【七不思議のひとつ】ドアロック連動の給油口が日本車の主流にならない理由


フューエルキャップはただの蓋じゃない

 ところでガソリンを入れる時にキャップを外すと「プシュー」という音を聞くことがあると思います。この音はタンク内の圧力と雰囲気の気圧が違うから起きることです。

 タンク内の圧力が高ければガソリンの蒸気が出てきますし、タンク内の圧力が低ければ空気を吸い込むので、そうした音が発生するわけです。

フューエルキャップは地味だが重要なパーツゆえ大切に扱いたい。コードでつながれているもの、キャップの裏に置き場所があるものが一般的になっている

 実はタンク内の圧力は厳密に調整されています。ガソリンが減ったときに空気が入っていかなければ、ガソリンタンクは凹んでしまいますし、逆に気温が上がり内圧が高くなったときに圧が抜けないとタンクが破裂する可能性もあります。

 ガソリンの蒸気は基本的にはチャコールキャニスター(チャコールではないキャニスターも存在します)という装置で回収されていますが、そこで回収しきれない場合にタンク内の圧力調整を行うのがフューエルキャップです。

 ガソリン蒸気を大気開放するのは環境上も安全上もよくありませんが、ガソリンタンクの圧力が破損レベルまで上昇してしまうのはもっと歓迎しない事態なのです。ですから何かがあればキャップ部分で対応するというわけです。

 キャップは単なるフタとしての役目以上のものを担っていますので、雑にあつかったりしないようにしましょう。給油の時に不安定な場所(タイヤの上)などに置いたりせずに、キャップ置き場を利用しましょう。落としたり汚れたりすることはよくありません。

 また、キャップをなくした(だいたいの場合はガソリンスタンドに置き忘れる)ときは、間違って別のキャップをつけないことも大切です。キャップはそれぞれのタンクの容量や構造に合わせて設計されているからです。

日産は現行セレナでキャップレス給油口を初採用。ノズルを差し込むだけで給油ができる便利さが売りだが、差し込み方、抜くタイミングなどシビアな面もある

 最近はキャップレス給油口というものも増えてきました。これはフューエルリッドを開けると、シャッターのついた給油口が現れ、そこにノズルを差し込んで給油するようになっています。キャップがないことでガソリン蒸気の大気開放が減るほか、給油時に手が汚れることも防げる。

 キャップのつけ忘れがない……などのメリットがあります。デメリットしてはコスト高でしょうが、これは量産効果で下がっていき、今後は主流となっていく可能性があります。

最新号

ベストカー最新号

あのシルビアが復活! 2022年はSCOOPも特集も深掘り! ベストカー2月10日号

2022年は国産新車が35車種も登場予定! 何が誕生するのか、どれが魅力的か? と知りたいアナタにお役立ち間違いなしの「ベストカー」2月10日号。シルビア復活のSCOOP企画もアツいです!

カタログ