日本の小説が原作!!「ハリウッド風ニッポン」をアウディと新幹線が走る!! 映画「ブレット・トレイン」

日本の小説が原作!!「ハリウッド風ニッポン」をアウディと新幹線が走る!! 映画「ブレット・トレイン」

 この秋大注目の娯楽大作が、2022年9月1日公開の『ブレット・トレイン』だ! ハリウッド大作映画であるが、原作はなんと伊坂幸太郎氏によるもの。

 アウディRS e-tron GTなどが登場するカーアクションなど見所いっぱいの最新作をご紹介しよう!

文/渡辺麻紀、写真/ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

【画像ギャラリー】密室の弾丸列車で殺し屋たちが繰り広げるアクション!! 映画「ブレット・トレイン」とアウディ RS e-tron GT(11枚)画像ギャラリー

■伊坂幸太郎原作の小説がハリウッドで映画化!

新幹線のデッキに佇む殺し屋「レディバグ」(ブラッド・ピット)。目立たないように地味な格好をしているが、「ブラピ」が持つ華は隠しようがない

 『アヒルと鴨のコインロッカー』や『ゴールデンスランバー』等、何本もの作品が映像化されているベストセラー作家、伊坂幸太郎。娯楽性が高いためなのか映画との相性がいい印象が強く、それを証明するかのように今度は何とハリウッドで映画化された。

 それもブラッド・ピット主演のアクション大作、2010年に発行された『マリアビートル』の映画化『ブレット・トレイン』だ。

 舞台となるのは東京から京都へと向かう“ブレット・トレイン”の車内。“ブレット・トレイン”は直訳すると「弾丸列車」となり、タイトルには「弾丸列車」の漢字表記が英文と並んで登場する。

 本作では車内に「日本高速鉄道」という表記が出てきて、新幹線とは謳っていないのだが、欧米では新幹線=ブレット・トレイン。かの新幹線を使った日本映画『新幹線大爆破』(75)も英語タイトルは『The Bullet Train』だったりする。

 その新幹線のなかで大変な目に遭うのが、ブラッド・ピット扮するコードネーム、レディバグ(てんとう虫)。殺し屋の彼は、とあるブリーフケースを盗み出して欲しいという依頼を受け新幹線に乗り込む。

 ところが、簡単にケースを見つけ出せたものの、なかなか下車出来ない。というのも、その列車には、なぜか殺し屋ばかりが乗っていたからだ。

 というわけで、殺し屋稼業とおさらばしたいセラピー通い中のレディバグを中心に、殺し屋たちの大騒動が描かれる。当然ながら、殺し屋はクセモノ揃い。白人&黒人の英国人兄弟殺し屋、復讐に燃える殺し屋、猛毒を扱う殺し屋、美少女の殺し屋等が、さまざまな思惑を抱えて狭い新幹線のなかを動き回る。

 行動領域は狭いものの、会話は豊富で、その言葉の数々と回想エピソードから彼/彼女たちの目的やプロフィールが伝わって来る構成。

 もちろん、極めて異常なシチュエーションであり、ヴァイオレンスも山盛りかつリアルなのだから、そういう点でいうと、クエンティン・タランティーノっぽいノリがあるかもしれない。

■ハリウッド映画の中の「ニッポン」にリアリティは要らない!?

ハリウッド映画の中に出てくる日本は、日本人が一度も見たことのない、しかし日本人が一度は行ってみたい不思議なニッポンだ

 また、原作は当然、日本人が主人公なので日本の描写的にはノーマルなのだろうが、本作はハリウッド製で登場人物も基本、欧米人。なので、次々と奇妙なニッポンが登場して笑わせてくれる。

 各停車駅には仮面をかぶったフル武装のヤクザ軍団が待機し、いかにもニッポン的な被り物のキャラクターが登場し、おねえさんによるワゴンの車内販売があり、今では見なくなった食堂車も登場する。

 そして、トイレに立てこもったブラピはあらゆる機能を満載したスマートトイレに翻弄されまくり! 新幹線を遊び倒していると言っていいかもしれない。

 さらに、バックに流れる曲も日本を意識したものが多く、日本人的には「こう来たか!」の連続。『サタデー・ナイト・フィーバー』(77)で知られるビージーズの『ステイン・アライヴ』も使われているのだが、歌っているのは女王蜂のボーカル、アヴちゃんで、一部日本語で美声を披露。

 その一方では、奥田民生が映画のオリジナルソングを熱唱し、カルメン・マキのアノ曲や、坂本九の懐かしいアノ歌、そして映画『フットルース』(84)の主題歌、ボニー・タイラーの大ヒット曲をカバーした麻倉未稀の『ヒーロー』がドラマチックに使われている。

 早い話がもうごった煮状態! でも、それが弾丸状態で疾走するブレット・トレインにはちゃんとマッチして、ハラハラ感&笑いが止まらない!

次ページは : ■大作映画に出ずっぱりのアウディ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ