86&BRZ フェアレディZ…買うなら最後の機会か?? 令和に新型となる名スポーツ車カレンダー

これが電動化前最後??? 令和にモデルチェンジする平成の名スポーツモデルたち

 平成時代に活躍したスポーツモデルのなかから、今後フルモデルチェンジが計画されているクルマたちをピックアップ。令和の時代になり、クルマの在り方が変わっていくなかでも継続してくれるありがたいモデルたちだ。

 ここで挙げるのは9台だが、「電動化」が明確になっているクルマは意外と少ない。また、MTを備えることがウリのひとつになっている場合もあって、スポーツモデルはまだ平成の延長線上にあることが伝わってくる。

 でも、おそらくそれも次の世代が最後だろう。古きよきスポーツモデルを味わえるのも、これが最後かもしれない。

※本稿は2021年1月のものです
文/ベストカー編集部 写真/TOYOTA、SUBARU,NISSAN、HONDA、SUZUKI 予想CG/ベストカー編集部
初出:『ベストカー』2021年2月26日号

【画像ギャラリー】現行型と比較! 新時代期待の国産スポーツモデルをギャラリーでチェック!!!


■トヨタ/スバル 新型86&BRZ(2021年8月頃デビュー)

 BRZは内外装が公開されており、86もこれに準じたデザインとなる。エンジンは231ps/25.4kgmの水平対向2.4Lで、現行の2Lから排気量アップ。

 もちろん、FRが踏襲される正常進化型のモデルチェンジだ。

全長4265×全幅1775×全高1311mmで、現行型とほぼ同じ小さなサイズをキープ。デザインもキープコンセプトだが、しっかり新しさをアピール。86のデザインはいかに?

 プラットフォームも新しいスバルグローバルプラットフォームではなく、現行型のキャリーオーバー。

 ただし、インナーフレーム構造を改良することでボディ剛性は大幅に向上するという。デビューは今年8月。今後大きな動きがありそうだ。

■日産 新型フェアレディZ(2022年3月頃デビュー)

 次期Zはプロトタイプがすでに公開されており、デザインはほぼこのままで登場。エンジンはV6、3Lツインターボで405ps仕様と300ps仕様の2種類となりそう。6MTの搭載も明言されている。デビューは来年春頃だが、今年秋の東京モーターショーで市販型が公開される可能性が高い。

 昭和の時代から続く伝統のZも純ガソリンエンジン車はこれが最後となりそう。今からZ貯金を始めておくことをお薦めします。

価格は400万円台スタートが期待できる

次ページは : ■スバル 新型WRX STI(2022年3月頃デビュー)