SUVブームは30年前を超えられるか?? 1990年代に大活躍したクロカン名車の雄姿


 無骨で四角いボディに高い車高、オーバーフェンダーとビッグサイズのオフロード用タイヤを装着し、フロントにはウインチを付け、野山や砂漠を駆け抜ける――。90年代に一世を風靡した、クロカンSUV(当時はRVといっていた)。

 SUVの主流が、流麗なプロポーションのクロスオーバーSUVである現代に、これらのクロカンを見かけると、実に新鮮でカッコイイと感じる。実際に、アウトドアブームも手伝って、ファッション感覚で古いクロカンに乗る若者も多いようだ。

 今回は、90年代に活躍したクロカンSUVを、国産車を中心に振り返ってみようと思う。SUVが大流行してる現代だが、今回取り上げたクルマはすべて、国内ではすでに絶版となってしまっている。

文:吉川賢一
写真:TOYOTA、NISSAN、MITSUBISHI、ISUZU

【画像ギャラリー】いま見てもカッコイイ!! 逞しくて美しい、90年代のクロカンたちをギャラリーで振り返る


トヨタ ハイラックスサーフ

 90年代クロカンでまず外せないのが、トヨタ「ハイラックスサーフ」だ。ピックアップトラックのハイラックスをベースにしたモデルであり、凛としたフェイスや、おしゃれなボディデザインで、当時の若者たちに大人気となった。90年代に発売されていたのは、2代目のN130系(1989~1995)と、3代目のN180系(1995~2002)だ。

 V6エンジンを搭載し、マルチモード4WDと呼ぶセンターデフ付パートタイム4WDを備えるなど、走りのポテンシャルも高く、評判も良かった。テレビCMでは、BGMにSTOMP(楽器を使わずに道具や手足を使って音を出す)を採用し、若いダンサーたちがクルマの周りを踊りまわる、という演出が新鮮で印象的だった。

 日本では、2009年にランドクルーザープラドに統合されるかたちで、販売終了となったが、海外では、現在も通算5代目が「4Runner」という名称で販売されている。

2代目ハイラックスサーフ 従来のFRPトップからスチール一体ルーフや、ボディ各部のフラッシュサーフェス化でよりスポーティになった

日産 テラノ

 そのハイラックスサーフ最大のライバルが、日産「テラノ」だ。ピックアップトラックであるダットサントラックをベースとするクルマで、90年代に発売されていたのは、初代テラノのWD21型(1986~1995)と2代目のR50型(1995~2002)。ちなみに2代目テラノは、95~96年の日本カーオブザイヤー特別賞を獲得している。

 キャッチコピーは「100分の1から1000分の1秒へ」。スカイラインGT-Rにも搭載されていた4WDシステムである、最新のオールモード4×4を備えており、走行条件に応じて前後輪のトルク配分を100:0から50:50(直結)の範囲で制御、ハイラックスサーフよりもオフロード走行性能は優れていた。CMソングは、電気グルーヴの「シャングリラ」。コチラも若者をターゲットにしたクルマであった。

初代テラノの2ドアモデル 先日、みなとみらいの日産ギャラリーに展示されていたが、その洗練されたデザインは、今でも通用するのでは? と思うほど、カッコよかった

次ページは : いすゞ ビッグホーン

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ