コペンとジムニーをドッキングした魔改造マシン「コペニー」が超痛快だった!!

コペンとジムニーをドッキングした魔改造マシン「コペニー」が超痛快だった!!

 ダイハツのオープンカー「コペン」。コペンといえば車高が低く、オフロード走行はどう考えてもキビシイ。

 しかし、なんと兵庫のカスタムカーショップがコペンとジムニーをドッキングし、オフロードを爆走できるマシンを製作したという。しかもナンバー取得済みというではないか! コペンとジムニーのドッキングなんて前代未聞のため想像するのも難しいが、一体どんな1台に仕上がっているのだろうか!?

文・写真/池之平昌信

■雪が降ってもコペンでカニ食べ行こう!

名付けて「コペニー」。ジムニーのシャシーにコペンのボディをドッキングしたトンデモマシンだ!!
名付けて「コペニー」。ジムニーのシャシーにコペンのボディをドッキングしたトンデモマシンだ!!

 筆者はこれまで、古今東西のいろんなレーシングカーやチューニングカーを見て、撮って、乗ってきた。

 サーキットやコースの内だけで走らせるのなら、それはもう自由だし、かなりのやりたい放題(もちろん自己責任)だ。しかし、車検を通す、ナンバープレートを取得するとなると、それはもう、ものすごくたいへんな労力が必要となることも知っている。特に日本の車検制度で国産車を魔改造することがモーレツに難しい。

 よって、このコペンのお化けみたいなクルマをホテルの駐車場で偶然発見した時には思わずのけぞり、カメラマンなのにスマホを取り出しパチリと撮ってしまったのだが、その瞬間、オーナーらしき男性が現れたのだ。

 そんな偶然が縁でこのモンスターコペン、名付けて「コペニー」の取材に兵庫県川西市を訪れることができた。

■コペニー誕生のワケは!?

兵庫県川西市にあるMOFAC(も。ファク)はコペンに強いカスタムカーショップだ
兵庫県川西市にあるMOFAC(も。ファク)はコペンに強いカスタムカーショップだ

 オーナーであり制作首謀者である、カスタムカーショップMOFAC(も。ファク)の代表森本祐樹さんは語る。

「いやね、仲間うちで昔からこんな遊びはよくやってたんですよ。マイティボーイやミニのボディーをジムニーのシャシーに載せたりとかね。うちはいま筑波ラップ一分切りのコペンとかが売りなんで、ほなコペンでやってみるか! となったんです」

 なるほど、じゃあコペンの車高をガンガン上げていったということですね?

「いやいや、下をよ~く見て下さいよお。旧型のジムニーの土台にコペンのボディーを載せたんです。平成15年式どうしのドッキングですよ。まあホイールベースが2cmくらいしか違わないんで、いけるで! となったんです。

 実際にはまあフロアとかバルクヘッドの帳尻を合わせるのに苦労しましたけどね。エンジンも駆動系も書類上も! このクルマは“ジムニー”なんで林道とかもガンガンいけますよ。」

次ページは : ■コ、コペンが…… オフロードを爆走!!

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します