【ジューク、アクセラ、ジェイド…】販売台数は少ないけど応援したい国産車たち


クルマ好きは、なぜか売れてないクルマの話題が好きだ。

「あんなの、売れるわけないよハッハッハ」と留飲を下げられるから? いや、決してそれだけではない。「いいクルマなのになぁ、かわいそうに」と、強い同情を寄せることもある。判官贔屓というヤツだ。

どっちにせよ、売れないクルマのことをあれこれ考えるのは、なぜか楽しい。

ということで今回は、クルマ好きがつい判官贔屓したくなるクルマを5台選んでみた。いずれも尊敬できる部分を持ちながら、売れ行き不振にあえいでいるモデルです。
文:清水草一


●スズキ・イグニス 2018年4月月販台数 701台

スズキ イグニス(現行型2016年2月発売)
スズキ イグニス(現行型2016年2月発売)

イグニスはすばらしい! ほとんど欠点のない、美点だらけのクルマだ!

まずデザインがいい。スズキは「凛としたフロントマスク、美しく張り出したフェンダーアーチ、そしてシャープで豊かなショルダーライン」と言っているが、まったく異論なし! 全

高は高めながら、後ろから見たフォルムは完全な台形で、大地をしっかり踏ん張っていてスポーティ。このどこかやんちゃな顔付きも、コンパクトカーだけど適度に「なめんなよ」と言ってる雰囲気でイイ。

インテリアはさらにステキだ。ぜんぜんゴージャスではないけれど、抜群にセンスがいい。まるでイタリアの小型車! キャビンにいるだけで楽しくなってくる。

走りもいい。スズキの1.2Lエンジンは実にトルクフル。しかもイグニスは車重わずか900キロ前後だから、ビックリするほど軽快に走る。マイルドハイブリッドで燃費もイイ。

こんなにイイのに、いったいなぜ売れないんだろう……。キャビンがヨーロッパ車的に台形な分、室内が狭く感じるからだろうか? 確かに軽ハイトワゴンのほうがぜんぜん広いですけど、クルマの中身だけ見れば、現在の10倍売れてもおかしくないのですが……。

●ホンダ・ジェイド 2018年4月月販台数 1台

ホンダ ジェイド(現行型2015年2月発売)
ホンダ ジェイド(現行型2015年2月発売)

私は一時、真剣にジェイドRSの購入を検討した。だってものすごく印象が良かったから!

ジェイドのどこがいいか。まずデザインがいい! これはかつてのホンダ・アヴァンシアの再来! いや、アヴァンシアをぐっとスポーティに、スタイリッシュに洗練するとジェイドになる。これこそワンダーシビックから続いた、砲弾型フォルムの完成形!

ジェイド最大の美点。それはハンドリングだ。こんなにも意のままに気持ちよく曲がってくれるミニバンは他にありません! いや、ミニバンというカテゴリーは完全に超えている。

最大のポイントは重心の低さだ。かつてホンダは2代目オデッセイで、ミニバンでありながら究極の重心の低さを追求し、NSXをも上回る操縦性を目指したが、ジェイドにはその古き良き伝統が生きている! ミニバンの走りに退屈しきっているオトーサンも、ジェイドに乗れば必ず息を吹き返す!

が、悲しいかな、ジェイドは恐ろしいほど売れてない。想像を絶する大惨敗である。価格設定が高すぎたのと、ミニバンとしては室内がとても狭かったことが敗因と言われております。

オトーサンの情熱は、またしても実用性の前に敗退した。しかしジェイドよ、キミの情熱は決して忘れない! ありがとうジェイド~~~~!

次ページは : ●マツダ・アクセラハイブリッド 2018年4月月販台数 42台

最新号

ベストカー最新号

【新型プリウス デザイン判明!!】 EVスポーツで「セリカ」復活|ベストカー6月10日号

 外出自粛が続く今、自宅で紙の「ベストカー」本誌を眺めるのもいいものです。本日5月10日発売のベストカー6月10日号、注目企画はトヨタのこの先のパワーユニット戦略を暴くスクープ。水素燃焼エンジンやe-FUELの開発状況にも迫ります。  その…

カタログ