【クルマを古くさくする最大の要因】ヘッドライトはなぜ黄ばんだり曇るのか?


 ボディがピカピカでもヘッドライトが黄ばんだり曇ったりするとクルマが一気に古くさく見える。クルマの使用年数が長くなっている日本、くすんだヘッドライトのクルマはかなりの数になる。

 ヘッドライトの劣化はほかのパーツに比べて激しく感じている人も多いハズ。いつまでも新車時のようにとは言わないけど悲しすぎる。

 ヘッドライトはなぜ黄ばんだり、曇ったりくすんでしまうのか? それを止める方法? 回復させる方法はあるのか?

文:諸星陽一/写真:HONDA、MITSUBISHI、平野学、ベストカー編集部


中途半端に古いクルマより極端に古いクルマのほうが黄ばまない不思議

 ちょっと古いクルマのヘッドライトのレンズが黄色く変色していることをよく見かけますが、すごく古いクルマのヘッドライトのレンズは黄色くなっていません。これはどうしてなのでしょう? 

 古くなってヘッドライトのレンズが黄色くなるなら、より古い、すごく古いクルマのほうがヘッドライトのレンズが黄色くなっていてもおかしくありませんよね? 

 これはレンズの材質が違うからなのです。昔のヘッドライトのレンズはガラスで作られていました。それが今のヘッドライトのレンズの多くは樹脂製となっているのです。

樹脂製レンズが登場する前のクルマはヘッドライトのレンズがガラスだったため、時間が経過しても曇ったり黄ばんだりしなかった(写真は4代目ホンダシビック)
駐車場の関係でどちらかいっぽうだけに直射日光が当たるなど、使用状況によっては左右でヘッドライトの黄ばみ加減が違うケースもある。これはとても悲しい

 実は樹脂には黄変という現象がついてまわります。黄変とはその名のとおり、黄色く変化するということです。部屋の中を見まわしてみて下さい。ちょっと古いコンセントカバーやエアコンのリモコンなど、白い樹脂製の製品が若干黄ばんでいることを確認できませんか?

 それと同じ現象がヘッドライトのレンズでも起きているというわけです。

最大の敵は紫外線と高熱

 街中に駐まっているじっくりと観察してみると、ある時期のクルマはすごく黄変していて、ある時期以後のクルマはあまり黄変していないような気がします。

 これはあくまでも経験論なのですが、クルマのレンズが樹脂化されてすぐの時代のクルマはものすごく黄変している感じがします。

 おそらく、自動車メーカーも黄変についての認識が甘く、そのために対策が  充分ではなかったのではないかと思うのです。

 黄変の原因について調べたところ、その原因の多くは紫外線にあるということがわかりました。単純に紫外線が当たるだけでも黄変は起きるのですが、それに加えて温度が高いと黄変が進みやすいことも判明。

 ヘッドライトはハロゲンにしてもHID(ディスチャージあるいはキセノンと呼ばれることもある)にしてもそれなりの発熱量がありレンズ自体が温められるため、黄変が進むのです。

ポリカーボネートは熱が高いほど黄ばみやすい特性がある。ヘッドライトを点灯しても充分な明るさを確保するのが難しくなる。黄ばみ、曇りは安全面でもいいことなし

 ヘッドライトのレンズに使われている樹脂は、ポリカーボネートと呼ばれるものです。

 ポリカーボネートはベランダや屋上に設置するサンルームの素材にも使われていますが、サンルームではあまり黄変が進行したものを見かけません。これは、ポリカーボネートがさらされている温度が違うことも影響していることでしょう。

 ヘッドライトのレンズが樹脂製になったのはいくつかの理由があります。昔はアメリカでクルマを売るためにはヘッドライトを規格サイズのシールドビームにする必要がありました。

 シールドビームというのはライトそのものが電球になった構造のもので、いわゆるライト本体と電球(バルブ)にはわかれていないタイプのものです。

 それが自由化されたこともあって、ヘッドライトデザインが一気に変わりました。ヘッドライトのデザインが自由になったことで、より加工しやすい樹脂が使われるようになったのです。

1970年代のクルマはライト本体と電球がわかれていないシールドビームはガラス製なので黄ばみや曇りはない。写真は初代三菱ランサー(1973〜1979年)

 昔の一部のヘッドライトはレンズのみを交換することができましたが、現在のヘッドライトはレンズのみの交換はできず、ヘッドライトをアッセンブリーで交換する必要があります。

 ヘッドライトの防水性を確保するため、レンズは接着剤でしっかりとコーキングされているからです。アッセンブリー交換となりますので、コストはそれなりに高いものとなります。

 シールドビームもヘッドライトと電球が一体化されていたので、交換時はアッセンブリーで交換することになっていましたが、こちらは規格品だったので価格はさほど高いものではありませんでした。

ヘッドライトは機密性を保つため接着剤で強固にコーキングされているのでレンズを外して交換することが難しい。そのためアッセンブリー交換となってしまう

次ページは : 自分で回復させるにはリスクが伴う

最新号

ベストカー最新号

【2022年夏登場か!?】新型カローラスポーツGRを独占スクープ!!|ベストカー5月26日号

 コロナ禍は収まるどころか、第4波の到来が確実視され、不穏な空気が流れています。そうなると当然のように自粛要請となりますが、そんな時にはクルマに関する情報量満載のベストカーを読んで過ごすのがオススメです。  今号もニューカー、古いクルマを合…

カタログ