改良? それとも改悪? ビッグマイチェン車のデザイン通信簿


 日本車の長寿化が著しい。かつては判で捺したように4年でモデルチェンジしていたが、開発費の高騰などによって、10年以上存続するモデルもちらほら出ている。

 しかし、10年まったく変わり映えしないと、さすがにまるっきり売れなくなる。それを救うのがビッグマイナーチェンジだ。もはやビグマイチェンは、かつてのフルモデルチェンジくらいの重みを持っている。

 そこで、2020年秋以降にビッグマイチェンを敢行した4モデルについて、そのデザインチェンジぶりをチェックさせていただきましょう。お邪魔しま~す。

文/清水草一
写真/NISSAN、HONDA、LEXUS、MITSUBISHI、平野学、奥隅圭之、中里慎一郎

【画像ギャラリー】ビッグマイチェンを敢行した4台とフルモデルチェンジしたN-ONEの新旧モデルを画像で比較!!

■日産エルグランド

MC前の2020年1月〜8月の平均販売台数が298台/月。MC後、10月の販売台数が387台/月。MC前のオーダーストップ影響か9月は68台しか売れていなかったので、計算から省いた
現行型は息が長いが、走りの良さは今でもライバルたちに引けを取らない

ビッグマイチェン:2020年10月12日
総評/改良されたがパンチ不足
デザインチェンジ成功度/70点

 国産大型ミニバンの草分けだった日産エルグランドだが、トヨタアルファード軍団に完膚なきまでに叩きのめされ、現行の3代目の登場からすでに10年余。土俵際で繰り出した今回のビッグマイチェンの効果は果たしてどうか?

 まず現行エルグランドのデザインだが、大型ミニバンとしては異例の、踏ん張り感の強いスポーティなもので、故・前澤義雄氏(元日産チーフデザイナー)も高く評価していた。いわば玄人受けのデザインだが、全高の低さによる室内の狭さや押し出しの弱さによって、販売ではアル/ヴェルに決定的な敗北を喫してしまった。

 そこで、2014年のビッグマイチェンでは、グリルをバンパー下まで伸ばして、当時の最大面積にまで拡大。これで一瞬盛り返したものの、すぐに元の木阿弥に戻った。

 今回のビッグマイチェンでは、その巨大なグリルをさらに強調すべく、一枚岩化している。マイチェン前は横桟で微妙に分割されているように見えたのを、「どーん!」と鎧みたいにしたわけです。

 前澤さんが生きていれば、「コケオドカシだ」と言ったかもしれないが、ある意味シンプルでもありますし、印象は悪くないです。

 ただ、これでインパクトが強まったかと言えば、効果は限定的だ。まとまりはいいんだけど、現行アルファードが登場した時のような「うげぇ!」という強烈さには程遠い。厳しい言い方をすれば、ムダな抵抗でしょうか。

 でも、エルグランドの操縦性は、相変わらずアルファードよりいいと思うのです。走りにこだわるミニバン好きなら、アルファードよりエルグランド! そんな人いないか……。

■ホンダオデッセイ

マイチェン前の2020年1月〜9月の平均販売台数が754台/月。マイチェン後、11月の販売台数が1725台と、2倍強に増えている。10月はエルグランドと同様の理由で省いた
記事の中では最も評価が低いが、マイチェン後の販売台数は最も多い。なお中国では、オデッセイに加えてより高級な派生車として、エリシオンも販売されている

ビッグマイチェン:2020年11月5日
総評/トドメを刺された
デザインチェンジ成功度/30点

 かつて超絶大ヒットと飛ばしたオデッセイも、背低ミニバンの販売低迷という時代の流れに逆らえず、2013年登場の現行モデルは全高を一気に150ミリほどアップし、背高と背低の中間的な存在に変身させたが、その中途半端さもあって、販売はまったく低迷していた。

 今回のビッグマイチェンの狙いは、ずばり「オラオラ度のアップ」である。マイチェン前は、これまでのオデッセイの伝統をかろうじて感じさせる、曖昧にスポーティな顔つきだったが、それを完全に捨て、「なにがなんだかよくわからないけど、オラオラしたいんだね」みたいなものになった。

 なにがなんだかよくわからないのは、狙いが絞れていないからだ。オラオラっぽくしたいけど、あんまりやるのは気恥ずかしい。でもオラオラしないと売れないし……というような。

 ステップワゴンもそんな感じのマイチェンをしたけれど、いかにも個性がなく中途半端で、デザインレベルそのものも低かった。

 オデッセイはさらにダメ! もうまったく理解不能! 上から下まで横桟グリルを重ね、最上部はメッキを太くしているが、フォルム全体にまったくマッチしてないし、何の哲学もないチープなリフォームとしか言いようがない。

 もともとダメだったのを、トドメを刺した感じです。国内におけるオデッセイの命脈は尽きたかもしれない……。涙が出ます。中国で頑張ってください。

次ページは : ■レクサスIS

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ