次期クラウンSUVとセンチュリー級SUVはいったいどうなる? 噂の真相を追う!


 2020年11月11日付の中日新聞が報じた「次期クラウンSUV化」は大きな話題となったが、さらに2021年1月13日、今度は中部経済新聞が「センチュリー級SUVをトヨタが開発」という驚きの情報を放った。

 はたして、本当に次期クラウンはSUVになるのか? またセンチュリー級SUVをトヨタが開発している情報の信憑性は? ベストカースクープ班が真相に迫る!

文/ベストカースクープ班
写真/ベストカー編集部 ベストカーweb編集部 トヨタ ローロスロイス
CGイラスト/ベストカー編集部

【画像ギャラリー】これが次期クラウンSUV&次期センチュリー級SUVだ! 予想CGイラストを大公開!


報道された内容は本当に正しいのか?

2018年6月にデビューした15代目となる現行クラウン。2020年11月2日の一部改良では内外装の質感を向上させるとともに、12.3インチTFTタッチワイドディスプレイ採用のT-コネクトSDナビゲーションシステムや進化した最新の予防安全パッケージ「トヨタセーフティセンス」を採用
2018年6月に登場したセンチュリー。2020年は兵庫県知事の公用車に使われていることが問題になた

 次期クラウンSUV、センチュリー級SUVを報道した2つの新聞社は、トヨタのお膝元である名古屋発の情報だけに信憑性は高い。

 名古屋には中部経済圏の要であるため、経済新聞関連の記者クラブがあり、トヨタをはじめ中部地区の大手企業の情報を発信していて、これまでも新型車に関する正確な記事を出してきた実績もある。

 情報源はもちろん秘密だろうが、地元名古屋だけにトヨタの役員が口を滑らせることもあるだろうし、トヨタの思惑でリークされたものもあるだろう。いずれにしても、まったく無視できる話というわけでもない。

 2020年、センチュリーを巡っては、兵庫県知事の公用車が税金を使うのに、高額すぎるのではないかとバッシングされ、今後の首長クラスの公用車や官庁の公用車などの選定で、こうした伝統ある高級車に暗雲が立ち込め始めた時期でもある。

 こうしたなかでのセンチュリー級SUV情報というのは、あり得る話ではある。この時、兵庫県知事のセンチュリーに対し、広島県知事の公用車はマツダCX−8であり、災害地視察等でも高い走破性能が発揮され、しかもリース料も安価という報道もあった。

 そうであればトヨタとしても動く可能性はある。しかも記事には年間生産「1000台」規模という具体的な数字もある。

 当然、最初に疑問に思ったのは、このセンチュリー級SUVはこれまで報じられてきたクラウンSUVとは別のクルマなのか、ということだ。この点について、信頼できるトヨタ関係者に直接聞いてみた。

高級SUVはレクサスブランドでは? それとも……

センチュリー級SUVは、2018年のデトロイトショーで公開されたレクサスLF-1リミットレスではないかと予想する(CGイラストはベストカーが製作したもの)

 話を聞いたトヨタ関係者によれば、センチュリー級SUVというのは、「今のところ聞いていない」ということだった。

 続けて、進行中のポルシェカイエンに対抗するレクサスの最高級SUVは、まだ市販型のネーミングは明らかにされていないが、2018年のデトロイトショーで公開されたコンセプトカー、LF-1リミットレスのことではないかと推測した。

 ただし、2021年中に登場する予定だったこの超高級SUVも大幅に遅れていて、投入時期は大きくずれるということだった。

 理由は開発中の新型エンジン、4L、V8ツインターボの開発にまだ時間がかかり、このエンジンなくしてはヨーロッパの高級スポーツSUVには対抗できないし、存在理由も希薄になるためだという。

 ただ、電動化が急がれる今の世の中の大きな流れのなかで、このエンジンの必要性に疑問もあり、場合によってはこのプロジェクト自体が消滅する可能性すらあるということだ。

 その代わりの企画として、センチュリー級SUVが動き出す可能性はあるかもしれないと付け加えている。

 確かにレクサスであればポルシェカイエンやBMW X8、アウディQ7などの高級スポーツSUVがターゲットになるだろうが、トヨタブランドでクラウンよりも上質なセンチュリー級SUVとなれば、ロールスロイスカリナン、ベントレーベンテイガとまではいかなくても、キャデラックエスカレードクラスの「黒塗り」が似合うSUVが生まれる可能性はある。

 つまり、トヨタの開発内部でもこのセンチュリー級SUV計画について、現時点では共有されておらず、本当であっても、まだ一部の部署でしか知られていない企画段階の話で、新聞で報じられているような2023年に市販化できるか、というと承認から生産までの時間を考えると疑問が残る、といったところだろう。

 あるいはトヨタ側のリークで世論調査、マーケットリサーチの一環であることもありえる。

2018年9月、自動車工業会の定例会見で豊田章男社長を乗せて登場したセンチュリーGRMN。黒塗りではなく、違うボディカラーだとSUV化されても違和感はない。現行センチュリーをSUV化するとセンチュリーロイヤルの寝台車仕様と近いものになるのだろうか
ロールスロイスの超高級ラグジュアリーSUV、カリナン

次ページは : 注目のクラウンSUVはどうなるのか?