時代を創った名車 日産2代目レパード 人気爆発の契機はあのドラマ

時代を創った名車 日産2代目レパード 人気爆発の契機はあのドラマ

 今から30年以上も前に登場した、日産「レパード」。新車販売当時は元祖「ハイソカー」であるトヨタ「ソアラ」の影に隠れてしまって、イマイチぱっとしなかったレパードだが、2代目のレパードは、現在中古車情報サイトで約200~500万円以上というプレミア価格で販売されている(2021年11月下旬現在)。

 2代目レパードとは、どんなクルマだったのか、そしてなぜこのように高値で取引されているのだろうか。

文:立花義人、エムスリープロダクション
写真:NISSAN

【画像ギャラリー】価格高騰中!! なぜ人気!? 日産のラグジュアリーパーソナルカー「レパード」の歴史(29枚)画像ギャラリー

上級スペシャルティカーながら、中途半端な面もあった、初代レパード

 初代レパードのデビューは、1980年のこと。スカイラインやローレルに続く上級スペシャルティカーを目指して開発された。

 特徴的なのはそのスタイリングだ。鋭くスラントしたフロントセクションや長いボンネット、優雅に傾くリアウインドウ、ガラスエリアに埋め込まれた細いCピラーなど、斬新でスポーティなデザインだった。上級グレードには本皮シート、オートクルーズコントロール、マルチ電子メーター、世界初のワイパー付きフェンダーミラーなど、先進的な装備がふんだんに採用されていた。

 しかしながら、初代レパードは、「クーペ」といいながら4ドアが用意されていたり、4気筒モデルもラインアップされるなど、スペシャルティカーを名乗るにはやや中途半端な面もあった(実際には4ドアモデルの方が販売は好調だったようだが…)。

 このレパードと同様、スペシャルティカーとして登場したのが、冒頭で触れた、元祖ハイソカーであるトヨタ「ソアラ」だ。ソアラは、レパードよりも遅れること1年、1981年に登場。

 2ドアクーペのみで全車6気筒エンジン、当時の先進メカニズムを惜しげもなく投入、というはっきりとしたキャラクターが効を奏し、あっという間にトヨタのイメージリーダーへと成長する。

 この初代ソアラの登場によって、トヨタは、それまで貫いてきた「80点主義」ではなく、「技術のトヨタ」に企業イメージを変えることに成功している。

1980年登場の初代レパード。ソアラよりもデビューは早くスタイリングも斬新だったが販売はイマイチだった

ソアラを強く意識した2代目

 2代目レパードは1986年に登場。全車V6エンジン、そして2ドアのみというラインアップを見ても、ライバルのソアラを強く意識していることが伺える。スタイリングも初代の近未来的なデザインではなく、コンサバティブでありながらラグジュアリーで知的なクーペに生まれ変わった。

 インテリアは機能的かつ高級車にふさわしい質感が与えられ、全面ブルー液晶のグラフィカルデジタルメーターも設定された。

 前期型のエンジンは2.0L V6 SOHCのVG20E型(115ps)、2.0LターボのVG20ET型(155ps)、3.0L、NAのV30DE型(185ps)の3タイプ。サスペンションはフロントがストラット、リアがセミトレーリングアームで、高級モデルにふさわしい4輪独立式を採用。

 最上位グレードの「アルティマ」には、超音波ソナーによって路面状況を検知し、減衰力を3段階に調節する「スーパーソニックサスペンション」などハイテク装備が用意された。

 2年後の1988年にはマイナーチェンジを実施。バンパー等が変更されて丸みのあるデザインとなり、デジタルメーターはホワイト盤面のアナログメーターに変更。また、3.0LにDOHCセラミックターボのVG30DET型(255ps)が追加され、ラグジュアリーパーソナルクーペとしての魅力を高めた。

1986年デビューの2代目レパード。ソアラを強く意識したスタイリングと2ドアクーペ、全車6気筒モデルで登場した

次ページは : ソアラは強かった…だが思わぬ転機が