オヤジが沼る! 一度乗ったらやめられない!! 魅惑の沼車5選


 おじさん世代の口癖のひとつに「昔はよかった」というセリフがあるけれど、それはクルマも同じこと……と思っている人いませんか? いやいや、決してそんなことはありません! イマドキのクルマだってひとつやふたつ、いやそれ以上にたくさんの魅力に溢れているのです。じゃあ、それって何? ということで、ここでは一度乗ったらやめられないイマドキのクルマを紹介。人生一度は夢中になって抜け出せないくらいの沼にハマってみるのもイイかも!?

文/FK、写真/スズキ、スバル、トヨタ

【画像ギャラリー】沼っちゃう!! 魅力いっぱいのクルマたちをもっともっとチェック(17枚)画像ギャラリー

どっちも魅力的なSUV型BEVのbz4xとソルテラは似て非なる兄弟車!?

オヤジが沼る! 一度乗ったらやめられない!! 魅惑の沼車5選
スバルのアイデンティティが宿る大型のヘキサゴングリルをはじめ、精悍な4灯LEDヘッドランプやダイナミックなフェンダーデザインが力強さを感じさせるソルテラ

 2022年5月に発売開始となったBEV(電気自動車)のソルテラ。その特長は“e-SUBARU GLOBAL PLATFORM”と名付けられた新型プラットフォームの開発をはじめ、商品企画、設計、性能評価など多岐に渡ってトヨタと共同で行われていること。

 スバルのAWD技術とトヨタの電動化技術を融合して新しいSUVづくりを体現した一台と言っても過言ではないソルテラだが、トヨタからも兄弟車であるbz4xがサブスクリプションサービスのKINTOで提供が開始され、オーナー予備軍にとってはどちらを選ぶかで頭を悩ますところ。

 見た目で両車が異なるのはフロント周りのデザインでbz4xはフードからヘッドランプ上部へと連続するハンマーヘッド形状が特徴となるが、ソルテラではシームレスな造形のヘキサゴングリルでスバル車であることを強調。サスペンションも柔らかめで乗り心地の良さが際立つbz4xに対し、ソルテラはスポーティさを強調するやや硬めの設定がなされている。

 また、サウンドシステムも差別化が図られていてbz4xではJBL、ソルテラではハーマンカードンを標準装備。

 他にも細かい違いがあり、その違いがそれぞれの個性となるbz4xとソルテラ。71.4kWhの大容量バッテリーを搭載している恩恵もあって、約2トンという車重を感じさせない軽快かつ力強い走りも魅力の両車なだけに……アナタだったらどっちを選ぶ?

納車まで1年以上! それでもジムニーには絶対乗りたい理由がある

オヤジが沼る! 一度乗ったらやめられない!! 魅惑の沼車5選
丸みを帯びた流線的なデザインが主流の今だからこそ、ひときわ際立つ直線基調のボディ形状をはじめ、5スロットグリルや丸型ヘッドライトはジムニーの象徴とも言うべきディテールだ

 2018年7月に20年ぶりの全面改良が行われた現行のジムニー。発売から4年が経過しようとしているが、未だに納車まで1年以上の時間を要するほどの人気ぶりはクルマ好きなら周知の通り。その人気の要因のひとつに挙げられるのは、伝統の車体構成を継承しているところにある。

 例えば、Xメンバーと前後にクロスメンバーを加えたことでねじり剛性を先代モデルから約1.5倍向上させた新開発のラダーフレームしかり、FRレイアウトしかり、副変速機付のパートタイム4WDしかり、3リンクリジッドアクスル式のサスペンションしかり。

 1970年4月に軽自動車初の本格4WDオフロードモデルとしてデビューして以来、半世紀に及ぶジムニーならではのこだわりと技術が現行モデルにもしっかり継承されている、というわけだ。

 そんな伝統に加えて高い走破性能を実現するブレーキLSDトラクションコントロールを全車に標準装備したり、専用チューニングを施したR06A型ターボエンジンを採用するなど本格4WDオフロードモデルとしてのスペックと走行性能に磨きがかけられている現行のジムニーは、国産では数少ないラダーフレームを採用した本格派でありながらコンパクトで価格も手頃。

 軽なのに本格オフロード走行も楽しめるのだから、欲しくてウズウズするという人が多いのもナットクせざるを得ない。

次ページは : GR86&BRZは国産FRスポーツ最後の砦

最新号

ベストカー最新号

新型クラウン深掘り&注目4モデルの12連発試乗記!! ベストカー9月10日号

注目が続く新型クラウン。もっと情報を知りたい!という人向けへの「クラウン深掘り」企画。これがベストカー9月10日号の一番の目玉。さらに、その新型クラウンの第5のボディ、クーペの情報や、「SUVにしますか、ほかのタイプにしますか?」という特集も見逃せません!

カタログ