元グラドル&元ミニスカポリスも登場!! 2021年も大人気のレースクイーンたち

華やか&頼れる存在!! 様々なカテゴリで活躍するトップレースクイーンたち

 2021年もモータースポーツの各カテゴリーでサーキットを彩るレースクイーンたちの活躍があった。

 今回はドリフト競技D1と新型の登場でますます盛り上がりそうな86/BRZレースより、注目のレースクイーンをご紹介しよう。特に86/BRZレースには元グラビアアイドルの矢部美穂さんと大原がおりさんが登場するなど、話題の多いシーズンだったのだ!

文・写真/松永和浩

【画像ギャラリー】サーキットの内と外で縦横無尽に活躍する美しくパワフルなレースクイーンたち!!(23枚)画像ギャラリー

■ドリフト最高峰D1GPはSUPER GTで活躍するレースクイーンも参戦

ビタビタに寄せ合う大迫力の追走はD1GPの華。そしてもう一つの華がレースクイーンだ

 ドリフト競技の最高峰として知られるD1グランプリ。迫力のタイヤスモークでビタビタに寄せ合う大迫力の追走はまさにドリフトの華と言えます。そしてもう一方の華ともいえるレースクイーンも大迫力と言っても過言ではありません。

 2021シーズンはスーパー耐久とこのD1GPに参戦しているエヴァンゲリオンレーシング。GRスープラを初号機カラーにしたマシンは何と1000馬力以上とというパワフルさを誇ります。

 そんなエヴァンゲリオンレーシングのレースクイーンもパワフルなメンバーです。

 真希波・マリ・イラストリアス役として今年のエヴァンゲリオンレーシングのレースクイーンに参加しているのは霧島聖子さん。

エヴァンゲリオンレーシングの霧島聖子さん(右)と村上楓さん(左)

 日本レースクイーン大賞2019で大賞を受賞し、翌年はミスフラッシュ2021のグランプリに輝いたというレースクイーンとグラビアアイドルの2大タイトルを受賞した、いま一番乗っているレースクイーンと言えます。

 SUPER GTではWedsSportレーシングギャルズという大人気ユニットでレースクイーンを務めています。

 碇シンジ役としてエヴァンゲリオンレーシングのレースクイーンに参加している村上楓さんは昨年のSUPER GTシンティアム・アップル・ロータスのApple Prettysとして活躍。

 また2021年では「プロフェッショナル修斗ラウンドガール」も務めていて、精力的に活動の幅を広げています。

 D1GPの取材を行ったのは6月27日の第3戦筑波でしたが、この日に追走で優勝を果たしたのが2021 Sailun Drift Teamの内海彰乃選手。そのSailun Drift Teamのレースクイーンもまたパワフルなメンバーがそろっていました。

Sailun Drift Teamの小湊美月さん(右)と新 唯(あらたゆい)さん(左)

 2021 Sailun Drift Team Girlsというレースクイーンユニットのメンバーの一人、小湊美月さんはSUPER GTではZENT sweetiesを2020年、2021年と2年連続で勤めています。

 また2021年の東京オートサロンイメージガール「A-class」のメンバーとしても活躍。そしてMedibang日本レースクイーン大賞ではファイナリストに選出され、グランプリを目指して今まさに戦っているところ。新世代のレースクイーンの担い手として注目されています。

 新唯(あらたゆい)さんは2020年のSUPER GTでマッハ車検ギャルとして活躍されていました。また新唯さんも2021年の東京オートサロンイメージガール「A-class」のメンバーとしても活躍されました。

 自身もマツダロードスターNDを所有するスポーツカーマニアで、なおかつ自動二輪の免許も取得したアクティブ派です。

■86/BRZレースは大人気レースクイーンと往年のトップアイドルの競演が話題

ASSO MOTORSPORTSの矢部美穂さん(右)、大原がおりさん(中)、生田ちむさん(左)

 86/BRZレースは全国を転戦するレースとしては日本で一番多くのサーキットを転戦するシリーズだということは意外と知られていません。SUPER GTやスーパー耐久が開催されない北海道の十勝インターナショナルサーキットも含めて全7サーキットで開催されます。

 その86/BRZレースのプロクラスは現役のSUPER GTドライバーや往年の名ドライバーがガチンコのイコールコンディションで戦うことで人気を博しています。

 そのプロクラスで戦うミスターGTの異名を持つ現TGR TEAM SARDの監督、脇阪寿一さんが参戦するASSO MOTORSPORTのレースクイーンが2021シーズンで大きな話題となっています。

 SUPER GTのTGR TEAM SARDでDENSO KOBELCO SARD GR Supraを応援するOWLTECH LADYとして活躍する生田ちむさんは86/BRZレースの全戦に参戦してASSO MOTORSPORTの応援をしています。

 生田ちむさんは日本レースクイーン大賞で大賞を連続3回も受賞するなど、現役レースクイーンでありながらレジェンドと評価される偉大な功績の持ち主。2020、2021年と連続して西口プロレスのリングガールとしても活躍されています。

 そして大きな話題となっているのがかつてグラビア界を席巻したお二人がレースクイーンとして参加していること。

「見るとのやるのでは大違いという言葉がありますけど、レースクイーンのお仕事はまさにそれですね」と矢部さん

 矢部美穂さんは1992年に当時学研から発売されていた雑誌「Momoco」の「New MOMOCO CLUB」グランプリ受賞をきっかけに芸能界デビューし、その後は写真集や映画、ドラマ、バラエティ番組などでも大活躍した経歴をお持ちです。

 矢部さんはその長い経歴の中でも初めてとなるレースクイーンを2021年の86/BRZレースで経験されました。

 「見るとのやるのでは大違いという言葉がありますけど、レースクイーンのお仕事はまさにそれですね。クルマの横に立って笑っていればいい、というお仕事ではなく、しっかりドライバーさんをサポートしなくてはいけないし、それでいて華でなくてはならない。

 傘の扱いひとつにもルールがあるなどを生田ちむちゃんに教えてもらいながら今シーズンを楽しくやらせてもらいました」

 「現場でレースを観ていると、こんな世界があるんだ、ということを肌で感じてモータースポーツが好きになります。素晴らしい体験をさせていただきました。機会があったらまたやってみたいと思っています」と感動を語っていただきました。

 大原がおりさんは1997年にTV東京系列の「出動!ミニスカポリス」の3代目ポリスに就任したことで大ブレイク。その後はテレビや写真集を中心に活動し、CMなどでも活躍されていました。

「レースって面白い! と心から思いました」と大原さん

 友人でもある脇阪寿一さんとの会話の中でレースクイーンをやってみたいということで2020年の86/BRZレース最終戦でレースクイーンデビューを果たし、2021シーズンも継続してレースクイーンとして活躍されました。

 2シーズン目となる今シーズンではレースの魅力にも触れ「岡山で脇阪寿一さんが10台抜きをした時には、まるで魔術師か?というようなクルマの動きをみて、レースって面白い!と心から思いました」と語ります。

 また40歳を過ぎてからのレースクイーンデビューについては「夢ややりたいことっていうのは、やろうという強い気持ちがあればいつからでも出来るんだ、ということを表現したいと思ってのチャレンジでした。

 そのためには同じ事務所でトップレースクイーンだった藤木由貴ちゃんや、事務所は違いますがミスフラッシュ2021だった霧島聖子ちゃん、そして昨年の最終戦で一緒だった武田美憂ちゃん、それと今年同じチームの生田ちむちゃんなどに本当にいろいろと教わりながらやらせてもらいました」

 と語っていただきました。

 レースクイーンはSUPER GTやスーパーフォーミュラ、スーパー耐久だけではなく、もっと様々なカテゴリにフィールドを広げています。意外なレースに意外なレースクイーンがいらっしゃることもありますので、皆さんももっと様々なカテゴリに目を向けてレースを楽しんでいただけたら幸いです。

【画像ギャラリー】サーキットの内と外で縦横無尽に活躍する美しくパワフルなレースクイーンたち!!(23枚)画像ギャラリー