次期アクアか!? 欧州でAセグメント用GA-Bプラットフォーム発表 どんなクルマが登場する?


 トヨタのヨーロッパ法人は2021年3月3日にヤリス、ヤリスクロスに続く新世代のコンパクトカー用プラットフォームTNGA、GA-Bを使った欧州Aセグメントカーの生産を継続すること、そしてこのAセグメントカーが加わるとヨーロッパでのGA-Bプラットフォームを使ったモデルの年間生産台数が50万台に拡大することを発表した。

 さて、このGA-Bプラットフォームを使ってどんなモデルが登場するのか? 

 今のところ具体的な情報はほとんどないが、ヤリス、ヤリスクロスに続くGA-Bプラットフォームを使った第三のモデルとなるトヨタの新しいAセグメントカーがどんなクルマになるか、考察していきたい。

文/永田恵一
写真/トヨタヨーロッパ

【画像ギャラリー】GA-Bプラットフォーム第三弾はいつ登場する? 次期コンパクトカーの予想CGと現行ラインナップを見る 


現在トヨタの欧州向けAセグメントカーはどうなっている?

トヨタGA-Bプラットフォームは、TNGA(Toyota New Global Architecture)の一環として誕生した次世代プラットフォーム。今後の投入計画はどうなるのだろうか?
2014年登場の欧州向けコンパクトカー、2代目アイゴ。トヨタ、プジョー、シトロエンの協業によって誕生した。ボディサイズは全長3465×全幅1615×全高1460mm

 まず欧州Aセグメントカーというのは日本車ではトヨタパッソ&ダイハツブーン、日産マーチや三菱ミラージュ、輸入車ではVW UP!などに相当する小さめのコンパクトカーで、世界的に見れば各メーカーともエントリーカーとして重要なこともあり力を入れているジャンルである。

 トヨタは現在欧州向けAセグメントカーに2014年登場の現行型で2代目となるアイゴを持っている。

 2005年に初代モデルが登場したアイゴは「欧州向けAセグメントカーが必要」という思惑が一致したトヨタ、プジョー、シトロエンがそれぞれアイゴ、107→108、C1という兄弟車を3社が合弁で設立したチェコ共和国に工場を持つTCPAで生産されるモデルだ。

 アイゴは全長3465×全幅1615×全高1460mm、ホイールベース2340mmという軽自動車を少し大きくしたイメージのボディサイズの、全体的にシンプルながらコンパクトカーらしい明るい雰囲気を持つモデルで、エンジンはパッソ&ブーンやヤリスにも搭載されダイハツが開発生産を担当する1リッター3気筒NA(72ps/93Nm)を搭載する。

 なお、TCPAは2021年1月から車名をTMMCZ(トヨタ・モーター・マニュファクチャリング・チェコ共和国)に変更されたと同時に、トヨタのヨーロッパ法人のものとなっている。

 そのためAセグメントカーにおけるトヨタとプジョー&シトロエンとの協業は現行モデルで終了となる可能性が非常に高く、アイゴ後継車が有力視されるGA-Bプラットフォームを使ったトヨタのAセグメントカーは今後トヨタ独自に近い形で再出発すると思われる。

GA-Bプラットフォームを使ったAセグメントカーはどうなる?

トヨタ次期Aセグメント用のGA-Bプラットフォーム模式図
現行車ではヤリス、ヤリスクロスに搭載されているGA-Bプラットフォーム。次期Aセグメントのサイズはヤリスより小さく、骨格は軽量かつ簡素になるとみられる

 GA-Bプラットフォームを使った欧州向け次期Aセグメントカーに関しては現在プレスリリースとプラットフォームの写真が公開されているだけのため、プラットフォームとエンジンやトランスミッションといったパワートレーンについて予想してみる。

●プラットフォーム

 Aセグメントカー用GA-Bプラットフォームの写真を見るとフロントとリアセクションに手が加えられており、ド真ん中のコンパクトカーとなるヤリスに対し小さく軽いクルマになるのに対応し、軽量化やコスト軽減の目的も含め全体的に簡略化されたものとなりそうだ。

 またトヨタの基幹技術となっている2モーターハイブリッドは、ボディサイズの小ささによりリアシート座面下に燃料タンクと配置される駆動用バッテリーが置きにくいと思われる。

 さらにプレスリリースに「内燃機関の搭載により、手の届きやすい価格に抑える」という言葉があることもあり、超小型モーターを使ったマイルドハイブリッドが設定されることはあるとしても、2モーターハイブリッドが搭載される可能性は低いと思われる。

●パワートレーン

 1リッター級の3気筒NAガソリンエンジンを搭載するのは現行アイゴと同様だろう。ただ、アイゴに搭載される1リッター3気筒エンジンは登場が2004年登場の初代パッソ&ブーンのときとさすがに古い。

 かといって「トヨタが新たにAセグメントカー用のエンジンを開発する」というのにも疑問に感じるところもあり、そこで浮上するのがトヨタと資本提携を結ぶスズキの存在だ。

 というのも2019年3月20日にトヨタとスズキが発表した2社による協業の内容の中に「デンソーとトヨタが支援するスズキの新開発エンジンをトヨタモーターマニュファクチャリングポーランドで生産し、トヨタの小型車に搭載する」というものがあり、これこそがトヨタの欧州向け次期Aセグメントカー用なのではないだろうか。

 もしそうであれば、スズキが得意とするマイルドハイブリッドの設定や2ペダル車はMTの操作を自動化したAGSとするなど、価格も重要なAセグメントカーにはドンピシャリに感じる。

 またトヨタの欧州向け次期Aセグメントカーがスズキのパワートレーンを搭載するのであれば、かつてのスプラッシュのようなポジションのようなモデルとしてトヨタからスズキに供給される可能性も考えられる。

次ページは : 次期アクアもGA-Bプラットフォームで2021年中に登場

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ