世界を股にかけ大暴れする最強漫才コンビ!? 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』で夏をもっとアツく!!

世界を股にかけ大暴れする最強漫才コンビ!? 『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』で夏をもっとアツく!!

 日本でも高い人気を誇る『ワイルド・スピード』シリーズは、北米でのJDM人気との相乗効果で日本車が多く登場して、今日の日本車人気に大きく貢献している。

 今や多くのシリーズが制作されているが、実はヴィン・ディーゼルが登場しないスピンオフも制作されている。それが今回ご紹介する『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』だ!

 ドウェイン・ジョンソンと、ジェイソン・ステイサムが大暴れ!

文/渡辺麻紀、写真/NBCユニバーサル・エンターテイメント
(C) 2019 Universal Studios. All Rights Reserved.

【画像ギャラリー】おれたちがバンドならおまえはミック・ジャガーだ!! 罵り合いも楽しい「ワイルド・スピード/スーパーコンボ」!!(8枚)画像ギャラリー

■英国産筋肉と米国産筋肉が夢のコラボ!!

2024年公開予定の11作目でひと区切りということになっている『ワイルド・スピード』シリーズ。今後は『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』のようなスピンオフ作品がシリーズ化されていくかも!?

 車ファン御用達のカーアクション・シリーズと言えば『ワイルド・スピード』。これまで9作が作られ、2024年公開予定の11作目で一応ピリオドとなっている。

 そんな人気シリーズのスピンオフが、今回ご紹介する『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)。

 この作品、メインシリーズの主役、ドム役のヴィン・ディーゼルととことんソリが合わずにシリーズから外れてしまったドウェイン・ジョンソンと、メインにも出ていたジェイソン・ステイサムをW主演にした作品。

 原題は「Fast &Furious Presents : Hobbs&Shaw」で、これはジョンソン演じる元米国外交保安局(DSS)のルーク・ホブス、ステイサム演じる元MI6のエージェント、デッカード・ショーに由来している。もちろん、メインシリーズから引き継がれたキャラクターだ。

 本作でこのふたりと戦うのはイドリス・エルバ扮するブリクストン。元MI6でショーとは同僚だった彼は科学テロ組織に入り、何と身体を改造して超人的なパワーをもつ自称“黒いスーパーマン”となって、再び前に立ちはだかる。

 ちなみにこのエルバ、9月ロードショー予定の主演作『ビースト』では、モンスター化した野生のライオンと死闘を繰り広げる父親役。本作の印象が強烈だったことも手伝ってか、最近は大きな体を活かしたハードなアクション映画が増えている。

 そこで、今回取り上げるのはショーが乗っている車。これが公開時も大きな話題となったマクラーレン720Sだ。

 ショーを演じるステイサムもイギリス人だけあってイギリスの車を愛車に、しかもカーチェイスを繰り広げるのもロンドン……という設定になっているが、実はスコットランドのグラスゴーで撮影されている。まあ、英国には違いない。

 マクラーレンの720Sは720馬力という意味で、そのスピードもクオリティも同社の車のなかでも最速で最高。

 ショーは美しいこの車を駆って大チェイスを繰り広げ、何と大型トラックの下を通り抜けるアクロバティックなワザまで披露する。3000万円以上はするというこの車にキズが付くのではとハラハラしてしまうシーンの連続だ。

 このマクラーレンと対抗する車はブリクストンの駆るバイク。このバイク、自走が出来るだけでなくトランスフォームまでするという優れもの。マクラーレンを追って大型トラックの下を通り抜けるシーンでは、バイクの中心部のみが横向きになって車高が低くなりトラックをやり過ごす。

 このシーンはスローモーションになっているせい&使われている音楽のせいで『トランスフォーマー』のワンシーンのようだ。

 このバイクのオリジナルはトライアンフのスピードトリプル。こちらもイギリス製で、エルバもイギリス人。ついでにいうと、本作でもうひとり、重要な役割を果たすショーの妹ハッティを演じているのも英国人のヴァネッサ・カーヴィーと、実はこういうところにもこだわりがあったりするのだ。

次ページは : ■アクションにプラスして笑いの要素もタップリ

最新号

ベストカー最新号

新型セレナ、GT-Rなど! 正常進化する注目車、大々的スクープ!! ベストカー10月26日号

正常進化する注目車、大々的なスクープ特集を目玉に、ベストカー10月26日号は濃い内容となっています。そのスクープは新型セレナをはじめとする日産の5モデルの情報。すでに注目されているホンダZR-Vやスバルクロストレックの新車情報も濃いです! さらに「車格のわりに安いクルマ」特集も読みごたえアリです。

カタログ