【絶滅危惧種なのに競争激化!??】甘酸っぱい思い出を狙え!! 熱く激しい「教習車」の世界

 今や日本では小型セダンは需要が少なく、ラインアップも激減してきている。カローラアクシオも次期モデルではカローラ史上初の3ナンバーサイズになるというし……。

 そんななか、小型セダンが熱いシェア争いをしているのが教習車。教習車と言えば免許証を持っている人なら誰もがお世話になったクルマだ。

 ここでは現在メインを張っている教習車用に使われている小型セダン、専用の小型セダンを集めてみた。

文:大音安弘/写真:MAZDA、TOYOTA、HONDA、SUBARU


みんながお世話になった教習車の最新事情

 自動車免許を有する誰もが必ずお世話になるのが、教習車だ。一般的には、小型セダンであることが多いが、これには理由がある。実は、教習車には法的に定められた基準があるのだ。

「道路交通法施行規則」の第24条「技能試験」の項目には、普通免許の場合、「五人乗りの普通自動車で、全長4.4m以上、全幅1.69mm以上、ホイールベースが2.5m以上、トレッドが1.3m以上」と定められている。

『仮免許練習中』という文字が妙に懐かしい。免許を取得した人ならほとんど誰もが一度は教習車を運転した経験を持っているはずで、ある意味思い出のクルマだ

 つまり、5人乗りの5ナンバーサイズ以上の普通車でなくてはならず、いくら普及しているからといっても、軽自動車が教習車にはなり得ることはないのである。

 このため、かつてはマークIIセダンやクラウン、セドリックなど5ナンバーサイズ枠上限に近いサイズのFRセダンであることが当たり前だった。しかし、これも時代の流れと共に変化。

 近年は、乗用車の大型化に加え、FF車が主流となったこともあり、ひとクラス下のFFモデルが主流となった。そこで昨今の教習車事情を知るべく、最新のメーカー純正教習車を紹介していきたい。

マツダ教習車

 マツダは、今年4月24日に、フルモデルチェンジを果たしたばかりの最新型の教習車だ。最大の特徴は、国内唯一の完全専用車となること。

 新型は、アクセラセダンからマツダ2セダンへと変更。つまり日本には存在しない仕様なのだ。これは「アクセラ」が新型「MAZDA3」へと進化し、サイズアップしたため。

マツダは日本で販売していないマツダ2セダンを教習車として新規採用。コンパクトながらスタイリッシュなセダンで欲しくなるが、個人への販売はない

 このモデルチェンジを機に、運転を覚える教習車としては、5ナンバーサイズのほうがベターと判断されたようだ。結果、全長4410mm×全幅1695mm×全高1480mmまでコンパクト化されている。

マツダ2ベースの教習車はリアビューもスタイリッシュ。ソウルレッドクリスタルメタリックのまま教習車として使うところに出てきてほしい

 新ベースとなるマツダ2だが、これは海外向けデミオの名称。あちらでは、ハッチバックに加え、セダンが存在するのだ。このため、生産国もタイに。つまり輸入車なのだ。

 その生産車に広島で架装することで教習車へと仕立てている。教習車専用アイテム以外のベース車との違いを尋ねると、クラッチの耐久性の強化、ヒルホルダー(坂道発進補助)の廃止、i-Stop(アイドリングストップ機能)の廃止、FGR(ギヤ比)の低速化(MT)だという。

 従来型よりもコンパクト化したとともに大きく変化した点が、SKYACTIV化されたこと。パワーユニットは、1.5L直列4気筒エンジンのSKYACTIV-G1.5を搭載。最高出力107ps/6000rpm、最大トルク139Nm/4000rpmを発揮。

 トランスミッションは、6速MTか6速ATと一気に多段化されており、もちろん、こちらもSKYACTIVだ。さらにGベクタリングコントリールまで搭載されているのは驚きである。

 駆動方式は、FFのみで、アクセラ教習車では選択できたLPG仕様は設定されていない。ボディカラーは、有償色を含めると、7色と実に多彩。新生マツダを象徴するボディカラーのソウルレッドクリスタルメタリックやマシーングレーメタリックも選べる。

 因みに名称は、シンプルにマツダ教習車に改められた。因みに、今回の教習車の中で唯一AM/FMラジオ+4スピーカーが標準化されているのも特徴だ。まぁ教習にはあまり必要ないのだが……。

アクセラは教習車として人気が高くナンバーワンシェアを誇っていた。マツダ2に変更になってもそのトップシェアを守ることができるか?

トヨタ教習車

 2018年2月1日に発売された「カローラアクシオ」ベースの教習車。ボディサイズは、全長4420mm×全幅1695mm×全高1460mm。

 パワーユニットもアクシオに採用される1.5L 、4気筒DOHCエンジンだが、アクシオの場合、トランスミッションによりエンジン形式が異なるのだが、教習車ではエンジンを統一。

カローラアクシオベースの教習車は5ナンバーサイズ最後のカローラということで基調な存在となるかも。教習車では見ないブラックもラインアップ

 スペックは、最高出力109ps/6000rpm、最大トルク138Nm/4400rpm(MT)、138Nm/4800rm(CVT)を発揮。トランスミッションは、5速MTもしくはCVTから選択可能で、駆動方式はFFのみとなる。

 しかし、ベース車に単に教習車用のアイテムを装着したものと思うのは、早合点。Aピラーを細くすることで視界を向上するなど、専用の改良が加えられているのだ。

 またMTの場合は、ローギアド化されている点も見過ごせない。ビジュアル面の違いをあげるとさらに教習車専用のミラーや仮ナンバープレートなどに加え、カローラエンブレムが装着されず、フロントグリルもトヨタマークとなることが挙げられる。

 つまり、カローラであって、カローラではない。しっかりと教習専用車仕様となっている。ボディカラーは、ホワイトなど全4色だ。

ホンダグレイス教習車

 2015年7月16日にデビューしたのが、グレイス教習車。こちらはきちんとグレイスの名を名乗る。

 ボディサイズは、全長4480mm×全幅1695mm×全高1475mmとなる。グレイスは市販仕様をベースに開発されたため、教習車チューンは施されていない。

 このため、カタログには、「教習車特有の走行条件に置いて各部の耐久性が短くなる場合がある」との注意書きがある。もちろん、教習に必要な補助ブレーキやミラー類は標準装備されている。

ホンダはグレイスを教習車として抜擢。センスのいいエクステリアデザインは教習生にも人気が高いといいう。もう少し販売台数を伸ばすことが急務

 パワーユニットは、ベース車同様の1.5L直列4気筒エンジンを搭載。最高出力132ps/6600rpm、最大トルク155Nm/4600rpmを発揮。

 トランスミッションは、5速MTもしくはCVTが選択可能。駆動方式はFFのみ。ボディカラーは、レッドメタリックなど3色が用意される(有償色を含む)。

番外編/スバル・インプレッサG4教習車

 2018年1月に発売が開始されたのが、インプレッサG4ベースの教習車。

 インプレッサの場合、ベース車とカラーがカタログモデルから自由に選べるのが特徴。これはグループ会社の桐生工業が製造販売するもので、正確には、純正に極めて近い教習車と表現するべきかもしれない。

 教習車装備として、指導員用補助ブレーキ、指導員用補助ドアミラー、指導員用ルームミラー、仮ナンバープレートホルダーが標準装着される。

 4WDが選べるメリットとなる反面、トランスミッションは、CVTのみとなるのがデメリット。事実上、昔のようにインプレッサだけの教習所の存在しなくなることは残念だ。

トヨタ、ホンダ、マツダがメーカーが教習車仕様をラインアップしているのに対し、スバルは関連会社がインプレッサG4を教習車に仕立てているのが違う

★     ★     ★

 このように教習車の主流は、経済性やメーカーのセダン事情を受けて、1.5Lの5ナンバーセダンへと移行している。ただ架装メーカーが、教習所のオーダーを受けて製作する独自仕様の教習車も多数存在する。

 例えば、プリウスなどのハイブリッドカー、BMWやアウディなどの輸入車、エクストレイルなどのSUV、フィットシャトルやNV200などのワゴンなどと、多種多様なのだ。

 以前から輸入車の教習車を用意する教習所は存在したが、それはセダンなのが一般的であったが、現在はSUVなども導入ずみだ。

 このような多種多様なボディ対応の教習車が生まれたのは、日本の乗用車事情を考慮した結果といえる。定番はあるものの、教習車の常識もすっかり様変わりしているのが現実なのである。

最新号

ベストカー最新号

【祝・創刊1000号!!】日本の新車SCOOPモーターショー開催|ベストカー9月10号

 ベストカーの最新刊が本日発売!   1978年1月に創刊号を発行し、1985年7月26日号から月2回刊に移行。自動車雑誌「ベストカー」は、本日発売の9月10日号で創刊1000号を迎えました。  1000号までお付き合いくださった皆さまには…

カタログ