N-BOX、ヤリス…2020年売れたクルマの推せる&注意すべきトコロ 6選


 コロナ禍で慌ただしく過ぎ去った感もある2020年。でもその一方で、ニューモデルやフルモデルチェンジなども、実は多かったんです。新しい人気車&話題車が登場し、クルマ好きにとっても選ぶ楽しさが増大しているのではないでしょうか。

 ここでは、2020年の登録車・軽自動車 販売台数ベスト3 計6台をピックアップ。いいトコロ・気になるトコロを自動車評論家 岡本幸一郎氏にズバズバ指摘してもらいます!

【画像ギャラリー】ライズ ヤリス N-BOX…今年も注目! 2020年売れ筋モデル6台をギャラリーでチェック!!!

※本稿は2021年1月のものです。※N-BOXの人気グレードはモデルチェンジ前のものです。各「値引き額」は目標値引き額で、流通ジャーナリスト遠藤徹氏調べ。店舗や時期などによりこの金額を引き出せない場合もあります。
文/岡本幸一郎、写真/ベストカー編集部 ほか
初出:『ベストカー』 2021年2月10日号


■トヨタ ライズ(2020年 登録車 第1位/167万9000~228万2200円)

デビュー:2019年11月/全長3995×全幅1695×全高1620mm、ホイールベース2525mm、970kg、1L直3ターボ、98ps/14.3kgm、WLTCモード18.6km/L(G・2WD)

●推せるトコロ…全長4m、全幅1.7mを切る完全5ナンバーサイズのSUVというのはなかなかありそうでない。日本人ウケのよいスクエアなフォルムで車内や荷室も充分に広く、それでいて最小回転半径は5m以下と取り回しもよい。RAV4の弟分のような雰囲気のデザインも人気の要因に違いない。

●注意すべき点…全体的に安普請で、商品力は高いが商品レベルは高くない。エンジンが1Lのわりにはターボ付きらしくトルク感はあるものの、加速の仕方は荒っぽく、いかにも3気筒らしく音や振動は大きめ。乗り心地も洗練されていない。先進運転支援装備の機能もトヨタのTSSに比べるとだいぶ劣る。

●人気グレード
1)Z
2)G
3)X “S”

●値引き:19万円 ※値引き引き締め傾向

■トヨタ ヤリス(2020年 登録車 第2位/139万5000~249万3000円)

デビュー:2020年2月/全長3940×全幅1695×全高1500mm、ホイールベース2550mm、1090kg、1.5L直3+モーター、91ps/12.2kgm、80ps/14.4kgm(モーター)、WLTCモード35.4km/L(ハイブリッドZ)

●推せるトコロ…新鮮味のあるデザイン。どのエンジンも燃費がよく、ハイブリッドはTHSの固定観念を打破する瞬発力のある発進加速も好印象。アイドリングストップを廃した英断も大いに評価したい。このクラスなのにヤリスクロスに運転席パワーシートや電動テールゲートを採用したのは快挙。

●注意すべき点…安普請なインテリアはデザインがユニークなだけになお残念。走りではボディ剛性は高いが、いろいろ煮詰め不足の感あり。直進性がよろしくなく、乗り心地が硬めで振動も気になる。ヤリスについては、ACC作動時に車速約25km/hを下回ると前車の追従機能が解除されるのも惜しい。

●人気グレード
1)ハイブリッドZ
2)G
3)X

●値引き17万円 ※値引き引き締め傾向

次ページは : ■ホンダ フィット(2020年 登録車 第3位/155万7600~253万6600円)

最新号

ベストカー最新号

日産が前へ動き出す! 日産スクープ総力特集!|ベストカー 7月10日号

本日、ベストカー7月10日号発売!!日産伝統のスポーツモデルの最新情報、セダン特集などをお届け。さらにランクル300の生写真も独占入手!!

カタログ