もうすぐ死語に!?? 「サイド」から消えつつあるサイドブレーキ 進化の歴史と気になる懸念

もうすぐ死語に!?? 「サイド」から消えつつあるサイドブレーキ 進化の歴史と気になる懸念

 ひと昔前までは、高級車の装備であった、電動パーキングブレーキ(以下E-PKB)。しかし昨今は日産デイズや三菱eK、ホンダN-WGNといった、軽自動車にも採用されるほどに、E-PKBは急増している。 

 ここまで、E-PKBが浸透した理由とは何なのか。サイドブレーキの進化や、手引き式、足踏み式の利点も見ながら、E-PKBにある懸念点についても、考えていく。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、HONDA、NISSAN、MAZDA、ベストカーWEB編集部、写真AC

【画像ギャラリー】現行型で手引き式サイドブレーキを採用してるレアなクルマをギャラリーでチェック!!


手引き式から足踏み式、そして電動へ

 パーキングブレーキは、1980年代ごろまでは、ステッキタイプ、もしくはレバータイプの、手引き式パーキングブレーキが一般的であった。

 この手引き式パーキングブレーキの利点は、構造が簡素でコストが安いことだ。また、腕の力加減で効きの強さを変えることもできるし、神経が敏感な手で操作するのでワイヤーの伸びを検知しやすい、といったことも利点として挙げられる。

 ちなみに、手引き式パーキングブレーキは、ブレーキを引いた際に「カチカチッ」と音が鳴るが、この音の回数で引き代が増えたことが分かるため、ワイヤーの伸びの検知機能にもなっていた。検査機やセンサーがない時代に自動車エンジニア達が考えた、賢い装置なのである。

ヤリスのサイドブレーキは手引き式タイプだ ちなみに、ヤリスクロスはE-PKB標準となる
ヤリスのサイドブレーキは手引き式タイプだ ちなみに、ヤリスクロスはE-PKB標準となる

 その後、1980年代に入り、AT車が増え始めると、足踏み式パーキングブレーキが登場する。足踏み式が登場した理由としては、手で引くよりも、足で踏んだほうが、より確実にパーキングブレーキを作動できる、ということと、クラッチペダルがあった場所へパーキングブレーキを配置すれば、レバーを無くし、そのスペースを違う装備に充てられる、などだ。

スカイラインV6ターボの足踏み式パーキングブレーキ ハイブリッド車では、E-PKB仕様となる
スカイラインV6ターボの足踏み式パーキングブレーキ ハイブリッド車では、E-PKB仕様となる

 また、90年代に登場し始めた、ファミリータイプのミニバンやMPVタイプのクルマで、1列目から後席へとウォークスルーをする上でも、足踏み式パーキングブレーキにするほうが、都合が良くもあった。

 この足踏み式パーキングブレーキは、2000年代中頃まで、乗用車に積極的に採用された。その後2006年に、レクサスLSが電動パーキングブレーキを採用したのを皮切りに、2010年ごろから知名度が上がり始め、2015年頃から徐々に採用車が増えるようになり、現在に至る。

2006年に、レクサスLSが電動パーキングブレーキを採用したのを皮切りに、2010年ごろから知名度が上がり始めた
2006年に、レクサスLSが電動パーキングブレーキを採用したのを皮切りに、2010年ごろから知名度が上がり始めた

次ページは : 利点が多いE-PKBだが、多少の懸念点も

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ