新型エクストレイルもe-POWERだけに!? ハイブリッド専用車は増えるか


 法人需要もある日産 ノートも新型は全車e-POWERでガソリン車は「なし」。ハイブリッド専用車は今後増えるのか?

 2020年12月に発売された日産 新型ノートの潔い割り切りが話題だ。同車を含むコンパクトカーでは、トヨタのヤリスやホンダのフィットなど、いずれもガソリンエンジン車とハイブリッド車の双方をラインナップしている。

 そんななか、新型ノートは全車ハイブリッドのe-POWERとなってデビュー。レンタカーや営業車としての需要もあり、価格競争力が問われるコンパクトカーでは極めて異例の決断といえる。トヨタにはプリウスを筆頭に、ハイブリッド専用車が黎明期から存在しているが、今後はどうなるのか?

文/渡辺陽一郎 写真/TOYOTA、NISSAN、HONDA

【画像ギャラリー】e-POWERのみとなった日産 ノート。ハイブリッド専用車の今後はどうなる?


■今や登録車の約4割が電動車! HVの王道はガソリン車との「併売」

全車ハイブリッドのe-POWERとなって登場した日産 新型ノート。潔い割り切りが話題だ

 2020年に国内で販売された登録車のうち、40%弱がハイブリッド車や電気自動車などの電動車(モーター駆動を利用するクルマ)であった。

 この背景には、主にハイブリッドの増加がある。トヨタは以前からハイブリッドが豊富だったが、近年では日産がノートやセレナにe-POWERを加え、ホンダもステップワゴンやCR-Vにe:HEVを設定した。スバルはXVやフォレスターにe-BOXER、三菱もエクリプスクロスにPHEVを搭載した。

 これらの車種では、電動機能を使わないノーマルエンジン車とハイブリッドを、両方とも用意することが多い。以前はノーマルエンジン車のみだったが、マイナーチェンジやフルモデルチェンジの際に、ハイブリッドを加えてきた。

 一方でハイブリッド専用車もある。プリウス、アクア、インサイトに加えて、ノート、アコード、カムリは、以前はノーマルエンジンも用意したが、現行型はハイブリッドのみだ。キックスも海外にはノーマルエンジン車があるが、日本仕様はe-POWER専用になる。

 最も多いパターンは、セレナやステップワゴンのように、ノーマルエンジンにハイブリッドを加えるものだ。

 ハイブリッドのみにすると、価格がコンパクトカーでも、ノーマルエンジンに比べて少なくとも35万円は高まる(マイルドハイブリッドを除く)。高額な車種は50万円以上の上乗せだ。これではユーザー層を狭めるので、ノーマルエンジンとハイブリッドの両方をそろえる。

■ハイブリッド専用車「2つのパターン」とガソリン車なしの理由は?

もともとハイブリッド専用車として生まれたトヨタ アクア。世界初の量産ハイブリッド車であるプリウスも同様だ

 対するハイブリッドのみの車種には、2つのパターンがある。

 ひとつはプリウス、アクア、インサイトなど、もともとハイブリッド専用車として生まれたクルマだ。1997年に初代プリウスが世界初の量産ハイブリッド乗用車として発売されて以降、アクアが登場する2011年頃までは、ハイブリッドはまだ目新しい技術だった。

 そこでハイブリッド専用車を開発すれば、優れた環境性能が外観デザインにも表現され、遠方から見てもハイブリッドだとわかる。ユーザーの満足感を高め、環境技術を特徴とする法人からも好評だった。

 取引先に出向いた時、「御社は社用車もプリウスなんですね」という反応を受けられるからだ。法人のイメージアップにも繋がった。

 ハイブリッド専用車の2つ目のパターンは、ノート、アコード、レジェンドのように、以前はノーマルエンジンも用意したが、現行型はハイブリッドのみになるものだ。

 この背景にはクルマ造りの効率化がある。ノートの開発者は次のように説明した。

 「新型ノートは液晶メーターの採用など、先代型に比べて内装の質を高めた。これは価格が200万円を超えるe-POWERだから可能になった」

 「(価格が150~160万円の)ノーマルエンジン車では、このメーターや内装はコスト的に採用できない。そうなれば2種類の内装を用意する必要がある。そして先代ノートの販売比率を見ると、e-POWERが75%前後に達したので、ノーマルエンジンは廃止した」

海外向けの大型セダンであるホンダ インサイトは国内での大量販売は望めないため、e:HEV限定となった

 いわゆる選択と集中で、キックス、インサイト、アコードなどにも同様の事情がある。キックスはタイで生産される輸入車だから、グレード、メーカーオプションパーツ、パワーユニットの種類を抑えたい。

 インサイトやアコードは、海外向けの比較的大柄なセダンだから、日本で大量な販売は望めない。そこでe:HEVに限定した。

 このようにハイブリッドとノーマルエンジンを併用するか、それとも専用車か、という判断は、今までの流れ、開発/製造費用、国内市場の販売計画台数などに応じておこなわれる。

 大量販売を積極的に狙う車種で、開発/製造費用も費やせるなら、ノーマルエンジンとハイブリッドを両方とも採用できる。しかし、開発/製造費用をあまり掛けられなかったり、ノーマルエンジンの販売規模を見込めない場合はハイブリッド専用車になる。

 特にプリウス、アクア、インサイトは、ハイブリッドの普及段階で専用車として発売されたから、市場に強いインパクトを与えた。今さらノーマルエンジンは用意できない。仮にプリウスに直列4気筒2Lノーマルエンジンを搭載するグレードを加えたら、売れないだけでなくイメージダウンも招く。

次ページは : ■今後はクラウンや新型エクストレイルも「ハイブリッド専用化」へ!?

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ