ジムニー、クラウンらが殴り倒したクルマ界の後輩たち


 日本人なら誰もが知っているあの伝統的なスポーツの大事件。とりあえずその事件は置いておこう。

 この企画でフォーカスしたいのは「先輩が後輩を殴り飛ばした」というところなのだ。これは人類にとって普遍的な事象なのではないか。野心ある若者が年長者にかみつき、怒られるという。

 こういうおもしろい、もとい、興味深い出来事に遭遇すると、クルマ界に置き換えなくては気がすまないのがベストカー。

 生意気な後輩を殴り倒した先輩グルマという図式がきっとあるはず! と調査に乗り出した。その成果をお見せする。

文:ベストカー編集部/写真:ベストカー編集部、Shutterstock.com
ベストカー2018年1月26日号


■ウェイクが殴り飛ばされた事件

 最近の例で最もわかりやすいのは、史上最大級の1835mmという全高で登場したダイハツウェイクが、並み居る先輩ハイトワゴン軽自動車たちに殴り飛ばされた事件ではないだろうか。

 ウェイクは「もうあなたたちの背は低いですよ」といって2014年に登場。タントやスペーシアなどの先輩たちを文字どおり見下しながら、「これからは俺の時代だ!」と息巻いていた。

 これには先輩たちも「もしかしてやばいかも……」とアセったはず。しかし、蓋を開けてみればそれほどの勢いはないまま今に至っているという状況。

 相撲でいえば、鳴り物入りで角界入りした学生横綱が、前頭十枚目あたりでくすぶっているという感じか。

たしかに画期的な企画のウェイクだが、走るとなかなか乗り心地に厳しいものがある
たしかに画期的な企画のウェイクだが、走るとなかなか乗り心地に厳しいものがある

 登場後しばらくは頻繁に流れていた玉山鉄二のテレビCMもあまり見なくなり、ユーザーも意外と冷静に「ここまでの高さいらないんじゃね?」と判断。

 また、若干無理のある背の高さゆえ、コーナリングでの転倒を避けるためにサスペンションが固く、乗り心地に難があるという評価がされたのも土俵際に追い込まれる要因となった。

 公にはされていないが、どこかの先輩たちに個室居酒屋で「てめー生意気だ!」とボコボコにされた疑惑がぬぐいきれない。今後、後輩ウェイクの反撃はあるか?

■オデッセイ以外が殴られた、5ナンバーBOXミニバン事件

 今、我が世の春を謳歌している5ナンバーBOX型ミニバン。ノア3兄弟、セレナ、ステップワゴンの御三家のことだが、これらのクルマたちも後輩を殴り飛ばし続けて、今の地位を確立したとはいえまいか。

 「もう四角いミニバンの時代じゃないですよ」と言って出てきた後輩たちをことごとく潰してきた。

 古くはイプサム、プレサージュ、ナディア、ガイア、グランディス。最近ではウィッシュ、ストリームなどBOX型にボコボコにされた乗用車型ミニバンは枚挙にいとまがない。

 オデッセイがしぶとく残っているが、御三家が「まぁひとりくらいは許してやるか」と、見逃してやっている雰囲気が感じられて怖い。オデッセイは盆暮れの付け届けだけは忘れないようにしないと、いつ排除されるかわからないぞ。

5ナンバーミニバンの世界はかなり怖い世界のようだ
5ナンバーミニバンの世界はかなり怖い世界のようだ

 ミニバンというジャンルはベテランが強烈に幅をきかせている世界のようで、野望を持って乗り込んでくる新参者はほぼ間違いなく潰される。

 前述のクルマたちのほか、2列シートで多人数乗車を目指した日産ティーノ、ホンダエディックスなどの潰されようは目を覆うばかりだ。

 もうひとつ言えばトヨタ、日産、ホンダの大手三社だけでこのジャンルを独占しようとしているらしく、そのほかのメーカーが参入してくると、こちらも無慈悲に殴り飛ばす。

 マツダなどはそれでビアンテがやられて「もうミニバンは作らない」と白旗をあげてしまったし、かつてトラヴィック(独オペルのOEM車)で悲惨な目にあったスバルもそこには近づかない。

 「家族の幸せ運びます」みたいな顔をして、裏では恐ろしいことになっているのが5ナンバーBOX型ミニバン界の特徴と言えよう。

次ページは : ■セダン界、レジェンドをクラウンがぶっ飛ばす事件