お台場で開催中のモータースポーツジャパンで新型スープラに乗る??

■新型スープラのD1仕様は予想以上のモンスター

 2019年4月6日(土)、7日(日)、東京都江東区のお台場(船の科学館前の青海臨時駐車場)にて、モータースポーツが身近に感じられるイベント、(今回で14回目となる)「モータースポーツジャパン2019」が開催された。

イベントの目玉はなんといっても同乗走行。魅力的なレーシングマシンやハイパフォーマンスカーに乗れるチャンスがある。会場で抽選に申し込み、当たれば同乗可能。開場は9時からだったが、朝7時の時点でもう同乗走行申し込みの列が出来ていた

 新型車や有名ヒストリックカーの展示、有名ドライバーのトークショー、スーパーGTマシンやダカールラリー出場車のデモラン、メーカー対抗のカートレース(優勝は日産でした)、関連グッズの即売会などで盛り上がるなか、最大の目玉であるハイパフォーマンスカーやレーシングマシンの同乗走行も実施された。

各自動車メーカーもブースを出展。三菱自動車は先ごろデビューしたばかりのeKクロスがさりげなく置いてあり、お客さんに魅力を説明していた。車内への乗り込みも可能で、いやーこういうサプライズがあるんですね
ヒストリックカーや往年のラリー参戦車も展示されていた。好天に恵まれ、風も強くなく(昨年は強風で大変だった)ちょうど桜が満開で、最高のシチュエーションでした
有名ドライバーや有名エンジニアのトークショーなども開催された。写真中央にはSUBARU/STIレーシングチームの総監督である辰巳英治氏が
写真は富士スピードウェイの出展ブース。ドライブシミュレーターやガチャガチャなど子供が楽しめるポイントも多数あるのがこのイベントの魅力
写真は自動車大学校。日本のクルマ界の未来を支える若者も出展してます。日産自動車大学校はスーパーGTのGT300に参戦。その参戦車両が展示されている

 レーシングマシンの同乗試乗イベントにはメディア枠も用意され、当サイトもさっそく申し込んだところ、なななななんと! 運よく新型スープラのD1参戦マシン(モンスターエナジージャパンがサポートする斎藤太吾選手のクルマ)に乗れることに。

 なんでもこのクルマ、HKSが技術協力してエンジンは2JZ-GETに換装され、800馬力以上出ているとか……。
 この文字通りモンスターマシンへの同乗走行を引き当てたのは、ベストカーClub員の中村貴さん(おめでとうございます!)。
 さっそく早朝からお台場のイベント会場に集合していただき、いざ同乗試乗開始。

大迫力のD1マシン試走。開場中の視線が一気に試乗コーナーに集まる。なお新型スープラのD1仕様はめちゃくちゃカッコよかったです

 ギャギャギャギャーーーーーッと大きなスキール音を鳴らしながコースへ飛び出した新型(モンスター)スープラ、あっという間に走行ゾーンの端に到達し、ターンしたその瞬間……今度は「ガガガガガガッ!」という音を出して失速。
 左リアタイヤがバーストし、サイドスカートが(車高が落ちてボディ下部がアスファルトにこすれたことにより)外れ、また排気管の一部が破れたのか車内に排煙が入り込み、同乗走行終了。

まさかのトラブルで同乗走行終了。驚きました……

 ああ……一周しか走れず大変残念な同乗走行となったが、しかし期せずしてベストカーClub員の中村さんは「D1仕様の新型スープラにイベントで同乗走行した唯一の人」となりました。
 以下、その中村さんのコメントを紹介したい。

■動きは案外なめらかでセッティングも決まっていた……はずが

「発売前ながら、今年のD1への参戦マシンということで、カタチになっているのか見るまでは不安でしたが、出てきたマシンはまさに万全の戦闘体制に仕上がっておりエナジードリンクのモンスターのステッカーよろしく、まさにモンスターに見えました。

乗り込む前に記念撮影。新型スープラのD1仕様、ものすごい迫力です

  いざロールバーをまたいで乗り込むと、意外に普通のスポーツカーに乗った感じ。

奥が斎藤大吾選手、手前がベストカーClub員の中村さん

  しかしコースインと同時に束の間の安心感を吹っ飛ばす怒涛の加速が開始、あっという間に向こう側の壁が見えたのと同時にドリフト開始! 横Gでフロントピラーにヘルメットを叩きつけられる音のみが脳内に響きます。

 ただステアリングの動きを見ても極めてスムーズで、セッティングもそこそこ決まっているんだろうなとは予想ができました。

 さらにコース反対側のコーナーへ向かって一直線に加速!いざコーナーへっ! というときにどうやらリアタイヤがバーストし万事休す(左側だったから私が乗ってタイヤに負荷かかってしまったかな?)。

最初のターンの時点で左リアタイヤとサイドスカートに異常発生していることがわかる

 排気管もやってしまったのか車内に排気が充満した状態になるちょっとヤバい感じでピットへ戻ってきました。その後の同乗は修復のため中止。今のところ私が新型スープラD1仕様に唯一試乗レポできる人間になってしまいました展示されていました。

 今回は競技仕様でしたが、まだ世に出る前でもここまでの走りが可能なスープラにクルマとしての素性がよいことを体感できた同乗試乗でした!
ただやはりせめてもう一周乗りたかったなぁ……」

■4月7日(日)は午前9時~午後5時

 なおお客さん向けの同乗試乗用には、代わりの新型スープラ(D1仕様ではないノーマル仕様)が用意され、もちろんイベント自体は大盛況&大成功でした。

 4月6日(土)の来場者数は46,485人。7日(日)はさらに盛況となる可能性が高いので、お時間ある方はぜひお台場へ! 17時までやってます。

※モータースポーツジャパン2019の公式サイトはこちら

最新号

ベストカー最新号

【スクープ】新型アルファードに新情報|ベストカー 7月10日号

 ベストカーの最新刊が本日発売! 次期型アルファードが2022年春販売するとの情報を独占入手。本誌スクープ班が掴んだ情報を詳しく紹介する。  そのほか、GRスープラ初試乗スペシャルや新型タントのプロトタイプテストの情報ともに、注目車種の情報…

カタログ