レヴォーグ以上かも!? 革命的進化を遂げたクルマ5台


 2020年10月にフルモデルチェンジした新型レヴォーグは、先代モデルと比べると“別次元の進化を遂げた”と評価される声も多い。しかし、そのような革命的進化を遂げたフルモデルチェンジは過去にもあった! 

 現在の2代目レヴォーグ以上かもしれない!? 革命的な進化によるモデルチェンジで登場した歴代日本車の5モデルを片岡英明氏が紹介します!

文/片岡英明
写真/日産、ホンダ、三菱自動車、ベストカー編集部

【画像ギャラリー】新型レヴォーグ超え!? モデルチェンジで大ヒットした国産車5台はこちら!!


■スズキ 2代目スイフトスポーツ [2005年登場]

2代目のスイフトスポーツには専用のM16A型エンジンを搭載、足回りにはモンローのショックアブソーバーを採用。スポーツ入門モデルとして高い評価を得た

 初代スイフトはジュニアWRCに参戦し、スポーティな走りを磨いていった。初代モデルで得られたノウハウと技術を使って開発されたホットハッチが2代目のZC31S型スイフトスポーツだ。

 ラリーで圧倒的な強さを見せたフォードのフィエスタをベンチマークに、ボディやサスペンションなどの剛性アップに取り組んでいる。そしてヨーロッパでも徹底的に走り込んだから、走りの実力は衝撃的に高められていた。

 ベース車のスイフトでさえ、初代スイフトスポーツより高いポテンシャルを秘めている。2005年9月に加わった第2世代のスイフトスポーツは、排気量を100cc増やしたことあり、走り始めてすぐに違いを実感できるほど進化していた。

 電子制御スロットルを採用した1.6LのM16A型直列4気筒DOHCはパワースペックだけでなく冷却性能も向上させている。だからサーキットを走ってもタフだ。2速から上をクロスさせた5速MTは7000回転まで実用になる。

 ショックアブソーバーは名門のモンロー(テネコ製)で、ホイールは5穴だ。足の動きがいいからヒラリと舞うような軽快な身のこなしを見せ、狙ったラインにピタリと寄せることができる。

 特に後期モデルはヨーロッパ仕様そのものの味付けとしたから、さらに正確性とワクワク度が増した。スズキって、こんなクルマを作れるんだ、と驚愕した名車が2代目のスイフトスポーツだ。

■日産 R32型スカイライン [1989年登場]

「90年代に世界No.1の操縦性能を実現する」ことを目指した901運動を受け、R32型スカイラインが誕生。GT-Rはモータースポーツの世界で数多くの功績を残した

 4輪操舵のHICASを採用した7代目のR31スカイラインの軽快なハンドリングに驚かされたが、それを大きく凌ぐ衝撃を与えてくれたのが8代目のR32スカイラインだ。

 1990年に走りの性能において世界ナンバーワンを目指した「P901活動」の成果が多くのところに見られた。ステアリングを握ると、世界一のスポーツカーを造る、という意気込みが感じ取れるのだ。

 大きく進化したな、と感嘆したのがハンドリングである。4輪に最新のマルチリンク式サスペンションを採用し、HICASも熟成度を上げたから、意のままの気持ちいいハンドリングを存分に味わうことができた。復活したGT-Rに注目が集まるが、操る楽しさにおいて一歩上を行くのはFRモデルだ。

 電子制御トルクスプリット4WDを採用したGT-Rは速いし、同じ速度なら安定感、安心感も上だが、GT-Rの登場を想定していたためか2Lモデルは世界最高レベルの素直なハンドリングを実現している。

 高い領域までしっかりコントロールでき、とても楽しいのだ。テクニックに応じて操る醍醐味を満喫できる。

 R32スカイラインはエンジンもいい。RB20DE系エンジンは洗練度を高め、ターボは刺激的だ。GT-RのRB26DETT型DOHCツインターボは痛快な加速を誰にでも引き出せ、音色のよさも魅力。

次ページは : ■ホンダ 6代目シビック [1995年登場]

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ