗り続ける愛好家も少なくない。そこで、今回は現役オーナー17名と連絡を取り、AZ-1のメンテナンスについて話を聞いた

 あまりにも有名な軽スポーツではあるが、実はAZ-1に関しては「知らないことだらけ」であることに気づいた筆者は、2020年も今なおオートザムAZ-1をディープに愛好しているオーナーグループのうち17名と連絡を取り、主にメンテナンスに関する「2020年の真実」を教えていただくことにした。

 現役オーナー各位に教えていただいた内容を発表する前に、まずはオートザムAZ-1というクルマ自体について簡単におさらいしておこう。

 オートザムAZ-1は、1989年の第28回東京モーターショーに参考出品されたコンセプトモデル「AZ550 Sports」をベースに、1992年10月に市販バージョンが発売されたミドシップレイアウトの軽スポーツ。

 軽自動車唯一のガルウイングドアを採用するとともに、外装パネルには軽量な強化プラスチックを多用。車両重量はわずか720kgだった。

 搭載エンジンはF6A型3気筒DOHCターボで、キャビン後方に搭載されたそれは64psの最高出力と8.7kgmの最大トルクを発生。

 トランスミッションは5MTのみで、ロック・トゥ・ロックわずか2.2回転というクイックなステアリングと機敏な操縦性、そして前述の軽量ボディにより「究極のハンドリングマシン」とも評された。

 特殊なジャンルのクルマゆえ総生産台数は4409台にとどまったが、それでも一部のコアなファンに熱烈に愛されながら、1995年9月まで販売が続けられた。

 2020年12月中旬現在、オートザムAZ-1の中古車価格は、大手中古車情報サイトでは、16台が流通しており、価格帯は158.8万~349万円、平均価格は約220万円。最高価格の349万円のAZ-1は走行2.1万km、次に高い298万円は2.4万kmとなっている。

オートザムAZ-1の中古車情報はこちら!

2020年現在、普通に走れる状態なのか?

気分はフェラーリ! 現役オートザムAZ-1オーナーの生証言と中古車事情
オーナーによると、きちんとメンテナンスをしていれば2020年現在も普通に走らせることができるという
キャビン後方に搭載されるエンジンはスズキ製F6A型3気筒DOHCターボで64ps/8.7kgmを発生。エンジンは基本的にはカプチーノと共通だがオールステンレス製の排気系、アルミパイプの吸気系はAZ-1専用で、エンジン特性はAZ-1のほうが高回転型、カプチーノは低中速を重視している

 で、そんなAZ-1に関しては「そもそも今、普通に走れる状態なのか?」というのがまずは気になるわけだが、この疑問についての現役オーナー各氏におおむね共通する回答は、「年式なりの整備を行う必要はあるが、それさえやっていればまだ普通に使える」というニュアンスであった。

 具体的な回答をオーナーさんからいただいたので以下、紹介していこう。

 「25年以上前のクルマであることさえ認識していれば、普通に走らせることができます。ただし努力や工夫は必要ですが。(2台目のAZ-1にお乗りの酒井義信さん。現在の走行距離は14万km)」

 「メンテナンスをしていれば普通に走ります。実際にAZ-1で日本一周しましたし。(AZ-1を2台と、OEM版のスズキキャラの1台をお持ちのイーヨー先輩!さん)」

 「予防整備として早目のメンテナンスはしているつもりなので、近場のドライブから往復1000kmを超える遠征まで、問題なく使用しています。(3台お持ちのくぼっち。さん)

 ただ、くぼっち。さんいわく「最近のライト位置が高いクルマばかりの交通社会のなかでは、車高の低いAZ-1では辛いことも多々あります」とのこと。

次ページは : AZ-1で通勤するというオーナーも

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ