新型ランドクルーザー300が間もなく登場! 3月下旬にも事前予約開始

 現行ランドクルーザー200が新年早々にオーダーストップとなった。

 ランドクルーザーとランドクルーザープラドは受注台数がある程度たまった段階で生産し、納車するシステムを採用しているので、在庫はメーカーと販売店の両モータープールには基本的に存在しない。したがってオーダーストップになると、即供給停止になるので、購入できない状況になっている。

 こうなると興味があるのは次期型の「ランドクルーザー300」がいつどのような商品内容で登場するかということになる。

 そこで、流通ジャーナリストの遠藤徹氏が新型ランドクルーザー300の最新情報を徹底調査! 今わかっている情報すべてをお伝えしていこう。

文/遠藤徹
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】発売秒読み!! 全部見せます新型ランクル300予想CGと現行型&ライバルたち


3月下旬にも新型ランクルの先行予約がスタート!

2007年9月に登場して13年が経過した現行のランドクルーザー200。全長4980mm×全幅1980mm×全高1870mm。次期型もこれと同等のサイズで登場する
新型ランドクルーザー300の予想イラスト(CGイラストはベストカーが製作したもの)。外観はキープコンセプトだが、ホイールベースを現行型から50mm延長して2900mmとする見込み

 今のところ、2021年2月下旬か3月上旬頃にアウトラインがメーカーのトヨタからトヨタ系列店にネット配信され、それに基づくティザーキャンペーンがスタートする。

 その後3月下旬には車両本体やオプション&付属品の価格が決まり、先行予約の受付を開始する。正式な発表、発売は5月のゴールデンウイーク明けとなる見込みである。

 しかし、コロナ禍により不透明な部分もある。コロナ禍によって半導体の供給が遅れ、関連パーツを生産供給するサプライヤーの工場ラインがストップし、その影響でランドクルーザー300の投入スケジュールが先送りされる可能性もある。

 特にランドクルーザー300はパワーユニット、駆動系、安全対策、ナビ、オーディオに多数の半導体の関連部品&用品を採用して仕立てているので、影響が大きいといえる。

新型ランドクルーザー300はどう進化?

新型ランドクルーザーのパワーユニットは現行のV8、4.6Lに代わってV6、3.5Lターボと3.3Lディーゼルターボ。燃費規制に配慮し3.5Lターボとハイブリッドを組み合わせる案も浮上している(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 現行ランドクルーザー200の登場が2007年9月18日だから13年半ぶりの世代交代となる。次期型は基本的にはキープコンセプトだが、中身は大幅に進化する。

 トヨタの次世代におけるクルマ作りの考え方である「TNGA」による新開発のプラットフォームを採用。オフロードでの走破性と走行性を高めたフレームボディを継承し、剛性をさらなる高次元で進化させる。

 パワーユニットは従来のV8、4.6LNAに代えて、ダウンサイジングし、V6、3.5Lターボと3.3Lクリーンディーゼルターボを搭載する。

 3.5Lターボはハイブリッドとの組み合わせ案もあり、搭載に向けて開発を進めているといった情報もある。これは2030年に向けた燃費強化規制への対応を配慮したものと考えられる。

 駆動方式は全車フルタイム4WDで悪路走破性はRAV4よりさらに強力な駆動力を発揮するメカニズムを採用する。トランスミッションはスーパーECTの6速ATが組み合わされる。

 全長4980mm、全幅1980mm。全高1870mmというボディサイズは現行とほぼ同じで全長5m、全幅2m未満はキープされる。ただ走行安定性や剛性アップを配慮し、ホイールベースは50mm延長し2900mmとする見込みである。

 最低地上高の225mmも同じ。タイヤサイズは285/50R20が装着される見込み。シートレイアウトは2列シート5人乗りと3列シート8人乗りの2タイプ構成は従来モデルを継承する。

 本革シートとファブリックシートは同様だが、内張も含め、グレードアップし、トヨタの最高峰クロカン四駆にふさわしい質感でまとめる。

 装備面ではディスプレイオーディオが標準でハリアーやクラウン並みの大型12.3インチナビを採用。

 安心、安全パッケージのトヨタセーフティセンスは、トヨタ&レクサス車のなかでは最高レベルのデバイスを採用する。検知機能は昼間、夜間を含めて最新の進化バージョンを標準装備する。

 車両本体価格は現行の482万6800~697万4000円に対して約50万円アップの530万~750万円程度に設定する見込み。クオリティアップ、新開発エンジン、安心、安全装備充実などによるコストアップによるものである。

【画像ギャラリー】発売秒読み!! 全部見せます新型ランクル300予想CGと現行型&ライバルたち

ランドクルーザープラドはどうなる?

2009年に発売開始した現行ランドクルーザープラド
新型ランドクルーザープラドの予想イラスト(CGイラストはベストカーが製作したもの)。サイズは全長4825mm×全幅1885mm×全高1835mm。フルサイズのランドクルーザー300より遅れて2023年夏に登場予定

 姉妹車のランドクルーザープラドは新型ランドクルーザー300が登場してから2年後の2023年夏にフルモデルチェンジすることが濃厚となっている。現行モデルの登場は2009年9月14日だから約14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。

 新型ランドクルーザー300と同様にTNGA化によるキープコンセプトでの仕立てとなる。国内販売だと、圧倒的にランドクルーザープラドの販売構成比が高いので、開発陣としても大きく路線変更する必要はないとの考え方で開発に取り組んでいると思われる。

 ボディサイズは全長4825mm、全幅1885mm、全高1835mmで現行モデルとほぼ同じだが、ホイールベースは2840mmとランドクルーザー300同様に50mm延長し走りのポテンシャルアップを図るはず。

 最低地上高は220mmでランドクルーザーに比べると5mm低いだけだから悪路での走破性はほとんど同程度の能力を発揮する。パワーユニットは2.8Lターボのクリーンディーゼルと2.7LガソリンNAで現行ユニットの改良バージョンを搭載する。

 駆動方式は全車フルタイム4WDで、トランスミッションは6速ATとの組み合わせでランドクルーザー300と共用する。シートレイアウトは2列シート5人乗りと3列シート7人乗りは引き継がれる。

証言1:首都圏トヨタ店営業担当者

 「ランドクルーザー200が年初にオーダーストップしたことで、次期型ランドクルーザー300の発売が近いことがわかった。新世代プラットフォームのTNGAを採用し、開発しているのは間違いない。

 ラダーフレームは継承するだろう。パワーユニットは現行のV8、4.6Lを廃止し、V6、3.5Lターボや3.3Lクリーンディーゼルが搭載されると聞いている。

 3月下旬には先行予約を開始。正式な発表、発売は5月のゴールデンウイーク明けになりそうだ。SUVがブームになっているので期待している」。

【画像ギャラリー】発売秒読み!! 全部見せます新型ランクル300予想CGと現行型&ライバルたち

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】セリカ復活も!? トヨタのスポーツ&電動化戦略が加速する!!|ベストカー3月26日号

 ベストカー3月26日号が、本日発売。今号のベストカー、巻頭を飾るスクープは、トヨタのスポーツモデル戦略を追います。  高評価を受けるGRヤリス搭載の1.6L、直3ターボ。272ps/37.7kgmを発生するこのエンジンを次に積むモデルは、…

カタログ