もう一度MT車に戻りたい! 令和でも運転を愛するおじさんに薦めたい「軽くて安くて楽しいMT車」たち

もう一度MT車に戻りたい! 令和でも運転を愛するおじさんに薦めたい「軽くて安くて楽しいMT車」たち

 50代のおじさんが20代だった頃、軽くて安くて楽しいMT車はたくさんあった。しかし、今では数少なくなってしまった。あと7年あまりで新車の純ガソリン車が買えなくなくなるので、今こそ軽くて安くて楽しいMT車を買おうじゃないか!

文/ベストカーWeb編集部、写真/ベストカーWeb編集部、トヨタ、ホンダ、マツダ、ダイハツ、スズキ

■スイフトスポーツ(6速MT)/車重900㎏、1.4Lターボ(140ps)、188万5400円~

世界を見渡してもこんなに安くて楽しいMT車はめったにない
世界を見渡してもこんなに安くて楽しいMT車はめったにない

 50代のおじさん世代が20代の頃には、初代CR-X(760㎏)、2代目CR-X(880㎏)、初代シビックタイプR(1040~1090㎏)、AW11型MR2(1100㎏)、初代NAロードスター(940~980㎏)、AZ-1(720㎏)/ビート(760㎏)/カプチーノ(700㎏)などなど、軽くて安くて楽しいMTがたくさんあった。

 そして2023年を迎えた現在、軽くて安くて楽しいMT車はないか、頭のなかを巡らせてみると、あるじゃないか!

 子供は成人し、あまり会話のない(?)奥さんと、MT車に乗って、うまいもの食べに行きがてらドライブなんていいんじゃないでしょうか。20代の頃に戻った気分になるかもしれないし……。

 というわけで、一発目はスイフトスポーツ。もはや世界を見渡しても、こんな価格で、こんなに楽しいFFスポーツは、これしかないといっても大げさじゃない。

 車両重量は6速MT/970kgと1トンを切り、エンジンは140psの1.4Lターボ。1トンを切る軽量ボディにパンチのあるエンジンレスポンス、ハンドリングも軽快で超楽しい。

 しかも家族持ちにもOKの5ドアボディ。次期スイフトスポーツはハイブリッドになると言われているので純ガソリン車の現行モデルを今のうちに新車で手に入れておきたい。

スイフトスポーツのコクピット
スイフトスポーツのコクピット

■ロードスター990S(6速MT)/車重990㎏、1.5L、直4(132ps)、295万9000円

2021年12月16日に特別仕様車として追加された「ロードスター 990S」。最軽量の「S」グレードをベースにバネ下重量の低減と、シャシーとエンジンの専用セッティングを施した。価格は295万9000円
2021年12月16日に特別仕様車として追加された「ロードスター 990S」。最軽量の「S」グレードをベースにバネ下重量の低減と、シャシーとエンジンの専用セッティングを施した。価格は295万9000円

 スイフトスポーツに比べると100万円以上高いが、FRであること、意のままに操ることができる人馬一体感という意味では、こちらのほうが気持ちいい。

 990Sは、もともと990㎏だったSをベースに、ブレンボ社製のブレーキキャリパーやRAYS製の軽量アルミホイールを装着することによってバネ下を軽減し、専用チューニングの足回りやECUなどに変更されている。価格は295万9000円と決して安くはないが、価格以上の満足度が得られるだろう。

 1トン切りのボディに搭載されているのは132ps/15.5kgmの1.5L、直4NA。パワーがないと思われるかもしれないが、走り出しの瞬間から「軽い!」と感じるし、ワインディングを走ると、「これこそがロードスターだよな」としみじみと嬉しさがこみあげてくる。

次ページは : ■トヨタヤリス1.5ガソリン(6速MT)/車重980kg、1.5L、直3(120ps)、154万8000円~

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します