ランクル300 アルファード ヤリス…強烈なグリルを持つクルマ「日本車グリル王選手権」

強烈なグリルを持つクルマ「日本車グリル王選手権」

 新型ヴェゼルは、ボディ同色グリルがクルマ好きの間で賛否両論を巻き起こした。保守的な価値観からすると、ボディ同色グリルには微妙に違和感がある。ホンダもそれは認識していて、メッキ縁のブラックグリルも選べるようにした。

 アウディがシングルフレームグリルを大ヒットさせて以降、自動車デザインにおけるグリルの重要性は増し、存在感をどんどん強めている。「自動車デザインの本質は全体のフォルムにあり!」とはいうものの、現実は「グリルのインパクトで勝負!」といっても過言ではない。

 その流れはEVにもおよんでいる。2021年3月に発表されたレクサスのEV「LF-Z Electrified(エレクトリファイド)」は、EVでありながらグリルを持つ。

 しかもそれは「グリルレスグリル」。グリルがないのにグリルがあるという、すかし絵のようなボディ同色グリルにより、EVとしての存在感と個性を表現しようとしている。EVといえども、グリルの呪縛から逃れられないのだ。

 そこで今回は、いい悪いは抜きにして、とにかく強烈なグリルを持つ国産車をランキングしてみた。強烈≒(ニアリーイコール)違和感。不肖清水草一のまったくの独断ですのでよろしくお願いします。

文/清水草一
写真/ベストカーweb編集部 トヨタ 日産 ホンダ 

【画像ギャラリー】強烈なグリルを持つクルマ「日本車グリル王選手権」ベスト10を写真でチェック!!