ロードスターは最安こそ最良!? 玄人好みの隠れ優良グレード 4+2選

 クルマには多くのグレードが設けられるのが通例だ。そのなかで人気になるのは、発表直後は一番上のグレードで、その後徐々に上から2~3番目あたりなったりする。

 しかし、クルマ好きに言わせれば「コレが一番いいんだよ!」というのが、意外かつ地味なグレードの場合もある。そういうグレードを見つけるのが、クルマ好きの醍醐味だったりする。

 そこで、改めて価格表を睨み、「これだよ、これ!」という、シブいねらい目グレードを集めてみました。

文/清水草一、写真/ホンダ、マツダ、ルノー、編集部

【画像ギャラリー】期間限定車 ロードスター RS White Limited Selection&歴代車をみる


シビックハッチバック/6MT車

シビックハッチバック(6MT車)/294万円

 あまりの販売不振により、セダンがラインナップから消滅したシビック。現在は量産FF車ニュルブルクリンク世界最速を誇る「タイプR」と、その下の「ハッチバック1.5ターボ」の6MT&CVTという、たったの3グレードになっている。

 そのなかでシブくオススメなのは、1.5ターボの6MTだ。王道はタイプRだけど、さすがにタイプRはホンモノすぎる! 存在が重い! 値段も高い! と感じる方もいらっしゃるはず。そんな方に是非お勧めしたいのがこちらです。玄人好みです。

 そりゃまぁ、タイプRの320馬力には比べるべくもないけれど、それでも1.5ターボは182馬力もある! 6MTもあるんだよ! 充分というかちょうどいい速さだし、とっても楽しいよ! 

 見た目も「おとなしいタイプR」って感じで、迫力充分&適度にシブイ。タイプRが空力のカーニバル状態なのに比べると、ちょっと抑えたオトナのテイストですね。

 お値段もタイプRより約200万円安い! この差はデカい! デカすぎる!

ロードスター 「S」

ロードスター 「S」(6MT車)/260万円

 どれだけ価格表を睨んでも、一番安いグレードが一番オススメなのは、ロードスターだけだった!

 現行ロードスターは、初代より小型軽量化を実現したという奇跡のクルマ。エンジンも初代の1600から1500ccへ、自然吸気のままダウンサイジングしている。こんなクルマは他にない。

 そしてロードスターに乗ると、「これは遅さを楽しむクルマだ!」とひしひし感じる。ボディが軽いので決してそんなに遅くはないですが、低い速度でクルマを操る楽しみを見出すべきクルマなのです。言い方を変えると、「ゆっくり曲がっても挙動を楽しめるクルマ」なのですよ!

 そんなロードスターは、最廉価グレードの「S」の6MTが断然ベスト! なぜって、これが一番ゆっくり曲がって楽しめるから!

 理由は、まずはサスペンションが最もソフトで、姿勢変化が大きいこと。ハンドルを切るとすすすーっとたおやかなロールが始まり、スローなワルツを踊ってるみたい! 

 ところがひとつ上の「Sスペシャルパッケージ(6MT)」になると、途端に姿勢変化が抑えられて、なんだかフツーのスポーツカーっぽくなって物足りない。「RS」はもはや論外。

 ロードスターは、「S」の6MTだけが、車両重量1トン切りの990kgに収められている。この軽さがまた効いている! 

 「Sスペシャルパッケージ」のATは、サスペンションは「S」と同じだけど、6MTに対して60kg重いし、駆動のダイレクトさも損なわれる。

 ってことで、一番安いグレードがベストなんだから、これを選ばないテはなかろう!

 と思うんだけど、やっぱり最廉価グレードはあまり売れていないらしく、中古車の流通台数を見ると、全体のわずか7%となっておりまする。

マツダ3ファストバック「15S」/6MT車

マツダ3ファストバック「15S」(6MT)/222万円~

 これは、本当の本当にシブ好み。色即是空&即身成仏な選択であることを、あらかじめお断りしておきます。

 マツダ3の車両重量は1300kgちょい。そこに最高出力111馬力、最大トルクの149Nmの、1.5L自然吸気エンジンが組み合わされている。パワーもトルクも盛り上がりは皆無に近い。オイシイ回転域がない! 端的に言ってかなり遅い!

 マツダ3ファストバック自体は、世界的に見てもトップクラスの美しいハッチバックボディを持ち、2020年末のマイナーチェンジにより、サスペンションもしなやかになった。インテリアはもともと質感が高い。

 つまり、良く言えば、「シャシーが速い優良車」ということになるんだけれど、いかんせん、あまりにもパワーが……。重いし非力だし、6MTを駆使しても遅い! シフトダウンしてもロクに加速しない! 加速の悪さを真剣に楽しめる方限定でオススメです!

フォレスター「SPORT」

フォレスター「SPORT」1.8ターボ/329万円

 現行フォレスターは、マイルドハイブリッドのe-BOXER(2L NAエンジン+モーター)が主力になっている。

 先代には280馬力の2L直噴ターボもあったのに~。現行モデルも2020年10月のマイチェンまで2.5L NAがあったのに~、こんなに大人しくなっちゃって。

 そんななか、唯一のピュアガソリンエンジンモデルが、1.8Lターボエンジンを積む「スポーツ」だ。

 最高出力177馬力。先代の280馬力には遠く及びませんが、眠くて燃費も期待外れのe-BOXERよりは、こっちがいいんじゃないか。

 どうせ燃費悪いんだから。そんな投げやりな気持ちになってしまいます。これでいいのかスバリストよ! いいんですかね。是非もなしですかね。

 最後に付け足しで、「シブ好みだけど、シブすぎてちょっと……」なグレードを2つ紹介させていただきます。

スイフト「RS」

スイフト「RS」(5MT)/178万円

 スイフトスポーツは、1.4Lターボエンジンで140馬力、トルクもモリモリでメッチャ楽しい! 

 一方こちらの「RS」は、1.2L NA(91馬力)と5MTとの組み合わせ! 6MTじゃなく5MTってのが泣かせるぜ! ないパワーをうまく使って走らせるカイカンを満喫できる!

 とは思うものの、「RS」は178万円。あと23万円上乗せすれば、断然パワフルで、ネガも皆無のスイスポの6MTが買えてしまう。

 その23万円がどうしても出せない! 逆さに振っても178万円が限度! というなら仕方ありませんが、私なら血を売ってでもスイスポを買います。23万円でぜんぜん違うもん……。

ルノー トゥインゴ「S」

ルノー トゥインゴ「S」/181万円

 トゥインゴ唯一の5MT! RR(リアエンジン・リア駆動)の5MTなんて本当にマニア泣かせだ! 値段だって181万円。トゥインゴの中で一番安い。クルマ好きなら迷わず「S」!

 と言いたいところだけど、「S」のエンジンは1L NAの73馬力。最大トルクは95Nmだ。車両重量は950kg。かなり非力でごわす。

 対するEDC(ツインクラッチ)モデルは、0.9Lターボで92馬力/135Nm。パワーもだけどトルクが違う。アクセルを踏んだ時の挙動が違う!

 ターボならRRらしい、空冷時代の911みたいなリヤの張り出しが味わえるんだけど、「S」のパワー/トルクじゃムリ! どんだけアクセル踏んでも何も起きない! それがさみしい……。

【画像ギャラリー】期間限定車 ロードスター RS White Limited Selection&歴代車をみる

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】GT-RにマイルドHVあり!? 知りたい情報を全部載せ!! |ベストカー3月10日号

 今号は読者の皆様が知りたがっているスクープ情報を一気に掲載する集中BIG特集として「全部載せSCOOPスペシャル」をお届け!   スープラGRMNやGT-Rマイルドハイブリッド、レクサスLFなど「選択と集中」で見せる全11台の情報をお届け…

カタログ