総額1億円超え! 世界のスポーツカー9 台が音声収録のため JARIテストコースに大集結!!【MFゴースト アニメ化記念】VOL.4

■BMW M3/『MFゴースト』登場キャラクター・夏目慎太郎

BMW M3 コンペティション。3L 直6ツインターボエンジン(510ps/66.3kgm)と8速ティプトロミッションとの組み合わせで250km/hまで一気に加速。サーキット走行に特化しており、ADAS装備は搭載していない
BMW M3 コンペティション。3L 直6ツインターボエンジン(510ps/66.3kgm)と8速ティプトロミッションとの組み合わせで250km/hまで一気に加速。サーキット走行に特化しており、ADAS装備は搭載していない

 さまざまなモデルラインアップがあるBMWの中でレースに最適しているのはM3。『MFゴースト』では、夏目慎太郎(なつめしんたろう)というキャラクターがM3改をドライブしている。さらに車両は明らかになっていないが、第2戦で予選を突破し決勝レースに出場して完走している京極貴光(きょうごくたかみつ)もBMWで参戦している。

 M3で出場している夏目は一世代前のF80型のM3を改造している設定なのだが、音ロケでは現行のM3 コンペティション(G80型)をキャスティングした。

 F80に搭載されていたエンジンと現行M3は3L直6ツインターボと同様だが、G80型では新たに開発されたエンジンを搭載。510psを発揮するユニットを持つ。

 最新M3を床までアクセルを踏み込むと、その瞬発力は同じ排気量とは思えないほど力強い。そこに組み合わされた8速ティプトロミッションは、変速時のタイムラグはほとんどなく5速まではギアの繋がりがとてもよく、シフトアップするごとに加速して250km/hまでは風の抵抗も感じずに到達する。しかしながら260km/hを超えてからは空気の壁を感じて、若干だるい感覚はあるものの290km/hまでは記録した。

メルセデスAMG GT S。メルセデススポーツカーの最高峰マシンとなるGTのなかでも、より高性能なモデルである「S」。アルミやマグネシウムを多用したことで、4550×1940×1290mmと大柄なボディながら車両重量は1570kgに抑えられている

 M3の魅力は高い速度域からの制動性。車重重量は1740kgと軽量ではないもののブレーキは安定していてよく停まる印象だ。M8と比較すると170kgも軽いというのも評価が高くなる理由かもしれない。

 M3とM8ともにコーナーリング性能は好印象。全体的にスタビリティが高く攻めた走りをしても終始安定している。頑なにFR駆動を製造し続けるBMWのポテンシャルの素晴らしさを再確認する結果となった。ちなみに現行のM3 コンペティションの車両価格は1350万円。

■メルセデスAMG GT S/『MFゴースト』登場キャラクター・大谷洋介

メルセデスAMG GT S。メルセデススポーツカーの最高峰マシンとなるGTのなかでも、より高性能なモデルである「S」。アルミやマグネシウムを多用したことで、4550×1940×1290mmと大柄なボディながら車両重量は1570kgに抑えられている
メルセデスAMG GT S。メルセデススポーツカーの最高峰マシンとなるGTのなかでも、より高性能なモデルである「S」。アルミやマグネシウムを多用したことで、4550×1940×1290mmと大柄なボディながら車両重量は1570kgに抑えられている

 そして、ドイツ勢で忘れてはいけないのはメルセデスベンツだ。『MFゴースト』では、大谷洋介(おおたにようすけ)23歳がAMG GT Sで参戦している。

 MFGシリーズ参戦3年目のドライバーで、デビューイヤーからの2年間は経験を積むことに専念するクレバーな一面がある。ゼッケンナンバー7の神15ドライバーである。予選ではセクタートップタイムを叩き出す実力派なのだが、個人的には熱い部分が不足している印象もあるが今後、化ける可能性があるドライバーだ。

ドライサンプの4L V8ツインターボエンジン(510ps/66.3kgm)を搭載。メルセデスベンツの得意とする空力処理のおかげもあり、空気の壁を気にすることなく加速していく

 大谷が駆るマシンは、2014年9月に登場したAMGブランドのトップモデルGTをさらにパワーアップしたGT Sだ。発売当時の車両価格は1840万円。フェラーリやランボルギーニと比較するとリーズナブルな価格だが、23歳の若者が気軽に買えるクルマではない。

 AMG GTはロングノーズでホイールベースが長い特長的なデザインで、Cd値は0.36と高い速度域での安定性は抜群。搭載されたエンジンは、4L V8ツインターボで510ps/6250rpmを発揮。最大トルク66.3kgm(650Nm)/1750-4750rpmを発生する。

 停止状態からの加速では、路面温度が低いにも関わらずホイールスピンもすることなく加速状態に入る。パワートレーンが優秀でシフトアップするごとにエンジン回転がパワーバンドに入っているから、風をもろともせずに加速していく。GT Sもメーター読みで300km/h近いスピードを記録したが、驚かされたのは風を切る音が軽微なところ。AMGの空力のよさを物語っている。

ドライサンプの4L V8ツインターボエンジン(510ps/66.3kgm)を搭載。メルセデスベンツの得意とする空力処理のおかげもあり、空気の壁を気にすることなく加速していく
ドライサンプの4L V8ツインターボエンジン(510ps/66.3kgm)を搭載。メルセデスベンツの得意とする空力処理のおかげもあり、空気の壁を気にすることなく加速していく

 GT Sの魅力は見かけによらず車両重量が軽いところ。モノコックをアルミとマグネシウムを組み合わせることで車両重量を公式では1570kgまでにスリム化に成功。コーナーリング性能も高く、意のままにコントロールできる感覚があるのもAMGだ。

 メーカーが公表している0-100加速は3.8秒、最高速度は310km/hなのだが、これは事実だということが証明される結果となった。BMWとベンツ、さらにポルシェのドイツ勢の勢力図はMFGを圧巻することは間違いない。

 今後も『MFゴースト』に登場する車両の音声収録を予定しています。最新情報が入り次第、お伝えしていきますので乞うご期待!

【【画像ギャラリー】MFゴーストアニメ化記念 BMW M8&M3、メルセデスAMG GTの秘蔵ショットが凄い!(20枚)画像ギャラリー

■TVアニメ『MFゴースト』放送情報:2023年放送予定

■スタッフ
原作:しげの秀一(講談社「ヤングマガジン」連載)

■MFゴーストとは……
『MFゴースト』は、しげの秀一原作にて、2017年より「ヤングマガジン」(講談社)で連載中の漫画作品。単行本の累計発行部数は350万部を突破。同じく「ヤングマガジン」にて1995年から2013年まで連載され”公道最速伝説”を描いた『頭文字D』の近未来の世界観設定のもと、実在する公道でのカーレースバトルを描いている。原作コミックス最新巻、第14巻が好評発売中!

■イントロダクション
『頭文字D』より未来、西暦202X年。車の自動運転が普及した日本。そんな時代に、公道の自動車レースが開催されていた。世界中で人気を集めるレースの名はMFG。ポルシェ、フェラーリ、ランボルギーニなど最速を誇るマシンが次々に参戦していた。一方、イギリスのレーシングスクールを卒業したドライバー、カナタ・リヴィントンは、ある目的を果たすため日本に帰国するのであった。

『MFゴースト』アニメ公式HP

アニメ公式Twitter

原作公式HP

原作公式Twitter

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します