前代未聞!!? 陸上自衛隊名寄駐屯地に潜入!! その様子をダイジェストでお届け!!!


 前代未聞! 日本最北の地にある陸上自衛隊名寄駐屯地の主要車両イッキ乗りに覆面コラムニスト、フェルディナント・ヤマグチが挑む!!!

 本誌『ベストカー』渾身の企画をダイジェストでご紹介!!!(動画もあるよ!)

※本稿は2021年3月のものです
文/フェルディナント・ヤマグチ、ベストカー編集部 写真/ベストカー編集部 撮影/平野 学
初出:『ベストカー』2021年4月26日号

【画像ギャラリー】名寄駐屯地の誇る車両、“陸自メシ”、そして取材の様子をギャラリーでチェック!!!


■フェルディナント・ヤマグチ突撃 陸上自衛隊名寄駐屯地

 北海道の旭川と稚内を結ぶ都市、名寄市(なよろし・2006年に名寄市と風連町が合併)には、日本最北に位置する陸上自衛隊の駐屯地として名寄駐屯地が存在する。

 北の大地を守る極寒のこの地に陸上自衛隊の基地が作られたのは旧ソ連が近かったからだが、そんな冷戦時代の“北の脅威”に対する最前線として名寄駐屯地は1952年に創設された。現在では約1700名の自衛官が勤務している。

駐屯地前で敬礼!

 前置きが長くなったが、本誌連載陣のひとりである覆面コラムニスト、フェルディナント・ヤマグチ氏をはじめ、ベストカー本誌編集部・渡邊と平野学カメラマンの3人で特別取材班を結成し、北海道の現地へ向かうことになった。

 今回の取材で尽力してくださったのが名寄駐屯地のトップであり、第3普通科連隊長名寄駐屯地司令の山﨑潤一等陸佐だ。

 一等陸佐は旧陸軍での大佐に該当する職位であり、我々取材班を旭川空港ではなんと96式装輪装甲車で出迎えてくれたのである。

96式装輪装甲車。このクルマが旭川空港にいきなり現われれば皆驚く!

 そして名寄駐屯地内では数々の陸上自衛隊車両を用意してもらい、フェルディナント・ヤマグチ氏が同乗試乗に果敢にチャレンジした。

 おそらく民間人としてここまで陸上自衛隊車両に同乗したのはフェルディナント・ヤマグチ氏以外にいないであろう。空前絶後のことだ。

 いったい、どんな車両に同乗試乗したのか、ダイジェストでみていこう。

■99式155mm自走榴弾砲

 パッと見には戦車に似ているのだが、その目的と性能は戦車とは大きく違う。この自走砲は戦車のように走りながら弾を撃つことができず、必ず停車してから射撃するようになっている。

 射程距離は約40kmを誇り、車体は三菱重工製で、砲塔と手法は日本製鋼所が作っている。

99式155mm自走榴弾砲

次ページは : ■96式装輪装甲車(クーガー)

最新号

ベストカー最新号

【新型86/BRZ 世界初公開】5ドアジムニー最新情報入手!!|ベストカー5月10日号

ベストカー5月10日号、本日発売!! 4月5日に全世界公開されたばかりの新型トヨタ86/スバルBRZの情報をベストカー本誌の独自視点で分析します!5ドアジムニー最新情報も登場。

カタログ