佐野ラーメン以外もすごい! リニューアルした佐野SA(下り)のグルメを全部盛り

 今夏注目のサービスエリアのひとつが、東北道の佐野SA(下り)。7月13日にリニューアルオープンし、施設もグルメも魅力度が大幅アップしている。佐野といえば、佐野ラーメンがまっさきに思い浮かぶが、リニューアルした佐野SAのおすすめグルメはラーメンだけではない。魅力あふれる新グルメを定番&変わり種の全部盛りでお届けしよう(※販売状況については、予告なく変更となる場合があります)。

 なお、高速道路のドライブのお供には『高速道路&SA・PAガイド 2022-2023年最新版』がおすすめ。こちらも参照してください!『高速道路&SA・PAガイド 2022-2023年最新版』はこちらから。

文/鈴木ケンイチ、写真/鈴木ケンイチ、NEXCO東日本

【画像ギャラリー】リニューアルした佐野SA(下り)のグルメを一気紹介(11枚)画像ギャラリー

エリア全体を公園に見立てるパーク化の第一弾

 東北道を40分ほど下って、鉄筋に囲まれた利根川の橋を渡れば、埼玉県は終わり。群馬県の館林市を通り過ぎると、今度は栃木県の佐野市に入ります。埼玉、群馬、栃木の県境にあるのが佐野SA(下り)です。佐野SA(下り)は、東北自動車道の起点となる川口JCTから60㎞ほどの位置にあり、最初のドライブ休憩にぴったりのサービスエリアと言えるでしょう。

 今回のリニューアルで佐野SA(下り)は「ドラマチックエリア佐野(下り)」となりました。普通のSAではなく、その地域の中核となる存在として、その土地ならではのドラマを演出するエリアです。ちなみに、これまでの建屋は、入口正面にフードコートがあり、その横にショッピングコーナー、そして左端にレストランが配置されていました。NEXCO東日本エリアのSAとしては、オーソドックスなレイアウトでしょう。レストランでは、朝食のバイキングが有名でした。

 しかし、今回のリニューアルによって、レストランは廃止に。その代わりに、ショッピングコーナーからフードコートまでが、ひと続きとなり、天井は高く、窓も大きくなりました。その結果、広々感が大幅にアップ。建物面積はほぼ同じなのに、個人的には以前よりも2倍くらい広くなったような印象です。とにかく明るくて広々としています。

広々として明るいフードコート

 しかも驚くのは、今回のリニューアルオープンは、佐野SA全体の大きな変化の第一歩にすぎないということ。将来的には、上下線のSAを行き来できるという佐野SAならではの特徴を活かし、上下線のふたつのSA全体で一つの大きな公園とする「佐野パークSA」という構想があるのです。今後は、園地のリニューアルと、カフェの設置も予定されています。まるでピクニックに来たかのように楽しめるSAを目指すとのこと。グランドオープンの日程は未発表ですが、その日が来ることを楽しみに待ちましょう。

次ページは : 「佐野らーめん」に「耳うどん」など充実の定番グルメ

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

ベストカー最新号

サッカー日本代表に負けじとアツい! 創刊45周年記念号 第2弾! ベストカー12月26日号

大盛り上がりのサッカー日本代表同様に、アツい内容でお届けするのが発売中のベストカー12月26日号! 創刊45周年記念第2弾の今号は名物の「ゼロヨンテスト」特集や今年を振り返る「クルマ界2022 The総括」特集。大注目の格好いい新型プリウスを丸裸にする特集もあります!

カタログ