今あえて狙いたい! オヤジ臭ゼロのイケてる国産セダン

見逃していませんか? これなら乗りたいオヤジ臭なしのイケてる国産セダン

 セールス好調な輸入車のセダンに対して、いまや風前の灯火状態にある国産車のセダン。日本自動車販売協会連合会が発表した2022年3月の乗用車ブランド通称名別順位を見ても、シリーズ全車がカウントされるカローラとMAZDA3を除く国産セダンの最上位はクラウンの28位という惨憺たる状況だ。各社のラインナップも減少傾向にあることは周知のとおりだが、しかし! 魅力的なモデルがまだまだたくさん存在することもまた事実。

 セダンとはとかく“オジサンっぽい”などと揶揄されがちだけど、そんなことは言わせない! という、オヤジ臭を感じさせない国産セダンを改めて紹介していこう。

本文/FK、写真/スバル、トヨタ、日産、三菱

【画像ギャラリー】見逃していませんか? これなら乗りたいイケてる国産セダン(23枚)画像ギャラリー

今どきミニバンに負けないオラオラ顔が魅力「トヨタ カムリ」

見逃していませんか? これなら乗りたいオヤジ臭なしのイケてる国産セダン
2017年のフルモデルチェンジで生まれ変わった10代目カムリ。先代までの「いかにもセダン」というスタイリングが一新され、オヤジ臭が一掃された!

 TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)に基づくエンジンとプラットフォームの一新を受けて、2017年7月に登場したカムリ。

 そのストロングポイントといえば意のままの走り、クラストップレベルの燃費性能、上質な乗り味といったところだが、それ以上に見逃せないのは磨き抜かれた美しいスタイリングだ。外観のデザインはTNGAに基づいてエンジンと乗員レイアウトを下げることで低重心シルエットを実現。フロント周りもスリムなアッパーグリルと立体的なロワグリルを対比させて、低重心かつワイドなスタンスを際立たせている。

 加えて、抑揚のある面使いとシャープなボディラインで構成したサイドビューや、ショルダーを張り出させることで安定感を演出したリアビューもアッパーミドルセダンの存在感をアピール。

 2018年8月にはショックアブソーバーのロッドガイドブッシュ、ピストンバンド、オイルを専用開発したスポーティグレードのWSを新たに設定。カーペットライドと称される優れた乗り心地とライントレース性を向上させ、洗練されたスタイルと応答性の高い操舵フィーリング&フラットな走りを融合させている。

すべてがアグレッシブ!! オヤジ臭ゼロのスポーツセダン「スバル WRX S4」

見逃していませんか? これなら乗りたいオヤジ臭なしのイケてる国産セダン
スバルのフラッグシップセダンのWRX S4。押し出しの強いエクステリアデザインが特徴的。スポーツカー好きの心も惹きつける! 

 SUBARUのAWDパフォーマンスを象徴するスポーツセダンとして圧倒的な存在感を放つWRXシリーズだが、2021年11月に発表された新型のWRX S4でも動力性能や操縦安定性、静粛性や乗り心地といったあらゆる性能をブラッシュアップ。卓越した走行性能と4ドアセダンの実用性を兼ね備えた唯一無二の存在として、各方面から高い評価を獲得している。

 従来モデルから排気量を400cc拡大した新開発の2.4リッター水平対向DOHC直噴ターボ“DIT”エンジンは低速域では力強いトルクを発生し、高回転域では途切れのない加速感を実現。

 また、エンジンとのきめ細かい協調制御がもたらす素早い変速や操作に対する高い応答性が魅力のスバルパフォーマンストランスミッションを搭載することで、市街地での普段使いからワインディングロード&高速道路まで走りの楽しさが味わえる仕上がりとなっている。

 もちろん、アグレッシブなデザインもWRX S4の魅力のひとつ。その最たる特徴でもあるフロントのヘキサゴングリルから始まる塊感や大きく張り出した前後フェンダーなど、ひと目見ただけで走りへの期待を駆り立てるエクステリアも秀逸のひと言に尽きる。

次ページは : オヤジのセダンとは言わせない! 圧倒的パワーが魅力「日産 スカイライン400R」

最新号

ベストカー最新号

新型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの見逃せない大型特集!! ベストカー6月10日号

発売中のベストカー6月10日号は次期型クラウンの「新着」情報SCOOPに加え、2つの大型特集が絶対的に注目です! 「注目車の〇と×」特集なんて、20数台の〇と×をズバリ評価。他誌ではない企画です。BC名物の「乗り心地テスト」企画も復活しています!

カタログ