アルトワークスの魅力とは? こんなに安くて面白いクルマは世界でこれだけ!!

アルトワークスの魅力とは? こんなに安くて面白いクルマは世界でこれだけ!!

 独身ならまだしも、既婚者にとってはスポーツカーを所有するなんて夢のまた夢。お子さんがいればなおさら、「よくてSUV、最悪ミニバン」という選択を強いられているかたは多いことだろう。

 だからといって、家族が満足するクルマと別にスポーツカーを所有するできる方は限られているし、そもそも、昨今は嫌われる傾向にあるスポーツカーなど、買わせてもらえない、というパターンもある。

 そんなかたにお薦めなのが、見た目は普通の軽ハッチ「アルトワークス」だ。本稿ではアルトワークスの魅力を存分にお伝えしていく。

文:吉川賢一
写真:SUZUKI、TOYOTA、NISSAN、MITSUBISHI、DAIHATSU、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】こんなに安くて面白いクルマは他にない!! アルトスポーツモデルとアルトワークスの歴代モデルをギャラリーでチェック!!


軽ハッチなのにめちゃくちゃ速く、超軽量で超コントローラブル!!

 1987年に誕生した初代アルトワークスは、3気筒4バルブDOHCインタークーラーターボを積んだホットモデル。当時、最大のライバルであったダイハツの軽ターボ、「ミラTR-XX」の対抗馬として開発されたアルトワークスは、排気量550ccながらも、軽として異例の64psものハイパワーエンジンを搭載していた。

 専用チューニングが施されたサスペンションや、当時、クラス初の13インチ65タイヤ、大型フォグランプ、フルエアロチューン、スポーティな雰囲気にあふれたインテリアパーツなど、クルマ好きをくすぐるカッコよさが満載だった。

初代アルトワークスは1987年2月に登場 64ps/7.3kgmを発揮する543cc直3ターボと2WD、4WDの組み合わせは痛快 ハイパワー軽ターボブームを席巻した1台だ
初代アルトワークスは1987年2月に登場 64ps/7.3kgmを発揮する543cc直3ターボと2WD、4WDの組み合わせは痛快 ハイパワー軽ターボブームを席巻した1台だ

 軽サイズのコンパクトカーでありながら、コーナーはめちゃくちゃ速く、かつ超軽量で超コントローラブル。当時の若者達(現在50~60歳ごろのお兄様方)は、「小粒でもピリリと辛い」とか、「リトルモンスター」と表現し、虜となっていた。

 この初代アルトワークスのコンセプトは、その後に続く歴代モデルにも引き継がれ、2000年12月のアルトのマイチェンで一旦モデル廃止になるまで、多くのファンに愛され続けた。

丸目2灯ヘッドライトになった2代目アルトワークス 1990年3月に660ccエンジンへの換装で新規格に対応した
丸目2灯ヘッドライトになった2代目アルトワークス 1990年3月に660ccエンジンへの換装で新規格に対応した
1994年11月にフルモデルチェンジした3代目アルトワークス デザインは2代目のキープコンセプトとなった
1994年11月にフルモデルチェンジした3代目アルトワークス デザインは2代目のキープコンセプトとなった
1998年10月に登場した4代目アルトワークス なお2000年12月のマイナーチェンジで消滅した
1998年10月に登場した4代目アルトワークス なお2000年12月のマイナーチェンジで消滅した

次ページは : クルマは「軽さが命」をもっとも実感できるクルマ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

ジムニー5ドアにGT-R2024年モデルとズラリ! 小山慶一郎さんも登場!! ベストカー2月26日号

ジムニー5ドアもGT-R 2024年モデルも、デリカミニも丸ごと載ってる「ベストカー」2月26日号、発売中。特集は「昨年登場した日本車たちの進化度」と「今年登場する日本車たちの期待と不安」。 キャンプ好き、NEWSの小山慶一郎さんのインタビュー記事もあります!

カタログ