マツダ渾身のSUV姉妹 MX-30とCX-30 棲み分け成否のカギは電動化にあり


レンジエクステンダー版で本領発揮か

 MX-30のBEV モデルは、2021年1月に追加される予定であり、販売はリース販売形式となるようだ。また、発電用ロータリーエンジンを備えたレンジエクステンダー版が、2021年内にお目見え、ともいわれている。

 これまで、ストロングハイブリッドを持たなかったマツダが、遂に武器を手に入れることになり、マツダの大本命パワートレインとなるだろう。

マイルドハイブリッドでのデビューとなったMX-30だが、本領発揮はこれからだ

 現在、マツダUKのHPでは、BEVのMX-30が事前予約受付中の段階で、2021年3月より販売開始とアナウンスされている。バッテリーサイズは35.5kWhのみ、航続可能距離は欧州WLTC複合モード算出で124マイル(約200km)、価格は25,545ポンド(約362万円)から、となっている。

 ちなみに、欧州市場でのBEVの相場は、VW ID:3の58kWhモデルが32,935ポンド(約466万円)、77kWhモデルは42,235ポンド(約598万円)、日産リーフは40kWhモデルが26,845ポンド(約380万円)、62kWhモデルは32,695ポンド(約463万円)であることを考えると、MX-30のエントリー価格はリーズナブルといえる。

 「BEV化」に注目しがちな、昨今のクルマ業界だが、高効率のハイブリッドは、マツダが生き残るためには必要となる重要な武器だ。しかもマツダらしく、ロータリーエンジン前提でつくり込んでくるあたりは、大いに話題になること必至だ。このパワートレインを見ずして、MX-30の実力は語れない。

 そして、このパワートレインは、必ずCX-30にも盛り込まれてくる、と筆者は考える。そのとき、MX-30とCX-30にどれほどの棲み分けができているのかも、非常に楽しみだ。

【画像ギャラリー】並べて見ると違いは一目瞭然? それともやっぱり似てる?? CX-30とMX-30 比べて画像でチェック

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ