あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び


 クルマならなんでも大好きなベストカーだが、特に日本車、なかでも庶民的な価格でフレンドリーなクルマが大好物。ベストカーの記事を読んでくださっている皆さまにも、そういうタイプの方が多いのではないだろうか。

 そんな私たちには素通りできないミニカーブランドがある。神奈川県横浜市の模型メーカー、株式会社インターアライドの「ハイ・ストーリー」だ。

 担当、たまたま見つけたのだが、そのラインナップが秀逸! 今回している写真を見てもらえばわかるとおり「ミニカーではありそうでなかった国産名車」のオンパレード。1979年のミラージュ1600GTや1986年のレオーネRX/II、1988年のジェミニZZ(すべて1/43サイズ)などを見つけた時には「こういうミニカーを待っていた!」と叫びそうになったほどだ。

 後半には営業部の方へのインタビューも掲載。少数派にこだわるハイ・ストーリーのミニカーたちをご覧あれ!

※本稿は2021年5月のものです。紹介しているミニカーはすべてレジン製1/43スケールです
文/ベストカー編集部 車両解説/永田 恵一 写真/株式会社インターアライド
初出:『ベストカー』2021年6月26日号

【画像ギャラリー】現行モデルもあるぞ…! 本文で載せきれなかったものも含め30モデルをギャラリーでチェック!!!


■痒いところに手が届くラインナップ! ありそうでなかったモデルたちがズラリ!!

●トヨタ スプリンタートレノ(1974)…1万780円(税込)

 2代目トレノは2ドアというのはレビンと同じでもクーペのレビンに対し、歴代唯一のハードトップボディで、GTグレードも設定。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ スプリンタートレノ(1974)…1万780円(税込)

●三菱 ギャランΣ(1977)…1万780円(税込)

 3代目ギャランはΣのサブネームが付き、モデルサイクル途中に兄弟車のエテルナΣも加わったが、パッとしないままモデルサイクルを終えた。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
三菱 ギャランΣ(1977)…1万780円(税込)

●三菱 ミラージュ1600GT(1979)…1万780円(税込)

 初代ミラージュは3ドアと5ドアのハッチバック、セダンを持ち、副変速を加えることで4×2の8速となるMTがあったのも大きな特徴だった。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
三菱 ミラージュ1600GT(1979)…1万780円(税込)

●トヨタ スターレットSi(1982)…1万780円(税込)

 2代目スターレットはスターレットとしては最後のFR車で、後期モデルで追加されたSiはEFIの装着によりパワーアップされた(8月発売予定)。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ スターレットSi(1982)…1万780円(税込)

●ホンダ シティターボII(1983)…1万780円(税込)

 ターボIIは最初のターボに対しインタークーラーの追加で110馬力にパワーアップされたほか、ターボのスクランブルモードも装着。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
ホンダ シティターボII(1983)…1万780円(税込)

●トヨタ カローラレビンカスタマイズ(1983)…1万780円(税込)

 AE86はレビン&トレノとしては最後となるFR車で、その人気はアフターパーツの豊富さなどもあり、未だに衰えていない。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ カローラレビンカスタマイズ(1983)…1万780円(税込)

●トヨタ コロナハードトップGT-TR(1983)…1万780円(税込)

 コロナはこのモデルまでFRだったが、セダンやセリカのFF化により次の世代からFF化され、ハードトップはクーペに移行した(8月発売予定)。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ コロナハードトップGT-TR(1983)…1万780円(税込)

●ホンダ トゥデイ(1985)…1万780円(税込)

 初代トゥデイは全高の低い3ドアのみという思い切ったモデルで、リーザやセルボとともにスペシャルティな「軽自動車御三家」を形成した。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
ホンダ トゥデイ(1985)…1万780円(税込)

●スバル レオーネRX/II(1986)…1万780円(税込)

 3代目となるレオーネは登場時から4WD以外すべてにおいて古さが否めず、このモデルを最後にレガシィとインプレッサにスバルの将来を託した(7月発売予定)。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
スバル レオーネRX/II(1986)…1万780円(税込)

●マツダ ファミリアカブリオレ(1986)…1万780円(税込)

 6代目ファミリアに設定されたカブリオレはロールバーが付く点などゴルフに近い雰囲気を持ち、1.5Lターボを搭載していた。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
マツダ ファミリアカブリオレ(1986)…1万780円(税込)

●いすゞ ジェミニZZ(1988)…1万780円(税込)

 2代目ジェミニのモデルサイクル後半に復活したスポーツモデル。1.6L+DOHCを搭載し、サスペンションはしなやかなロータスチューンだった。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
いすゞ ジェミニZZ(1988)…1万780円(税込)

●日産 マーチR(1988)…1万780円(税込)

 初代マーチのモデルサイクル後半に加わったモータースポーツ参戦ベース車両で、排気量を若干小さくしたターボ+SCを搭載。スーパーターボもあり。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
日産 マーチR(1988)…1万780円(税込)

●トヨタ カローラGT(1988)…1万780円(税込)

 4代目カローラセダンのスポーツモデルとなるGTは115馬力(グロス)の1.6L+DOHCを搭載。GTは3ドアなどにも設定された。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ カローラGT(1988)…1万780円(税込)

●スバル レガシィツーリングワゴン(1989)…1万780円(税込)

 初代レガシィはエンジンなどすべてを新設計した社運を賭けたモデルで、特にツーリングワゴンのGTはイメージリーダーとなった(7月発売予定)。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
スバル レガシィツーリングワゴン(1989)…1万780円(税込)

●日産 ローレルメダリストV(1993)…1万780円(税込)

 先代となる6代目ローレルは大成功を収めたモデルだったが、7代目モデルは今ひとつポリシーに欠ける点などにより不発に終わった(7月発売予定)。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
日産 ローレルメダリストV(1993)…1万780円(税込)

●ホンダ CR-V(1995)…1万780円(税込)

 初代CR-Vは乗用車ベースのSUVという点は初代RAV4に近かったが、広さと安さで大人気に。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
ホンダ CR-V(1995)…1万780円(税込)

●トヨタ カローラワゴン(1995)…1万780円(税込)

 7代目カローラベースのワゴンはワゴンブームのタイミングだったこともあり、途中1.6L+DOHCを追加するなどしながら、10年近く販売された。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ カローラワゴン(1995)…1万780円(税込)

●ホンダ プレリュード(1996)…1万780円(税込)

 5代目プレリュードは前外輪の回転数を増やし旋回性能を向上するATTSの搭載で注目されたが、最後のプレリュードとなった。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
ホンダ プレリュード(1996)…1万780円(税込)

●スバル レガシィツーリングワゴン(1997)…1万780円(税込)

 レガシィ人気は2代目モデルになっても続き、特にマイナーチェンジで加わったGT-Bはレガシィ人気を決定的なものにした。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
スバル レガシィツーリングワゴン(1997)…1万780円(税込)

●トヨタ アルテッツァRS200TRD(1998)…1万780円(税込)

 ミドルFRスポーツセダンとして登場したアルテッツァは直4、2LのRS200と直6、2LのAS200をラインナップしていた(7月発売予定)。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ アルテッツァRS200TRD(1998)…1万780円(税込)

●トヨタ バハ(2003)…1万780円(税込)

 バハは北米専用となる3代目レガシィのアウトバックを4ドアのピックアップ化したモデルで、面白いクルマではあった。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
トヨタ バハ(2003)…1万780円(税込)

●三菱 ランエボワゴンGT-A(2005)…1万780円(税込)

 ランエボワゴンはエボIXで加わり、機械式リアデフ+MTのGTに加えATのGT-Aも設定され、俗に9.5と呼ばれるIXのMRでも継続された。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
三菱 ランエボワゴンGT-A(2005)…1万780円(税込)

●三菱 コルトラリーアート バージョンR(2006)…1万780円(税込)

 モデルサイクル中盤に加わったこのモデルは1.5Lターボを搭載したパンチのあるスポーツモデルで、限定車のスペシャルではボディも強化された。

あなたの愛車も見つかるかも? 少数派モデルにこだわる「ハイ・ストーリー」のミニカー そのマニアックな悦び
三菱 コルトラリーアート バージョンR(2006)…1万780円(税込)

■インターアライド社 営業部の方にインタビュー!

──少数派のミニカーを販売するようになったのは、いつ頃からでしょうか?

 2007年よりレジン製(プラスチック系樹脂)ディスプレイミニカーをシリーズ化しました。この頃のミニカーはダイキャスト(金属)製が主流でした。

 ダイキャスト製は金型費用などの開発費や最小量産数などの制約もあり、ひとつの車種を製品化するために費用も時間もかかる場合がありますが、レジン製の場合は製品化までのスピードも最小量産数も、ダイキャスト製ミニカーと比べると圧縮が可能です。

 それならば、隠れた名車を製品化しよう、という流れになりました。

 少量生産が可能なため、大手メーカーならば(販売数が見込めない)リスクが伴うような、これまで製品化されていないモデルを積極的にミニカー化し、弊社のブランドの方向性としました。

──商品化する車種の選択方法(理由など)はどのようなものでしょうか?

 他社メーカーでは製品化されることのないようなマイナーな名車、商用車やキャンピングカーなど「どうせならば面白いミニカーを作ろう!」といった理由が一番大きいかもしれません。

──過去、特に人気のあったミニカーにはどんなものがあったでしょうか?

 現在では『頭文字D』の劇中に登場する車両を再現したミニカーシリーズです。また、マツダ第6世代車種に関してもダイキャストミニカーシリーズとして製品化し、こちらもファンの方からご好評いただいております。

──主な購買層(年齢層など)がわかれば教えてください。

 いわゆるネオヒストリックカー(1980~1990年代)の車種が多いので、30~50代くらいの方々だと考えています。

──今後、どのような商品を予定されていますか?

 今後も「これまでミニカー化されていない名車を忠実に再現」していきます。製品化に関するリクエスト企画も一年に一度、弊社SNS上で展開しています。ファンの方からのご意見も積極的に受け付けていますので、よろしくお願いいたします。

*   *   *

 歴史に残るほどではないかもしれないが、クルマ好きの心に残っているクルマは山ほどある。そんなクルマを積極的にミニカー化してくれている「ハイ・ストーリー」の動きにこれからも注目したい。あなたの今の愛車、過去の愛車も見つかるかもね!

【画像ギャラリー】現行モデルもあるぞ…! 本文で載せきれなかったものも含め30モデルをギャラリーでチェック!!!

最新号

ベストカー最新号

【新型ランクルプラド 来年夏登場】新型86&BRZ初試乗!!|ベストカー8月26日号

本日、ベストカー8月26日号発売!! ランクルプラド、アルファードの次期型最新情報から、新型86&BRZ初試乗、シボレーコルベット公道初試乗など盛りだくさんの内容でお届けします!

カタログ