舘ひろしさんのディアマンテなぜ汚い!? 石原プロの隠れた名作『代表取締役刑事』のDVD化にマニア大歓喜!! 

舘ひろしさんのディアマンテなぜ汚い!? 石原プロの隠れた名作『代表取締役刑事』のDVD化にマニア大歓喜!! 

 石原プロモーションが制作した刑事ドラマ『代表取締役刑事(デカ)』の全話収録DVD-BOXがポニーキャニオンから8月2日に発売されます!アクション作品のイメージが強い石原プロですが、本作は人情派の隠れた名作ドラマです。

文/ベストカーWeb編集部、写真/ポニーキャニオン、石原音楽出版社、三菱自動車、フォード

「代表取締役刑事」ってどんなドラマ?

 「代表取締役刑事」は1990年10月7日~1991年9月29日まで、テレビ朝日系列で毎週日曜日の20:00~20:54、全45話で放送されました。初回からドラマ中盤まではB’zの「孤独のRunaway」がオープニング曲。また、エンディングにもこちらも名曲「愛しい人よGood Night…」が使われていました!

 石原プロ制作では「ゴリラ・警視庁捜査第8班」続くドラマ。「ゴリラ」は銃撃や爆発シーンがてんこ盛りでしたが、本作は、渡哲也さん、舘ひろしさんが人情派刑事役を演じており、石原プロのテレビ初作品「大都会 闘いの日々」への回帰を目指して制作したヒューマン路線の刑事ドラマです。ちなみに続編シリーズの大都会PART2、3はアクション要素が強めでした。

 東京・下町を舞台に人情味のあるストーリーが魅力の作品で、主演の舘さん演じる兵頭真は東京下町の辰巳署で防犯課係長、その上司の課長・橘謙司を渡さんが演じています。石原プロ制作の刑事ドラマファンには思い入れの強い作品で、待望の全話収録DVDとなっています。ちなみにタイトルは“社会において市民を守る刑事は、企業で社員を守る代表取締役と同じ”という意味で付けられたそうです。

なんで?!劇中車のディアマンテがホコリまみれ

 同じ石原プロ制作の前作ドラマ「ゴリラ」に続いて車両協力は三菱自動車。その名残?か、ゴリラの劇中車で、おそらく同一車両ではないかと思しきデボネアAMGもモブ的な覆面車として登場します(が、希少車ゆえに目立ちました)。ゴリラでは神田正輝さん演じる風間有悟のメイン車両として活躍しました。

「ゴリラ」で活躍したデボネアAMG
「ゴリラ」で活躍したデボネアAMG

 兵頭が乗る覆面パトカーは三菱・初代ディアマンテ。ディアマンテはドラマ放映と同じ90年に誕生したクルマで、自動車税の見直し(3や5といったナンバーではなく排気量で税額が決まるようになったのが追い風に)のタイミングと重なったことでとても売れました。

こちらはキレイな初代ディアマンテ
こちらはキレイな初代ディアマンテ

 しかし、このディアマンテ、リアリティ(現実のクルマは必ずしもきれいではないという意味で)を追求したいという舘さんの提言で、ホコリまみれで登場することが多かったのです。同様の理由で近い時期に放送されていた舘さん主演の「刑事(デカ)貴族(日本テレビ系列)」のマスタング・マッハ1はベコベコにへこみ、特に左側部分が傷だらけになった形で登場していました。自分が所有するクルマでは考えられませんが、舘さんが乗っていると不思議とダメージ加工のように見えてきて、とにかくカッコいい!の一言です。

マスタング・マッハ1。こちらもキレイなバージョンです
マスタング・マッハ1。こちらもキレイなバージョンです

次ページは : 同時期の作品から舘さんのハンドガンがリボルバーからオートマチックに

新車不足で人気沸騰! 欲しい車を中古車でさがす ≫

最新号

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

デリカD:5が遂にフルモデルチェンジ! 快進撃続ける三菱が送り出す、ニューモデルの姿に迫る!【ベストカー7月10日号】

三菱デリカにニューモデル、現る!? 未来のための新エンジン。AT対MT対決など、今号もクルマ界の隅々まで網羅します