日産のe-POWERは再びトヨタとホンダを駆逐できるのか?

日産のe-POWERは再びトヨタとホンダを駆逐するのか?

 日産、起死回生の救世主といえば、e-POWERだろう。e-POWERはエンジンを発電のみに使うシリーズ方式のハイブリッドで、ブレーキペダルを踏まなくてもアクセルペダルの操作だけで速度をコントロールできるワンペダルの目新しさもあって、爆発的な人気となった。

 2012年9月に販売されたノートにこのe-POWERが加わったのは2016年11月だがラインナップに加わった途端に人気爆発。発売月の11月にはなんとサニー以来30年ぶりとなる月間販売台数1位を獲得したばかりか、年間販売台数でも2017年2位と伸び続け、2018年には1位を達成してしまう。

 一方、2016年8月に登場したセレナも、2018年3月にe-POWERを追加すると、販売効果は劇的に表れる。2018年1~6月の上半期販売台数では5万6095台でミニバン1位を獲得。2018年の暦年でも9万865台でミニバン1位、2019年も勢いは衰えず9万2956台で2年連続1位を達成した。

 まさに、e-POWERは、日産にとっては、逆転ホームラン的な救世主となっている。そのe-POWERは現在、コンパクトSUVのキックスと、新型ノート、そしてセレナe-POWERに加え、2021年秋に登場予定の新型エクストレイルにも搭載される予定だ。

 はたして、e-POWERの相次ぐ投入で、ヤリスやヤリスクロス、ライズのトヨタ勢、フィットやヴェゼルなどのホンダ勢を駆逐することができるのか、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏が解説する。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部

【画像ギャラリー】電動化に向けて加速! 日産の今後を支えるe-POWER搭載車を見る


e-POWER追加で年間販売台数1位を獲得したノート

2016年に投入されたe-POWERが人気を博した先代ノート。2017~2019年において、3年連続コンパクトカーの販売台数NO.1を獲得した

 今後は二酸化炭素の排出抑制を視野に入れ、従来以上に燃費規制が厳しくなる。そして燃費を向上させれば、ユーザーも出費を抑えられる。つまり販売促進でも大きなメリットを得られるから、各メーカーともに燃費の向上には力を入れる。その結果、ハイブリッド車も増えた。

 メーカーによってハイブリッドシステムは異なるが、巧みなCM効果もあって認知度を高めたのが日産のe-POWERだ。e-POWERは2016年11月にノートに搭載され、2018年3月にはセレナも採用した。2020年にはキックスもe-POWER専用車として登場している。

 e-POWER搭載車はこの3車種だが、ノートとセレナは好調な売れ行きを達成した。そのために2020年に日本国内で販売された日産の小型/普通車の内、46%をハイブリッドが占める。このなかはスカイラインハイブリッドなども含まれるが、大半はノート/セレナ/キックスのe-POWERと考えてよい。

 過去を振り返ると、先代ノートは2016年11月のマイナーチェンジでe-POWERを加え、発売月となる11月の月間販売台数は1万5784台で1位となった。これはサニー以来30年ぶりの快挙。

 その後、2017年には売れ行きを前年の1.4倍に急増させ、13万8905台で年間販売台数2位(1位はプリウス)。2018年には。13万6324台を販売し、年間販売台数1位を獲得(2位はアクア)。そして2019年には11万8472台で2位(1位はプリウス)。2020年はヤリスやライズ、フィットが登場したこともあり、7万2205台で年間販売9位となっている。

 セレナは2018年3月にe-POWERを追加して、同年の登録台数は前年の1.2倍に増えた。2018年、2019年と2年連続ミニバン販売台数1位に輝いた。

ノートとセレナにe-POWERを追加して販売が伸びた2つの背景とは?

2016年8月に発売、2018年3月にe-POWERが追加された現行セレナ。2019年8月のマイナーチェンジでは、緊急ブレーキなどを含む全方位運転支援システムを全車標準装備

 ノートとセレナがe-POWERの追加で売れ行きを伸ばした背景には、2つの理由があった。ひとつ目はe-POWERの商品力が高いことだ。ハイブリッドだから燃費性能が優れ、e-POWERはエンジンが発電を行って駆動はモーターが担当するから、加速感も滑らかでノイズも小さい。

 モーターは瞬発力が強いため、アクセル操作に対して車両が機敏に反応するメリットもある。つまりe-POWERは、燃費、動力性能、滑らかさ、静粛性などをバランス良く向上させて、魅力的なパワーユニットになった。

 さらにe-POWERでは、エコ/スポーツモードを選択すると、アクセルペダルを戻すと同時に強めの回生が行われる。減速エネルギーを使って発電を行い、駆動用電池に充電する制御が活発になるわけだ。

 そのためにエコ/スポーツモード時に、アクセルペダルを大きく戻すと、速度も大幅に下がる。この特性を利用すると、アクセル操作だけで速度を自由に調節できる。強めの減速を必要としない街中の通常走行では、ブレーキペダルを踏む機会がほとんどないほどだ。

 この「ワンペダル走行」は、e-POWERの副産物と考えられる。ハイブリッドを含めたほかのクルマとは運転感覚が異なるので、違和感が生じたり好みに合わないこともあるが、日産は上手に宣伝してe-POWER搭載車の好調な売れ行きに結び付けた。

e-POWERの「ワンペダル走行」イメージ図

 ノートとセレナがe-POWERで売れ行きを伸ばした2つ目の理由は、日産車のラインナップ事情だ。2011年以降の日産では、リーマンショックによる世界的な不況の影響もあり、国内で発売される新型車が滞っていた。

 特に2015年頃になると、ティーダなども廃止され、好調に売れる日産車は、先代ノート、先代セレナ、現行エクストレイル、先代型のデイズやデイズルークスに限られていた。そのために売れ行きも下がり、国内における日産の販売順位は、トヨタ、ホンダ、スズキ、ダイハツに次ぐ5位となっていた。

 その一方で日産は保有台数が多いから、乗り替えを希望するユーザーも豊富だ。2012年には先代ノートが登場したが、ティーダなどのユーザーから見ると物足りない。購入したい車種が見つけられずユーザーが困っていた時、2016年にノートにe-POWERが加わって乗り替え需要が集中した。

 e-POWERは前述の通り加速が滑らかでノイズは小さい。ワンペダル走行にも新鮮味がある。当時は先進性を実感できるハイブリッドだったから、ノーマルエンジンを搭載するノートに比べると、満足感も高く売れ行きも伸びた。

 一時はノート全体の約80%をe-POWERが占めた。前述の通り2018年には、小型/普通車の登録台数1位にもなった。セレナも事情は似ている。売れ行きを伸ばせるミドルサイズ以上の日産車が乏しく、販売力がセレナに集中した。

 当時、トヨタの販売店からは「売れ筋の商品が限られる中で、日産の販売会社があれだけのセールスを保てるのは立派。販売力でしっかりと勝負している」という声も聞かれた。

 このようにe-POWERは、CM効果まで含めた商品力と「e-POWERしか売れるクルマがない」切実な事情によって売れ行きを伸ばした。

 e-POWERが成功したと一概に喜べる状況ではなかったが、日産はそのように受け取り、当初は日本向けだったe-POWERを環境技術の中心に位置付けている。燃費向上のニーズは海外が日本よりも強いほどだから、e-POWERの開発は世界的にもタイムリーであった。

次ページは : 現行ノートとキックスはe-POWERしかラインナップしなかった理由