異端か 成功への足がかりか 平成生まれのクセ者カー列伝

■デザインひとつでクルマは変わる トヨタ WiLL Vi(1000年)

 異業種合同プロジェクト「WiLLシリーズ」の第1弾。初代ヴィッツ1.3モデルをベースに「カボチャの馬車」と呼ばれるクセ者的ボディをかぶせた。

トヨタ WiLL Vi(1000年)
トヨタ WiLL Vi(1000年)

■ステップワゴンがデートカーに変身 ホンダ SM-X(1996年)

 走り屋を卒業した若者にターゲットを絞ったスタイリッシュワゴン。ベースはステップワゴンで、アメリカンムードを醸し出した。前席ベンチシート仕様やローダウン仕様もあった。

ホンダ SM-X(1996年)
ホンダ SM-X(1996年)

■1990年代レトロカーブームの落とし穴 スバル インプレッサカサブランカ(1999年)

 1990年代後半のレトロカーブームは多くのクルマを惑わせた。硬派なインプレッサもこのとおり。素晴らしく自由!

スバル インプレッサカサブランカ(1999年)
スバル インプレッサカサブランカ(1999年)

■リーフの10年前に売っていた日産初EV 日産 ハイパーミニ(2000年)

 リーフ誕生の10年前に完成していたマイクロEV。今あれば人気の出そうなクルマだが、約350台の生産で終了。

日産 ハイパーミニ(2000年)
日産 ハイパーミニ(2000年)

■ガソリン49万円、HV129万円の衝撃 スズキ ツイン(2003年)

 2735mmの短いボディの2シーターシティコミューターで、49万円の安さが光った。トランクに鉛バッテリーを満載したハイブリッドもなかなかのクセ者で、こちらの価格は129万円もした。当然、売れず無念の敗退……。

スズキ ツイン(2003年)
スズキ ツイン(2003年)

■路面電車をイメージした小型ミニバン ホンダ モビリオ(2001年)

 欧州の路面電車をモチーフにした斬新なデザインの3列シート小型ミニバン。スタイルが斬新すぎたかヒットしなかったが、後継車のフリードは人気車に。コンセプトはよかったのだ。

ホンダ モビリオ(2001年)
ホンダ モビリオ(2001年)

【番外コラム】平成最初のクルマと最後のクルマ

 平成になって初めて登場した新車は、1989年1月15日登場の日産パオ。

 最後は2019年3月28日の日産現行デイズ。その後、4月17日にはGT-Rの20年モデルが発売になっているが、純粋な新型車とは言えないので割愛。なお、昭和の最後は1989年1月1日発表の日産エスカルゴだった。

平成最初はパオ
平成最初はパオ
昭和最後はエスカルゴだった
昭和最後はエスカルゴだった
日産現行デイズが平成に出た最後の日本車。狙ってできることでもないだけに、いい記念?
日産現行デイズが平成に出た最後の日本車。狙ってできることでもないだけに、いい記念?

【画像ギャラリー】記録よりも記憶に残った!? 平成のクセ者たちをギャラリーでチェック!!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタセリカ復活計画、始動!? 新型ホンダフリードの獲れたて新情報も盛りだくさん!【ベストカー6月10日号】

トヨタ自動車の壮大なるBIGネーム復活計画の第四弾は……なんとトヨタセリカ!? 新型ホンダフリードの注目情報や、レーシングドライバー岩佐歩夢選手の新旧ホンダスポーツカー試乗など、GW明けから全力投球な企画だらけです!