ドリームワークスの新作は異色の動物ピカレスク!! 映画「バッドガイズ」いよいよ公開!!

ドリームワークスの新作は異色の動物ピカレスク!! 映画「バッドガイズ」いよいよ公開!!

 これまで多くのCGアニメーションを作成してきたドリームワークス・アニメーションが手掛ける新作『バッドガイズ』がいよいよ公開される。

 カーアクション満載の最新作は、鳥山明や宮崎駿といった日本のクリエーターからも大きな影響を受けたものとなっている。

 高いクオリティの映像は、ぜひとも劇場でみたい仕上がりとなっているのだ!

文/渡辺麻紀、写真/東宝東和 ギャガ
(C) 2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【画像ギャラリー】ドリームワークス最新作は嫌われ動物たちの怪盗ドリームチーム!! 映画「バッドガイズ」公開!!(10枚)画像ギャラリー

■主人公は「悪者たち」! アニメ=ファミリー向けのアメリカでは異色の一作

冒頭からミスター・ウルフとスネークが「パルプ・フィクション」のパンプキン&ハニー・バニーよろしくダイナーで悪だくみ中。まさに「つかみはOK!」なシーン(C) 2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
冒頭からミスター・ウルフとスネークが「パルプ・フィクション」のパンプキン&ハニー・バニーよろしくダイナーで悪だくみ中。まさに「つかみはOK!」なシーン(C) 2022 DREAMWORKS ANIMATION LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

 『頭文字D』シリーズや、宮崎駿の車LOVEが滲む『ルパン三世 カリオストロの城』(1979)を筆頭に、アニメーションでカーアクションする作品は実は多い。

 ところがこれ、アニメ作品が大充実している日本だからこその現象で、欧米系のアニメーションになると途端、寂しい結果になる。

 米国ではアニメはファミリームービーのカテゴリー。幼い子どもと一緒に観るのが前提となっていて、アクションに注力するとレイティングが上がってしまう可能性が高いからとも言える。

 そんな米国のアニメ事情のなか、珍しくカーアクションに特化した新作が公開される。ドリームワークス・アニメーションの『バッドガイズ』だ。オーストラリアのクリエーター、アーロン・ブレイビーの同名コミックのアニメ化になる。

 タイトルからも判るように、主人公は「悪い奴ら」。オオカミ、ヘビ、サメ、ピラニア、そしてクモの5人組。要するに、嫌われる動物たちだけでチームを組んだ強盗団だ。

 これが初長編作品になる監督のピエール・ペリフェルは映画好きで、冒頭からクエンティン・タランティーノの『パルプ・フィクション』へのオマージュが炸裂。

 “バッドガイズ”のふたり、オオカミのミスター・ウルフとヘビのスネークがダイナーで悪だくみをディスカッションから幕を開けるのだ。しかも2分25秒、ワンカット! ここから、このアニメは「ちょっと違う」と思わせてくれる。

 監督のペリフェルはそれについてこう語っている。

 「僕が好きなアニメーションは動物キャラクター。そして、好きな実写映画は、アクションとハイスト(強盗)ムービー、『ミッション:インポッシブル』シリーズのようなスパイもの。デビュー作はそういう要素を入れたものにしたかった」

 だから『パルプ・フィクション』が出てくるのも納得だったりするのだ。

次ページは : ■なんとなく見たことある!? 監督こだわりの車たち

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

なんと今年12月発表!! ランドクルーザーFJのすべてがわかる「ベストカー」3月26日号

 春とともに大ニュースが飛び込んできました! ランドクルーザーミニ改め、ランドクルーザーFJの決定的情報を本誌スクープ班が入手。詳細がバッチリ掲載の「ベストカー」3月26日号が発売中!! 走りのSUV特集やトヨタ帝国特集もあります!